スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2017年6月)


最終更新日:2017年11月02日(木)


はるみ知事が動く(2017年6月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

 平成29年度 公益社団法人 北海道観光振興機構 観光交流会
(平成29年6月26日)

観光振興機構交流会

 北海道観光振興機構の観光交流会に出席しました。
 道としましては、急増するインバウンドの勢いを踏まえ、外国人観光客500万人という目標を掲げ、様々な施策を進めているところであり、国内外からお越しになる多くの観光客の皆様に北海道を楽しんでいただけるよう、官民一体となって、魅力の発信、受入体制の充実、新たな魅力づくりなどに全力で取り組んでまいります。

  青森県・函館観光キャンペーン スペシャルゲーム
日本ハムファイターズVS東北楽天ゴールデンイーグルス
(平成29年6月25日)

日ハム楽天

 「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」のスペシャルゲームとして開催された、北海道日本ハムファイターズと東北楽天ゴールデンイーグルスの試合に、三村 青森県知事とともに参加しました。
 北海道新幹線の開業を契機として、青森や道南地域を訪れる皆様に、道内各地にも足を伸ばしていただき、北海道の魅力を多くの方に感じていただけることを期待します。

  石狩超電導国際フォーラム
(平成29年6月24日)

石狩超伝導

 石狩市で開催された石狩超電導国際フォーラムに出席しました。
 超電導技術は、電気抵抗をゼロにすることによりエネルギーロスをほとんどなくすことのできる革新的な技術であり、世界各国で研究が進められ、石狩港新港地域でも実証研究が進んでいます。
 画期的な送電システムの研究が、今日の環境やエネルギーに関する課題解決に大きな変化をもたらすことを期待しています。

  「札幌こもれびの家」落成式
(平成29年6月24日)

こもれびの家

 特別養護老人ホーム「札幌こもれびの家」の落成式に出席しました。
 本道では、人口減少と高齢化が急速に進んでおり、道としましては、高齢者の方々が地域で安心して生活できるよう、介護サービスの提供基盤の充実を図るとともに、医療と介護が連携した地域包括ケアシステムの構築に向けて、様々な施策を進めてまいります。

  レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 開会式
(平成29年6月22日)

アンギアーリ

 道立近代美術館で開催される、レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展の開会式に出席しました。
 本展では、ダ・ヴィンチの未完の大壁画計画である「アンギアーリの戦い」の謎に迫るべく、日本初公開の貴重な板絵作品の展示のほか、「アンギアーリの戦い」に関する資料が一堂に集結します。
 この貴重な展覧会が道民の皆様にたくさんの驚きと感動を与え、心に残る美術展となることを期待します。

  「北海道くらし百貨店 札幌ノルベサ」店 店舗お披露目
(平成29年6月21日)

くらし百貨店

 「北海道くらし百貨店 札幌ノルベサ」店のオープンイベントに出席しました。
 「北海道くらし百貨店」は、食品から生活雑貨まで、厳選された北海道産品を幅広く取り揃え、北海道独自の機能性食品ブランド「ヘルシーDo」の認定商品も取り扱われています。
 「北海道くらし百貨店」のオープンを契機として、道内外の方々に北海道産品の魅力を広く知っていただき、本道の経済の活性化につながることを期待します。

 北海道新幹線建設促進期成会 平成29年度総会
(平成29年6月21日)

新幹線期成会

 北海道新幹線建設促進期成会の総会を開催しました。
 北海道新幹線開通から1年が経過し、道南を中心に、観光施設や宿泊施設の入り込み客数が増加するなど開業効果が着実に現れています。
 道としましては、こうした効果を一過性のものとせず、全道各地に波及させていくため、国内外から観光客の誘致を進めるほか、交通ネットワークの充実や東北地域との交流など様々な取組を進めてまいります。

 平成29年度 第1回 北海道総合教育会議
(平成29年6月21日)

教育会議

 本年度第1回目となる北海道総合教育会議を開催しました。
 会議では、北海道を担う人材の育成について意見交換を行うとともに、「北海道総合教育大綱骨子案」について議論いたしました。
 教育委員や有識者の皆様からいただいたご意見を踏まえ、今後の教育施策を推進するとともに、北海道総合教育大綱素案の検討に取り組んでまいります。

 日EU・EPA交渉に関する緊急要請
(平成29年6月21日)

