スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2017年3月)


最終更新日:2017年4月18日(火)


はるみ知事が動く(2017年3月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

 第21回北海道医療対策協議会
(平成29年3月30日)

第21回医療対策協議会  北海道医療対策協議会を開催し、地域医療の充実・確保に向け、医師派遣等の諸課題への対応策について協議しました。
 本道における地域の医師確保については、医師会や医育大学などをはじめとする関係機関の皆様のご協力をいただき、地域からの要望に可能な限りお応えしてきた中、昨年から道の修学資金制度を活用した医師の皆様が地域勤務を始められ、この4月からは第一期生と二期生を合わせて、26名が地域の医療機関で勤務されます。
 道としては、引き続き、関係者の皆様と協議を重ねながら、本道が有する地域医療に関する様々な課題の解決に向けて全力で取り組んでまいります。

 東京農大との包括連携協定締結式
(平成29年3月30日)

東京農大との包括連携協定  創立125周年を迎えられた東京農業大学と包括連携協定を締結いたしました。
 東京農業大学様とは、これまでオホーツク総合振興局とオホーツクキャンパスが包括連携協定を結び、様々な取組を進めてきましたが、このたびの本学との包括連携協定により、本道の農林水産業の情報発信や人材育成、インターンシップなど本道の未来を支える人材の育成において、さらなる連携が図られることを期待しています。

  大雨等災害検証委員会からの答申受領
(平成29年3月30日)

大雨等災害検証委員会答申受領  北海道「平成28年8月から9月にかけての大雨等災害」に関する検証委員会の佐々木座長から、検証報告をいただきました。
 昨年の台風被害は、本道において、これまで経験したことがない未曾有の災害となりましたが、これを教訓として、この検証報告書の内容を今後の防災対策にしっかりと反映し、本道の地域防災力のさらなる強化を図ってまいります。

 「札幌駅前保育園」開園式
(平成29年3月30日)

札幌駅前保育園開園式  東急百貨店札幌店の店舗内に開園しました「さっぽろ駅前保育園」の開園式に出席しました。
 この保育園は、企業主導型保育事業の中でも全国初の百貨店店舗内の保育所であり、このような先駆的な取組が子育てを支援する好事例として全道に広がり、道内の待機児童の解消や子育て環境の充実につながることを期待しています。

 第6回地域公共交通検討会議
(平成29年3月28日)

地域公共交通検討会議  第6回目の「地域公共交通検討会議」を開催しました。
 会議では、交通機関相互の連携のあり方や、地域における事業者と自治体が一体となった取組の推進など、委員の皆様から貴重なご意見をいただくとともに、今後の交通政策を進める上での方向性を取りまとめていただきました。
 道といたしましては、本道における公共交通ネットワークの充実に向け、当会議での検討結果を踏まえながら、今後、運輸交通審議会において交通政策に関する新たな指針の策定に向けて議論してまいります。

 北海道農業法人協会との懇談会
(平成29年3月28日)

農業法人協会との懇談会  道内272の農業法人が加盟し、豊かな地域産業・農村づくり、21世紀の地域農業・農村を担う人材の養成などに取り組まれている北海道農業法人協会の皆様との懇談会を開催しました。
  道といたしましては、関係団体・機関と一体となって、法人化を推進しているところであり、今後も「企業連携・農業法人化サポートデスク」などを活用し、生産者の法人化に向けた相談などに取り組み、北海道農業を盛り上げてまいります。

 第25回 中小企業政策審議会
(平成29年3月27日)

中小企業政策審議会

 経済産業省の中小企業政策審議会に出席しました。 今回の審議会では、平成28年度の中小・小規模企業の動向に関する年次報告や、平成29年度に講じようとする中小・小規模企業施策に関する意見交換が行われました。
 私からは、本道の地域創生に向け「次世代」「世界」「地域」をキーワードとして産業振興に取り組むことや、企業の休廃業の増加による地域経済の活力低下が懸念される中、円滑な事業承継に結びつけるため、金融機関の皆様と連携し、新たに「事業承継ファンド」を設立したことなどを説明いたしました。

