スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2017年9月)


最終更新日:2018年11月08日(木)


はるみ知事が動く(2017年9月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

画像高橋知事

 第60回 北海道私立幼稚園教育研究大会 札幌ブロック大会
第49回 札幌市私立幼稚園教育研究大会
(平成29年9月30日)

幼稚園大会  第60回北海道私立幼稚園教育研究大会札幌ブロック大会及び第49回札幌市私立幼稚園教育研究大会に出席しました。
 子どもたちが生涯にわたる学習の基礎・基本を身につける上で、幼児教育は大変大きな役割を果たしています。
 道としましては、将来を担う子どもたちが健やかに成長できる環境づくりに努め、幼稚園の先生方の処遇改善や園務のICT化の支援等の職場の環境づくりに取り組むなど、本道の幼児教育の充実・発展に努めてまいります。

  第4回全国手をつなぐ育成会連合会全国大会・北海道札幌大会
(平成29年9月24日)

手をつなぐ育成会  知的障害者の権利や福祉について話し合う「第4回全国手をつなぐ育成会連合会全国大会・北海道札幌大会」に出席しました。
 障がいのある人も、ない人も、共に支え合い暮らしていける共生社会の実現に向け、道としても、道民の皆様や事業者の方々への理解を広めるフォーラムを全道各地で開催するなど、今後とも関係者の皆様と連携して取り組んでまいります。

 2017北海道ホルスタインナショナルショウ 開会式
(平成29年9月23日)

ホルスタイン  本道における乳牛の品質向上のため、全道各地から優れた乳牛が集う北海道ホルスタインナショナルショウが開催され、開会式に出席しました。
 明治初期に始まった本道の酪農は、現在では日本の生乳生産量の過半を占めるまでに発展し、本道の農業は酪農とともに歩んできました。
 生乳流通改革やEPA交渉の大枠合意など今日の酪農業を取り巻く環境は大きく変化していますが、「食」や「観光」など北海道のブランドイメージを形づくる酪農業が持続的に発展できるよう、道としましても全力を尽くしてまいります。

 「北欧の風 道の駅とうべつ」開業記念式典
(平成29年9月23日)

とうべつ  当別町の魅力を発信する新たなランドマークとして「北欧の風 道の駅とうべつ」がオープンし、開業記念式典に出席しました。
 町の6割を占める森林の資源を活かした内装や地元の農産物や特産品を扱う直売所、地元食材を使ったメニューが楽しめるレストランなど、食と農林業の魅力を発信する地域創生の拠点となっています。
 道央圏の物流の要衝に位置するこの道の駅を多くの皆様にご利用いただき、当別町の様々な魅力に触れていただきたいと思います。

 パラ・パワーリフティング世界選手権出場 戸田 雄也 選手
(平成29年9月19日)

戸田選手  札幌道税事務所の職員である戸田雄也さんが、パラ・パワーリフティング世界選手権に日本代表として出場することとなりました。
 戸田選手は、本年7月に開催された「2017パラ・パワーリフティングジャパンカップ」の男子59kg級で、日本記録で優勝されるなど、数々の大会で優秀な成績を収めています。
 道職員が世界の舞台に立つことは大変嬉しく、戸田選手には是非その実力を存分に発揮してほしいと思います。

  台風第18号に係る北海道災害対策連絡本部会議
(平成29年9月18日)

台風18号会議  台風18号に係る災害対策連絡本部会議を開催しました。
 全振興局で警報等が発表され、特に、道南方面・太平洋側を中心に記録的な大雨となりました。
 会議では、各部局から被害状況等の報告を受けるとともに、引き続き「人命尊重を第一」に、災害対策に万全を期すよう指示しました。

 北朝鮮ミサイル発射に関する緊急会議
(平成29年9月15日)

ミサイル会議2  北朝鮮からの弾道ミサイル発射を受けて、緊急会議を開催しました。
 本道の上空を通過する弾道ミサイルの度重なる発射は、道民の皆様の安全・安心に対し、極めて重大かつ深刻な事態です。
 道としましては、北朝鮮が国連安保理決議に違反した暴挙を繰り返すことのないよう、政府に対し、国際社会と連携した適切な対処を強く求めてまいります。

 全地連「技術フォーラム2017」旭川
(平成29年9月14日)

全地連  全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2017」旭川に出席しました。
 全地連の皆様におかれては、日頃から調査技術の改善を図られるとともに、地質条件の把握や解析などを通じて我が国の発展に大きく貢献されています。
 近年、局地的かつ集中的な豪雨の多発に伴い、土砂災害が道内各地で発生するなど、地質調査の果たす役割はますます高まっており、道としましては、道民の皆様の生命と財産を守るため、災害に強いインフラの整備を推進してまいります。

 道営発電所等の視察
(平成29年9月13日)

ダム視察  道営発電所として夕張市内で運転中の滝の上発電所とシューパロ発電所、小水力発電のモデル施設となる沼の沢取水堰発電所予定地を視察しました。
 道では、今年度新たに北海道新エネルギー導入加速化基金を創設し、再生エネルギーの導入拡大に取り組んでいます。
 農業用水路などの未利用の水力エネルギーを使った小水力発電は、エネルギーの地産地消を進める上で重要な取組であり、小水力発電施設の建設導入を通じて得られた知見をもとに、市町村への具体的なアドバイスに積極的に取り組むなど、地域における再生可能エネルギーの拡大に努めてまいります。