山本大臣

西川自民党本部長

▲山本 農林水産大臣

▲西川 自民党日EU等経済協定対策本部長

吉川自民党事務総長

井上公明党幹事長

▲吉川 自民党日EU等経済協定対策本部長

▲井上 公明党幹事長

 山本 農林水産大臣はじめ、自民党、公明党の国会議員の皆様にお会いし、日EU・EPAの交渉状況に関する丁寧な情報提供や、重要品目に対する必要な国境措置の確保を、北海道農業・農村確立連絡会議の皆様とともに要請しました。
 また、今後とも本道の農林水産業が持続的に発展することができるよう、経営安定や生産基盤の整備など力強い農林水産業と農山漁村づくりに向けた支援の強化についてお願いしました。

 北海道議会第2回定例会
(平成29年6月20日)

2定  平成29年第2回定例会が開会しました。

 栄典に関する有識者会合
(平成29年6月19日)

有識者会合  栄典に関する有識者会合に出席しました。
 栄典の授与は、受章者ご本人、ご家族はもとより、同じ業務に携わる方々や地域の方々の一層の励みにつながるものであり、私からは、食文化に関わる方々や地域で多岐にわたる分野で活躍されている方々が積極的に評価されるよう、発言させていただきました。
 この栄典制度が、国民の皆様にいつまでも親しまれ、地域の活性化にも資するものとなることを期待します。

 ほっかいどう未来チャレンジ基金寄付者との懇談
(平成29年6月18日)

面談拓殖工業  意欲と能力のある若者たちの海外挑戦をオール北海道で応援する「ほっかいどう未来チャレンジ基金」に、拓殖工業株式会社会長の武田孝様より多額のご寄付をいただき、お礼を申し上げました。
 北海道に貢献する意欲のある若者の育成に役立ててほしいとの武田会長の熱い想いをしっかりと受け止め、本道の将来を担う若者が、様々な分野に挑戦し、個性と多様な能力を最大限伸ばすことができるよう、有効に活用させていただきます。

 地域訪問 ~陸別町、幕別町、帯広市~
(平成29年6月17日~18日)

ぷらっと

パークゴルフ

▲コミュニティプラザ☆ぷらっとの訪問

▲第31回パークゴルフ国際大会開会式

図書館

帯広空港

▲幕別町図書館の訪問

▲帯広空港ターミナルビルの訪問

 十勝総合振興局管内を訪問しました。
 陸別町では、コミュニティスペースを有する複合商業施設「コミュニティプラザ☆ぷらっと」を訪問し、町民の皆様のニーズに沿った施設をオープンさせるまでのお話や実際の利用状況などについて伺いました。
 幕別町では、「第31回パークゴルフ国際大会」開会式に出席し、国内外から参加された選手の皆様に激励のメッセージを贈りました。
 また、「幕別町図書館」を訪問し、地元書店からの書籍の購入や本のカバーかけを福祉事業所と連携して行うなど、図書館を核とした地域づくりについてお話を伺いました。
 帯広市では、「帯広空港ターミナルビル」を訪問し、多言語の案内表示や多目的トイレの設置など、世界中からの観光客の皆様に対応した施設整備の様子についてお話を伺いました。

 第1回 イランカラテ音楽祭
(平成29年6月17日)

イランカラプテ音楽祭  初めての開催となるイランカラテ音楽祭に出席しました。
 アイヌ語の「イランカラテ」という言葉には、「あなたの心にそっと触れさせていただきます」というあたたかい意味が込められています。
 この言葉のとおり、聴く人の心にそっと触れ、人と人の出会いや北海道の素晴らしさを感じられるような感動的な音楽祭となりました。
 この音楽祭が、アイヌ文化を体感できる場としてさらに発展するとともに、「イランカラテ」という言葉が、北海道のおもてなしの合い言葉として、道民の皆様をはじめ、国内外の皆様に広まっていくことを期待します。

 平成29年度 釧路川総合水防演習・広域連携防災訓練
(平成29年6月17日)

水防訓練  釧路川総合水防演習・広域連携防災訓練を開催しました。
 昨年の未曾有の大雨災害は、平穏な日常を一変させるとともに、社会資本や生産基盤にも大きな打撃を与えました。
 道としましては、近年頻発する記録的な集中豪雨や台風に対し、災害の未然防止や被害軽減を図る施設整備を進めるとともに、地域や関係者の皆様と一丸となって防災体制の強化に取り組んでまいります。

 地域訪問 ~釧路市~
(平成29年6月16日~17日)