北海道新幹線開業1周年記念セレモニー・
北海道新幹線&道南いさりび鉄道開業1周年記念イベント等
(平成29年3月26日)

新幹線開業一周年記念セレモニー

新幹線&道南いさりび鉄道1周年記念イベント

▲北海道新幹線開業1周年記念セレモニー

▲北海道新幹線&道南いさりび鉄道開業1周年
記念イベント

  北海道新幹線が、昨年3月26日の開業から1周年を迎えたことを記念し、沿線自治体及び関係団体の皆様と新函館北斗駅において記念セレモニーを行うとともに、函館駅前広場において、北海道新幹線&道南いさりび鉄道開業1周年記念イベントを実施しました。
 北海道新幹線を利用して、多くの方々が本道に訪れていただいており、道南を中心に、道央圏などでも観光施設や宿泊施設の入り込み客が増加するなど、開業効果が地域の活性化に結びついていることを、大変喜ばしく感じています。
 道では、こうした効果を全道各地に波及させていくため、観光客の誘致を積極的に進めるほか、道内航空路線などの交通ネットワークの充実や、東北地域との様々な分野で交流拡大などに取り組み、さらには、札幌開業の一日も早い実現に向けて、関係の皆様とともに、決意を新たに取り組んでまいります。

第5回バチカンより日本へ(東日本大震災復興支援チャリティーコンサート)
(平成29年3月22日)

バチカンより日本へ  東日本大震災の復興支援のため2013年3月11日にバチカン市国で初めて開催されて以来、毎年日本各地で開催されているチャリティーコンサートが、本道で初めて開催されました。
 震災発生から6年が経ち、被災地の復興に向けた取組が進んでいるものの、被害の大きかった東北地方において被災された方々の多くは、未だ道内をはじめ全国各地での避難生活を余儀なくされています。
 このコンサートを通じ、ふるさとに戻りたいと強く願う方々の思いが叶い、一日も早く復興が成し遂げられるよう願うとともに、道としても、被災された方々が安定した生活を送れるよう、引き続き住宅支援などに取り組んでまいります。

北海道子どもの未来づくり審議会(子ども部会)からの提言書受領
(平成29年3月22日)

子どもの未来づくり審議会1

子どもの未来づくり審議会2

 道では、人口減少問題への対応や少子化対策の推進において、中高生の皆様の視点を取り入れるため、「北海道子どもの未来づくり審議会」に「子ども部会」を設置しています。
 このたび、1年をかけて議論していただいた子ども委員を代表して、港 菜々美さんと瀬川 真由さんがお越しになり、子育ての不安や悩みを解消する子育て支援の充実や、不安なく子育てできるための働き先の確保、子育てしやすい環境づくりなどのご提言をいただきました。
 本道の将来を担う若い世代の皆様からいただいた提言を活かし、今後とも少子化対策に取り組んでまいります。

道の修学資金貸付制度を利用した医師(地域枠医師)の皆様との懇談
(平成29年3月17日)

地域枠医師の皆様  卒業後、一定期間地域で勤務することを条件とした「修学資金貸付制度(地域枠制度)」を利用して、札幌医科大学や旭川医科大学を卒業され、4月から道内各地の医療機関での勤務を開始される医師の皆様を激励いたしました。
 人口減少や高齢化が進む本道においては、お年寄りの方々をはじめ、道民の皆様が安心して住み続けられるような地域づくりを進めていくことが重要です。
 道では、引き続き、地域の医療提供体制の充実強化に取り組むとともに、この制度を利用された医師の皆様が、本道の医療にためにご活躍されることを心から期待しています。

JR北海道の持続可能な経営構造の確立等に関する要請
(平成29年3月16日)

二階幹事長

茂木政務調査会長

▲二階 自由民主党幹事長

▲茂木 自由民主党政務調査会長

 二階 自由民主党幹事長、茂木 自由民主党政務調査会長、井上 公明党幹事長及び奥田 国土交通省鉄道局長にお会いし、JR北海道の持続的な経営構造の確立に向け、抜本的な対策を早急に講じていただくよう要請してまいりました。
 道では、ワーキングチームを設置して、鉄道網のあり方や課題への対応策等について集中的に議論を行い、現在、その検討結果について関係自治体の皆様への説明を行っているところです。道内の各地域で、鉄路を巡る様々な課題や対応策などについて、地域の実情に沿った実行性のある方策の検討や協議が進むよう、道としてより一層、積極的かつ主体的な役割を果たしてまいります。

