スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 国際局国際課 >  APEC貿易担当大臣会合推進局トップページ


最終更新日:2017年11月02日(木)


日本APEC貿易担当大臣会合


APEC Japan 2010 Meeting of Ministers Responsible for Trade

 

歓迎レセプションの様子

 平成22年6月5日~6日、札幌市で日本APEC貿易担当大臣会合が開催され、21の国と地域から多くの方々が北海道を訪れました。

 北海道では、日本APEC貿易担当大臣会合の開催に向け、地元札幌市や経済界等と「2010年APEC貿易担当大臣会合北海道・札幌実行委員会」を設立し、北海道ならではのおもてなしの心で各国・地域の皆様を温かくお迎えすることができるよう、受入体制の整備に努めるとともに、北海道の様々な情報の発信を行うなど、官民一体となった取組を実施しました。

 本サイトでは、会合の開催へ向けた準備から開催経過などをまとめた記録誌「日本APEC貿易担当大臣会合札幌開催の記録」などを掲載しています。

主なコンテンツ

●開催結果
 ○記録誌「日本APEC貿易担当大臣会合札幌開催の記録」


●2010年APEC貿易担当大臣会合北海道・札幌実行委員会
 ○ホームページ(メモリアルサイト) 実行委員会で運営していたホームページを一部ご覧いただけます。
  ・表紙
  ・実行委員会の取組(実行委員会の概要)

 

2010年APEC貿易担当大臣会合の概要は以下のとおりです。

1 時期 2010年(平成22年)6月

2 場所 札幌市

3 期間
 (1) 第2回高級実務者会合(SOM2)及び関連会合 →5月26日(水)~6月4日(金)
 (2) 貿易担当大臣会合(MRT)              →6月5日(土)~6日(日)
   ※ SOM:Senior Officials' Meeting、MRT:Meeting of Ministers Responsible for Trade

4 目的
   貿易・投資の自由化を通じた域内経済の活性化に向け、首脳会議の方向性を議論

5 参加国・地域(全21国・地域)
  オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、中華人民共和国、中国香港、インドネシア、日本、韓国、
  マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、パプアニューギニア、ペルー、フィリピン、ロシア、
  シンガポール、チャイニーズ・タイペイ、タイ、米国、ベトナム

6 APEC貿易担当大臣会合の位置づけ等
  ・ 毎年6~7月頃に開催され、その年のAPEC活動の方向性を定める会合。
  ・ APECの分野別担当大臣会合の中でも、最大規模。

7 参考
  ・ APEC分野別担当大臣会合の種類
    貿易、中小企業、財務、観光、海洋、教育、運輸、環境、保健、人材養成、科学秘術協力、
    エネルギー、電気通信・情報産業等

  ・ 過去のAPEC分野別担当大臣会合
    2009年シンガポール→貿易・中小企業・財務
    2008年ペルー    →貿易・中小企業・財務・観光・教育・構造改革
    2007年オーストラリア→貿易・中小企業・財務・運輸・エネルギー・保健・鉱物

            

リンク集

外務省

経済産業省

北海道経済産業局
APEC事務局
札幌市
(財)札幌国際プラザ
北海道経済部観光局
(社)北海道観光振興機構

●問い合わせ先●

 北海道総合政策部国際局国際課

 TEL 011-231-4111(代) 内線21-219