サラダパプリカ 道の駅阿寒丹頂の里 昼食懇談

▲株式会社北海道サラダパプリカ
の訪問

▲道の駅阿寒丹頂の里
クレインズテラスの訪問

▲釧路市阿寒町で活躍されている方々
との懇談

 釧路総合振興局管内を訪問しました。
 釧路市では、「株式会社北海道サラダパプリカ」を訪問し、隣接する工場からの廃熱を利用した先進的なパプリカ植物工場を視察しました。
 また、今年来館者数100万人を達成した「道の駅阿寒丹頂の里クレインズテラス」において、釧路市阿寒町で活躍されている農業関係者の方々と懇談し、農業や観光、女性の活躍に関する日頃の取組についてお話を伺ったほか、これからの地域づくりについて意見交換をしました。

 第55回北海道漁業協同組合長会議
(平成29年6月15日)

漁協組合長会議  第55回北海道漁業協同組合長会議に出席しました。
 北海道漁業協同組合の皆様には、日頃から、本道漁業の振興に向けて、水産資源の適切な管理や担い手の育成などにご尽力いただいています。
 道としましては、災害に強い漁場づくりや栽培漁業の一層の推進など、生産回復に最優先で取り組むとともに、国内外での魚食普及に取り組むなど、本道の基幹産業である水産業の一層の活性化に向けて全力を尽くしてまいります。

 北海道国保運営方針案の答申
(平成29年6月13日)

国保制度答申  北海道国民健康保険運営協議会の加藤会長から、国民健康保険事業の運営方針について、協議会での検討結果のご報告をいただきました。
 今回のご報告の内容は、国民の健康を支える国保制度の持続可能性を検討していく上で大変重要な内容であり、今後、この検討結果を踏まえ、運営方針の作成に速やかに取り組んでまいります。

 「民生委員制度創設100周年記念」北海道民生委員児童委員大会
(平成29年6月13日)

民生委員100周年  「民生委員制度創設100周年記念 北海道民生委員児童委員大会」に出席しました。
 これまで長きにわたり、地域に根ざしたきめ細かな支援活動に尽力されてきた民生委員、児童委員の皆様に深く敬意を表します。
 道としましては、誰もが安心して暮らしていける地域社会の実現のため、引き続き関係者の皆様と連携し、高齢者や障がいのある方、子どもや地域住民が共に集い支え合う「共生型地域福祉拠点」の設置促進など様々な施策に取り組んでまいります。

 平成29年度 北海道障がい者が暮らしやすい地域づくり推進本部会議
(平成29年6月12日)

障がい者推進本部会議  「北海道障がい者が暮らしやすい地域づくり推進本部会議」を開催しました。
 会議では、北海道障がい者条例に基づく昨年度の取組状況の報告や本年度の取組について協議を行うとともに、障害者差別解消法をテーマとした意見交換を行いました。
 学識経験者の皆様などからいただいたご意見は、今後の取組に活用させていただくとともに、引き続き、関係団体等の皆様と連携を図りながら、障がいのある方々が暮らしやすい社会の実現に向けて、全庁を挙げて取り組んでまいります。

 一日中小企業庁in北海道 ~地域(ふるさと)の未来を支える中小企業~
(平成29年6月12日)

一日中小企業庁  北海道では39年ぶりとなる、中小企業・小規模事業者向けの情報提供イベント「一日中小企業庁」を開催しました。
 本イベントは、普段、国の政策や施策に接する機会の少ない地域の中小企業者の皆様へ中小企業庁の最新の情報をご紹介するとともに、意見交換や交流の場を通して、今後の中小企業施策の充実を図るものです。
 道としましても、昨年4月に「北海道小規模企業振興条例」を施行し、中小・小規模企業の振興に向けて取り組んでいるところであり、引き続き関係者の皆様と連携し、地域経済の持続的な発展に向けて様々な施策を展開してまいります。

 北海道における空港運営戦略の推進に関する意見交換
(平成29年6月12日)

空港運営意見交換  道内7空港の一括民間委託に関し、道内経済団体の皆様に先の4管理者トップ会合での合意事項をご説明するとともに、意見交換をしました。
 道としましては、前例のない管理者の異なる空港の一括民間委託を実現するため、引き続き関係者の皆様と連携して取り組んでまいります。

 地域訪問 ~江別市~
(平成29年6月10日)

ふれあいファーム札しのつ  石狩振興局管内、江別市内の野菜の駅「ふれあいファームしのつ」を訪問しました。
 収穫したばかりの新鮮な野菜が店頭に並ぶこの直売所は、地元の生産者が運営会社の株主となって経営に参加しており、農業を基幹産業とする本道にとって大変参考となる施設です。
 これからも、新鮮で安全・安心な野菜の魅力を多くの皆様に感じていただけることを期待します。

 木下大サーカス札幌公演オープニングセレモニー
(平成29年6月10日)