ラグビーワールドカップ2019公認キャンプ地に係る要請
(平成29年3月15日)

嶋津事務総長  ラグビーワールドカップ2019組織委員会の嶋津 事務総長にお会いし、本大会の公認キャンプ地として、道内の立候補地を選定いただくよう要請してまいりました。
 2019年に日本で開催されるワールドカップにおいては、札幌でも試合が行われることとなっており、冷涼な気候風土などの優位性を活かし、道内からは全国最多の7市町が公認キャンプ地に応募しています。
 道では、関係市町との連携を図りながら受入体制を整え、参加チームをお迎えする準備を進めてまいります。

北方墓参等の改善及び共同経済活動に関する提案・要望
(平成29年3月15日~16日)

世耕大臣 鶴保大臣 山本会長
▲世耕 経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣 ▲鶴保 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策) ▲山本 自由民主党北方調査会長
 世耕 経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣、鶴保 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)、山本 自由民主党北方調査会長及び長谷川 内閣総理大臣補佐官にお会いし、北方四島との往来の拡充に係る出入域手続き箇所の複数化や、隣接地域と四島を巡る周遊・観光ルートの形成、北方墓参の現行手続きの改善や簡素化等について要望してまいりました。
 また、北方四島との共同経済活動については、道内企業等の多彩な技術・経験を活用した漁業・水産業の振興や医療・福祉サービスの確保、四島住民の皆様のニーズに的確に対応した実行性のある取組を進めるための現地調査団の派遣などについて提案いたしました。

劇団四季 ミュージカル「ライオンキング」
北海道公演キャストの皆様
(平成29年3月13日)

ライオンキングキャストの皆様  劇団四季の佐々木会長と、「ライオンキング」に出演されている本道出身の俳優の皆様がお越しになりました。
 「ライオンキング」は、6年前に北海道で初演された際、1年半で34万人が観劇し、道民の皆様が舞台芸術に大きな関心を持つきっかけとなった作品です。この度の北海道公演では、道内出身の俳優の皆様が、シンバ役をはじめ、主要な役柄を演じられています。
 今後とも、劇団四季の皆様にはロングラン公演を続けていただき、多くの皆様がこの素晴らしい公演を観劇され、道民の皆様に舞台芸術の素晴らしさが伝わっていくことを期待しています。

自衛隊入隊予定者激励会
(平成29年3月13日)

自衛隊入隊予定者激励会  自衛隊入隊予定者激励会に出席しました。
 自衛隊の皆様には、平和と安全の維持はもとより、災害時の救助・救援活動や国際平和活動など、重要な役割を担われているとともに、昨年の大雨等災害の際の救助活動や、家きんへの高病原性鳥インフルエンザ感染の際の防疫作業に多大なご尽力をいただくなど、昼夜を問わず、地域の皆様の安全・安心な暮らしを支えていただいています。
 自衛官として新たな一歩を踏み出される皆様には、厳しい教育や訓練を通じて、確固たる信念と、北海道、そして日本を支える力を養い、国民の期待に応える自衛官として、大いに活躍されることを期待しています。

春の甲子園大会での健闘を誓う
~札幌第一高等学校野球部の皆様~
(平成29年3月13
日)

札幌第一高校野球部の皆様  昨年に続き、2年連続で選抜高等学校野球大会の出場権を勝ち取られた札幌第一高等学校野球部の皆様が、出場報告にお越しになりました。
 札幌第一高校野球部は、大会3日目の今月21日に、群馬県代表の高崎健康福祉大学高崎高等学校との初戦に挑まれます。
 甲子園の舞台で、はつらつと全力でプレーし、これまでの練習の成果を存分に発揮していただけるよう、道民の皆様とともに全力で応援します。

