スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 国際局国際課 >  個人番号(マイナンバー)通知カードの取扱いについて


最終更新日:2015年9月08日(火)

個人番号(マイナンバー)通知カードの取扱いについて

  個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、平成27年10月から郵送が開始される通知カードにつきましては、個人番号の本人への通知及び個人番号の確認のためのみに発行されるものであることから、旅券事務上、本人確認書類としては取り扱わないこととなっていますので、ご注意ください。
  なお、平成28年1月1日以降交付が開始される予定の、個人番号カード(マイナンバーカード)につきましては、本人確認書類として取り扱うこととなっています。
  また、平成28年1月1日以降、個人番号カード(マイナンバーカード)が交付されることに伴い、住民基本台帳カードについては廃止となります。そのため、ホームページの本人確認書類欄に記載された「写真付きの住民基本台帳カード」は「個人番号カード」に改まりますが、平成27年末までに交付される写真付きの住民基本台帳カードは、有効期限まで引き続き本人確認書類として取り扱われる予定です。