木下大サーカス  北海道で5年ぶりの開催となる木下大サーカス札幌公演のオープニングセレモニーに出席しました。
 8月29日まで開催される本公演は、世界でも珍しいホワイトライオンの猛獣ショー、空中ブランコなどダイナミックで壮大なパフォーマンス、そして愉快で楽しいピエロのショーなど、心躍る内容となっています。
 主催者である北海道新聞社様におかれては、道内の児童養護施設や障害者福祉施設から、多くの子どもたちを本公演に招待いただき、感謝申し上げるとともに、長い歴史を誇る木下大サーカスの迫力満点なショーを、多くの道民の皆様にご覧いただきたいと思います。

 「YOSAKOIソーラン祭り」サハリンチームへの激励
(平成29年6月10日)

よさこいサハリンチーム  初夏の北海道を彩る一大イベントに成長したYOSAKOIソーラン祭りが札幌で開催され、今年も大変な盛り上がりを見せました。
 今年は、北海道と友好提携関係にあるサハリン州から5年ぶりに「サハリンチーム」が参加され、チームの踊り子たちに歓迎と激励のメッセージを直接伝えに伺いました。
 サハリンチームの皆さんの参加が、北海道とサハリンの「架け橋」となり、両地域の絆がより一層深まることを期待します。

 JAあしょろの皆様
(平成29年6月9日)

JAあしょろ  JAあしょろの皆様が、ラワンぶきのPRにお越しになりました。
 今年は4月の強風被害などにより一部で生育不良の被害があったものの、大きく成長した見事なラワンぶきを拝見することができました。
 JAあしょろでは、サラダ・煮物用ラワンぶきの開発など6次産業化を進められており、生産者、関係者の皆様の努力により守られてきたラワンぶきを広く道内外の皆様に味わっていただきたいと思います。

 新・ご当地グルメグランプリ北海道の皆様
(平成29年6月9日)

ご当地グルメグランプリ  新・ご当地グルメグランプリ北海道2017in南富良野実行委員会、食による観光まちづくり推進協議会の皆様が、7月29日(土)から30日(日)に南富良野町で開催される「新・ご当地グルメグランプリ北海道2017in南富良野」のPRにお越しになりました。
 食の魅力あふれる本大会において、道内外の皆様に道産食材の魅力と可能性が広く発信されるとともに、昨年大雨被害を受けた南富良野町の復興に向け、地域が元気づけられることを期待しています。

 北海道猟友会設立50周年記念式典
(平成29年6月9日)

猟友会記念式典  北海道猟友会設立50周年記念式典に出席しました。
 北海道猟友会の皆様は、日頃から野生鳥獣の保護管理、狩猟事故の防止対策など、本道の鳥獣保護管理行政の推進に多大な貢献をいただいています。
 全国的に生息域が拡大しているシカなどの野生鳥獣による農林業被害や生態系への影響が深刻化する一方、狩猟者の高齢化と担い手不足など野生鳥獣の保護管理を取り巻く環境は大きく変化しています。
 道としましては、引き続き関係者の皆様と連携し、野生鳥獣の保護管理施策を着実に進めてまいります。

 子どもの未来を語る会
(平成29年6月8日)

子どもの未来を語る会  本道の幼児教育の充実・発展に多大なご尽力をいただいている北海道私立幼稚園協会の皆様と、本道の幼児教育のあり方などについて意見を交わしました。
 少子化や家庭環境の変化など、幼児教育を取り巻く環境がより一層厳しさを増す中、幼児教育のさらなる質の充実や向上が求められています。
 道としましても、将来を担う子どもたちが、健やかに成長できる環境づくりに努めてまいります。

 北海道経済連合 第43回定時総会
(平成29年6月8日)

道経連総会  第43回北海道経済連合会定時総会に出席しました。
 北海道経済連合会の皆様には、日頃から、地域資源を活かした食関連産業の振興や、本道経済の発展に向けご尽力いただいています。
 来道観光客数の増加や、雇用動向の改善基調など本道の景気が緩やかに持ち直しつつある中、日欧EPAを含む貿易交渉や為替相場の変動など先行きが不透明な部分も多く、道としましては、本道経済の持続的な発展のため、食の輸出拡大やインバウンドの加速化による「稼ぐ観光」をはじめとした経済政策に、関係団体や企業の皆様とともに取り組んでまいります。

 北海道高速道路建設促進期成会 平成29年度総会
(平成29年6月8日)