 レストランバス試乗会
(平成29年9月12日)

レストランバス  株式会社網走バス様が道内で初めて運行を始めたレストランバスに試乗しました。
 北海道の雄大な景色を眺めながら、道産食材にこだわったおいしい料理が楽しめるレストランバスは新たな観光ツールとして大変魅力的であり、多くの観光客の皆様がこのレストランバスに乗ってこれまでとは違った新しい北海道の旅を体験していただけることを期待します。

 写真家 河瀬氏・山本氏との面談
(平成29年9月12日)

シマエナガ  阿寒国際ツルセンターの河瀬館長と前田一歩園財団の山本様がお越しになりました。
 写真家としても活躍されるお二人から、道内にしか生息しない小さな白い野鳥シマエナガの姿を追った写真集「シマエナガさんの12カ月」をいただきました。
 かわいらしい見た目ながら、厳しい自然の中でたくましく生きるシマエナガの姿を通じて、北海道の自然の魅力を道民の皆様をはじめ国内外の皆様に感じていただけることを期待します。

  株式会社北海道バスケットボールクラブとの包括連携協定調印式
(平成29年9月12日)

レバンガ  「レバンガ北海道」を運営する株式会社北海道バスケットボールクラブ様と包括連携協定を締結しました。
 「レバンガ北海道」には、これまで北海道観光大使の就任や子どもの体力づくりに関する事業など様々な分野でご協力いただいています。
 今回の協定締結により、小学校等でのスポーツ関連教室の開催、スポーツ等による地域活性化への協力、北海道の魅力発信などさらに幅広い分野で連携を進め、スポーツ振興を通じた北海道の活性化に向けて協働して取り組んでまいります。

 第59回全国社会教育研究大会北海道大会
(平成29年9月12日)

社会教育大会  全国の社会教育関係者が一堂に会する、第59回全国社会教育研究大会北海道大会に出席しました。
 人口減少や少子高齢化が進行する中、誰もが安心して暮らせるふるさと北海道のためには、地域における人づくりがこれまで以上に重要となっています。
 道としては、社会教育委員の皆様をはじめ、様々な方々と連携し、本道の未来を担う人材育成に向け各般の取組を進めてまいります。

  北海道議会第3回定例会
(平成29年9月12日)

H293定  平成29年第3回定例会が開会しました。

  第7回北海道障がい者施策推進審議会 意思疎通支援部会
(平成29年9月11日)

支援部会  障がいのある方々の意思疎通と手話に関する条例について審議する北海道障がい者施策推進審議会意思疎通支援部会を開催しました。
 委員の皆様には、これまで条例の名称や形式、内容などについてご議論いただき、条例制定の基本的な方向性を取りまとめていただきました。
 道としましては、手話が言語であることを広く道民の皆様に知っていただくとともに、意思疎通支援について全国のモデルとなるような条例の制定に向け、引き続き取り組んでまいります。

 「日本の旬 北海道」キックオフ意見交換会
(平成29年9月11日)

JTB  JTBグループ様の「日本の魅力再発見」をテーマに日本各地の魅力を国内外に紹介するデスティネーションキャンペーン「日本の旬 北海道」が開催されることとなり、キックオフ意見交換会に出席しました。
 道では、2020年を目処に来道外国人観光客500万人を目指しており、引き続き関係者の皆様と連携し、国内外からの観光客誘致や、地域の魅力を活かした質の高い観光地づくりに取り組んでまいります。

 白老白翔中学校・東16丁目フリッパーズの皆さん
(平成29年9月11日)

白翔中学

フリッパーズ

▲白老白翔中学校の皆さん

▲東16丁目フリッパーズの皆さん

 全国中学校軟式野球大会で優勝された白老白翔中学校の皆さん、全日本学童軟式野球大会で優勝された東16丁目フリッパーズの皆さんが、優勝報告にお越しになりました。
 全国中学校軟式野球大会で道内チームが全国制覇をするのは26年ぶり、また、全日本学童軟式野球大会では初めてのことです。
 今後も道産子らしくはつらつとしたプレーで北海道を熱く沸かせてくれることを期待します。

 HOKKAIDO空港運営戦略フォーラム
(平成29年9月9日)

空港戦略フォーラム  空港運営の民間委託に関して先行事例の紹介や意見交換を行う「HOKKAIDO空港運営戦略フォーラム」を開催し、国土交通省や関係自治体、有識者の方々とともにパネルディスカッションに参加しました。
 私からは、空港が旅行会社や総合観光案内所としての役割も果たす多機能化、道内空港からの一括した情報発信、航空ネットワークを利用したインバウンドや道産食品輸出額の目標などについてお話ししました。
 道としましては、道内7空港の一括民間委託による本道の活性化のため、引き続き関係者の皆様と連携して取り組んでまいります。

 第3回東方経済フォーラム
(平成29年9月7日)