第148回北海道医師会臨時代議員会
(平成29年3月12日)

北海道医師会臨時代議員会  第148回北海道医師会臨時代議員会に出席しました。
 北海道医師会の皆様には、地域医療の確保に多大な貢献をいただくとともに、医師確保対策の推進や道民の皆様の健康づくりなど、本道の保健福祉施策の推進に多くのご助力をいただいています。
 昨年末、道においては北海道医師会の皆様にご協力をいただきながら、「北海道地域医療構想」を策定したところであり、また、新年度は「北海道医療計画」などの平成30年度を始期とする計画の策定に着手することとしています。
 道では、道民の皆様が住み慣れた地域で安心して暮らすことのできるよう、北海道医師会の皆様との連携を一層深めながら、地域医療構想の実現に向けた具体的な取組を進めてまいります。

北海道バーバリアンズラグビーアンドスポーツクラブ・
北海道バーバリアンズの皆様
~第24回全国クラブラグビーフットボール大会優勝報告~
(平成29年3月6日)

北海道バーバリアンズの皆様  北海道バーバリアンズラグビーアンドスポーツクラブの皆様と、ラグビーチーム「北海道バーバリアンズ」の皆様が、第24回全国クラブラグビーフットボール大会の優勝報告にお越しになりました。
 2019年に日本で開催されるワールドカップにおいては、札幌でも試合が行われることとなっており、道内においてもラグビーへの注目度が高まっている中で、この度の北海道バーバリアンズの皆様の活躍を大変喜ばしく思います。
 道では「女性アスリート育成・支援プロジェクト事業」として、昨年9月には女子7人制ラグビーの国際大会を開催したところであり、北海道バーバリアンズの皆様のご活躍が、本道におけるラグビーのさらなる盛り上がりにつながることを期待しています。

劇団四季「ライオンキング」初日公演及びオープニングパーティ
(平成29年3月5日)

ライオンキングオープニングパーティ  劇団四季主催「ライオンキング」札幌公演が開幕し、その初日公演を観劇するととともに、オープニングパーティに出席しました。
 この作品は、6年前に北海道四季劇場のグランドオープン作品として上演され、多くの道民の皆様を魅了した作品です。この度の再演を望んでいた方々は大変多く、私も心待ちにしていた一人です。鮮やかな色彩と独創的な演出、そして、道内出身俳優の方々をはじめとする出演者の皆様の迫真の演技に改めて感動し、劇団四季の魅力と奥深さを感じました。
 これから、多くの皆様がこの素晴らしい公演を観劇されるとともに、劇団四季の皆様が、今後も北海道に拠点を置いて、道内の舞台芸術の振興や地域の活性化にご協力いただけることを期待しています。

北海道日本ハムファイターズ激励会
(平成29年3月3日)

日ハム激励会  北海道日本ハムファイターズ激励会に出席しました。
 昨シーズン、ファイターズは4年振りのパ・リーグ制覇、さらには10年振りに日本一の栄冠に輝き、北海道中が歓喜に沸きました。
 今年のチームスローガンは、「F-AMBITIOUS(ファンビシャス)」。常に勝利を追い求める熱い思い、そして、いつも道民とともにあるということが伝わるファイターズらしいスローガンです。
 今年も、粘り強いプレーで勝利を重ね、ファンの皆様の熱い応援と一体となって再び日本一に輝き、優勝パレードでその勇姿が見られることを心から期待しています。

スポーツ審議会総会(第7回)
(平成29年3月1日)

スポーツ審議会(第7回)  第7回目となるスポーツ審議会に出席しました。
 今回の会議では、第2期スポーツ基本計画や今後の広報活動などについてご説明いただくとともに、今後の取組などについて意見交換が行われました。 
 私からは、道において検討を進めているスポーツの成長産業化に向けたワーキングチームの設置や、パラリンピックで多くの道内選手が活躍できるようパラアスリート発掘事業を展開するなど、第2期スポーツ基本計画の目指す方針に沿って取り組んでいくことをお話させていただき、審議会委員の皆様と意見交換をさせていただきました。

【平成28年度】

[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]

バックナンバー 一覧表へ

戻る