高速道路期成会  北海道高速道路建設促進期成会総会を開催しました。
 広大な大地に179を数える市町村が分散している本道において、高規格幹線道路ネットワークの早期整備は、地域経済の活性化や圏域間連携の強化はもとより、観光振興や救急搬送時間の短縮などを図るために必要不可欠なものです。
 また、昨夏の台風被害においては、いち早く通行可能となった道東自動車道が、人流、物流、救急搬送を支え、高規格幹線道路が持つ強靱性を改めて認識したところです。
 本道における高規格幹線道路ネットワークの形成は、全国に比べて大きく立ち後れており、着手している区間の早期開通はもとより、未着手区間の早期事業化について、国などに強く働きかけてまいります。

 北海道内空港運営の一括民間委託に関する4管理者トップ会合
(平成29年6月7日)

4管理者トップ会合  北海道内空港運営の一括民間委託に関する4管理者トップ会合に出席し、石井 国土交通大臣、西川 旭川市長、米沢 帯広市長とともに、道内7空港の一括民間委託に向けた今後の検討の進め方などについて意見交換をしました。
 道としましては、北海道全体の活性化に資するよう、引き続き国土交通省、旭川市、帯広市と連携し、北海道内空港運営の一括民間委託に取り組んでまいります。

 第33回北海道産食品取引商談会
(平成29年6月6日)

北海道産食品取引商談会  道内外の流通関係企業の皆様と全道各地の企業の皆様が一堂に会した「北海道産品取引商談会」を開催しました。
 全国でも最大級の規模を誇るこの商談会は、353社の食品関連企業の皆様が出展され、大変なにぎわいとなりました。
 道では、道産食品の高付加価値化や販路拡大の推進に取り組んでいるところであり、本商談会を契機に、個性と魅力にあふれた道産品が全国各地の皆様のもとへ届けられることを期待しています。

「生きとし生けるもの」公開初日舞台挨拶
(平成29年6月3日)

舞台挨拶  映画「生きとし生けるもの」の公開初日舞台挨拶に出席いたしました。
 旭川市で動物写真家としてご活躍されている今津秀邦監督が、5年もの歳月をかけ追い続けた、北海道の大自然を生き抜く野生動物たちが織りなす貴重な「いのち」の物語です。
 この映画を多くの方にご覧いただき、北の大地の奥深い魅力を感じていただけることを期待します。

士業団体との災害時における相談業務の応援に関する協定締結式
(平成29年6月2日)

士業団体協定締結式  災害時における被災者の多様な悩みや不安に、きめ細やかな対応が行えるよう、司法や会計、不動産などの分野において高度な専門知識をお持ちの士業7団体の皆様と、災害時における相談業務の応援に関する協定を締結しました。
 今回の協定締結により、住民の皆様の相談窓口が一元化されかつきめ細やかな対応が可能となり、本道の防災力がさらに強化されることを期待しています。

第65回公益社団法人日本医療社会福祉協会全国大会
(平成29年6月2日)

医療社会福祉協会  第65回公益社団法人日本医療社会福祉協会全国大会に出席しました。
 公益社団法人日本医療社会福祉協会の皆様は、保健医療分野で働くソーシャルワーカーとして、国民の医療・福祉の向上に貢献されています。
 人口減少と超高齢社会を迎える中、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、道としましては、地域包括ケアシステムの確立などに関係機関の皆様と連携して取り組んでまいります。

北海道ばら研究会
(平成29年6月2日)

ばら研究会  父の日の花は「ばら」と言われており、父の日を前に、北海道ばら研究会の皆様から、美しい道産のばらの花束をいただきました。
 本道は、本州に比べて冷涼な気候のため、特に夏季の品質に関して、道内外の皆様から高い評価をいただいており、北海道ばら研究会の皆様は、栽培技術の研修会の開催や札幌駅前地下歩行空間でのばらの展示など道産ばらのさらなる消費拡大に取り組まれています。
 生産の最盛期を迎える夏に向けて、美しい道産のばらが、全国の皆さんに送り届けられることを期待しています。

  JR北海道の持続的な経営構造の確立等に関する要請
(平成29年6月1日)

要請石井国交大臣

要請奥田鉄道局長

▲石井・国土交通省大臣への要請

▲奥田・鉄道局長への要請

 石井 国土交通大臣、奥田 鉄道局長、吉川 自由民主党JR北海道対策PT座長にお会いし、JR北海道が単独では維持困難とした線区の沿線自治体において、鉄道網の持続的な維持のための検討・協議に向けた動きが進みつつあることなどをご説明するとともに、JR北海道の経営再生のための国の抜本的な支援について要請しました。
 道としましては、鉄道網の持続的な維持に向けた地域の取組が進むよう、地域での検討や協議の場に参画しながら積極的かつ主体的に道としての役割を果たしてまいります。

【平成29年度】

[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]

バックナンバー 一覧表へ

戻る