第3回東方経済フォーラム

 ロシア連邦ウラジオストク市で「第3回東方経済フォーラム」が開催され、「日露ビジネスフォーラム」及び「全体会合」に出席しました。
 私からは、道の進める5つの「協力パッケージ」の具体的事例や、7月にエカテリンブルク市で開催された「イノプロム2017」への北海道経済ミッションの派遣などについて紹介しました。
 また、同席した日露首脳会談では、北方四島での共同経済活動において優先的に取り組む事業が示されたほか、航空機による特別墓参の9月実施について合意されたところです。
 道としましては、ロシア極東地域との交流深化に加え、欧露部との交流拡大に取り組むなど、日露の地域間交流の牽引役としての役目を果たし、平和条約締結に向けた環境整備に努めてまいります。

  コジェミャコ・サハリン州知事との会談ほか
(平成29年9月6日)

サハリン州知事 沿海地方知事 ラーメン

▲コジェミャコ・サハリン州知事との会談

▲ミクルシェフスキー沿海地方知事との会談

▲ラーメンテストキッチン・オープニングセレモニー

 ロシア連邦ウラジオストク市において、コジェミャコ・サハリン州知事にお会いし、来年、道とサハリン州が友好提携20周年を迎えるにあたっての観光振興や青少年・スポーツ交流など地域間交流の更なる深化に向け意見を交わし、ミクルシェフスキー・沿海地方知事とは、医療交流や人的交流など様々な分野での交流拡大の可能性について意見交換をしました。
 また、農林水産省主催の「ラーメンテストキッチン・オープニングセレモニー」に出席し、出展される道内のラーメン店をはじめ関係者の皆様を激励しました。

 露日ビジネスカウンシル北海道訪問団と北海道企業等とのビジネス交流会
(平成29年9月4日)

露日ビジネス交流会  露日ビジネスカウンシルのレピク会長をはじめとするロシア中央政財界の訪問団の皆様が来道され、北海道企業等とのビジネス交流会を開催しました。
 道としましては、来年、友好提携20周年を迎えるサハリン州をはじめとした極東地域と一層交流を深めていくとともに、欧露部との交流展開を進め、経済をはじめとした様々な分野での地域・地方レベルの交流により、日露関係の強化と更なる交流の拡大を図ってまいります。

 日本郵便株式会社北海道支社との包括連携協定調印式
(平成29年9月4日)

日本郵便  日本郵便株式会社北海道支社様と地域創生や災害対策に関する包括連携協定を締結しました。
 道内の全市町村に広がる郵便局のネットワークを通じて、高齢者や子どもの見守り支援や災害時の避難所への支援などのご協力をいただくことにより、地域の方々が将来にわたって安心して住み続けることができる社会の実現に取り組んでまいります。

小樽芸術村グランドオープン記念式典
(平成29年9月1日)

小樽芸術村  株式会社ニトリホールディングス様が運営する小樽芸術村のグランドオープン記念式典に出席しました。
 小樽芸術村には、旧北海道拓殖銀行小樽支店や旧高橋倉庫などの歴史的な建造物を利用した美術館などがあり、日欧の様々な美術品、貴重なステンドグラスや銀行建築など様々な芸術を一堂に楽しめます。
 この貴重な美術品の数々を、小樽の歴史的な建造物群とともに、国内外の多くの人に楽しんでいただけることを期待します。

スクート社との共同記者会見
(平成29年9月1日)

スクート会見  シンガポールを拠点にアジアやオセアニアなど世界各国に路線を展開しているスクート社様と、新千歳-シンガポール直行便就航の共同記者会見を行いました。
 今回の直行便就航を機に、成長著しいシンガポールをはじめとする東南アジアとの交流が一層深まるとともに、本道の更なる活性化に寄与するものと期待します。

平成29年度北海道150年事業実行委員会 第1回役員会
(平成29年9月1日)

150年役員会

 いよいよ来年に迫った北海道150年事業の実施に向けて、その取組状況や実行委員会構成員の取組等について意見交換をするため、北海道150年事業実行委員会第1回役員会を開催しました。
 北海道150年を契機として、道民がふるさと北海道に誇りを持ち、国内外の皆様に改めて北海道の素晴らしさを感じていただくため、関係者の皆様と一丸となって様々な取組を展開してまいります。

平成29年度北海道防災総合訓練
(平成29年9月1日)

知事講話

レシピコンテスト

▲北郷小学校児童の皆さんへの講話

▲「北の災害食」レシピコンテスト

 平成29年度北海道防災総合訓練の実動訓練を実施しました。
 北郷小学校では、児童の皆さんに災害への備えについてお話ししたほか、防災カルタを活用した防災授業などを視察しました。
 また、緑丘小学校では、北海道らしい「災害食」の普及を図る新たな取組として「北の災害食」レシピコンテストを実施し、約200の応募の中から選ばれた6つの災害食を試食させていただきました。
 道としましては、今回の訓練を踏まえ、避難所の自主運営の啓発や「北の災害食」の普及に努めてまいります。

【平成29年度】

[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]

バックナンバー 一覧表へ

戻る