スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2016年9月)


最終更新日:2018年11月08日(木)


はるみ知事が動く(2016年9月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事

大雨等災害に関する緊急要請等
(平成28年9月30日)

世耕経済産業大臣  世耕 経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣にお会いし、8月以降本道に上陸した一連の台風等による甚大な被害状況をご説明し、迅速な復旧や産業被害からの再生、また、被災された中小・小規模事業者の皆様が早期に経営を再開できるよう、予算の充実などについて要請するとともに、北海道東北地方知事会会長として、一連の台風により多くの被害を受けた東北地方の被災地域の早期復旧についても、ご支援いただくよう要請いたしました。
 また、ロシアとの交流に関して、ウラジオストクでの東方経済フォーラムに出席したことなどを説明の上、今後も国とも連携を密にし、ロシア極東地域との関係強化に努めたい旨、お話しいたしました。

北海道大野記念病院 視察
(平成28年9月29日)

大野記念病院  10月15日に開院を予定している「社会医療法人 孝仁会 北海道大野記念病院」を視察しました。
 北海道大野記念病院の基盤となる北海道大野病院では、昭和62年の開院以来、内科と外科の両面からの診断、治療、予防を目指して最先端の医療を提供いただいており、新しい病院では、ロボット手術に対応できる手術室の整備など、がん、脳卒中、心臓病の三大疾病と運動器疾患を中心とした高度急性期医療を担う病院として機能を大幅に拡充されます。
 健康な生活を送ることは、道民の皆様の願いであり、新病院が、本道における医療提供体制のさらなる向上に貢献いただけることを心から期待しています。

栗山天満宮秋季例大祭
(平成28年9月24日)

栗山秋季例大祭  栗山天満宮秋季例大祭の開会式に出席しました。
 このお祭りは、毎年300を超える露店がならび、また、地元の特産品を味わうことができる「くりやま味覚まつり」や「よさこいソーラン」など多彩なイベントが開催され、栗山町の秋の風物詩となっています。
 会場は、お祭りを楽しみにされている町民の皆様に加え、町外からも多くの観光客の方々がお越しになっていて、大変な賑わいでした。

北海道新幹線開業半年記念シンポジウム
「札幌延伸に向けて 未来を拓こう」
(平成28年9月24日)

新幹線開業半年記念シンポジウム  新聞社主催の「北海道新幹線開業半年記念シンポジウム」に出席し、冨山 経営共創基盤代表取締役CEO、島田 JR北海道代表取締役社長、荻野 慶應義塾大学教授とともに、パネルディスカッションに参加しました。
 私からは、新幹線開業効果を広く全道に波及させるために各地域で行われている様々な取組や、新幹線と道内航空路線との組み合わせによる観光振興、さらには、札幌延伸に向けて目標とする、道央・道南圏域と東北6県にまたがる広域的な観光周遊ルートの形成などについてお話させていただきました。
 道としては、北海道新幹線の札幌延伸に向けて、引き続き、交通ネットワークの充実や、満足度の高い受入体制の整備のほか、道央圏に集中している観光客の皆様に、道北や道東へも訪問していただくよう広域周遊ルートの形成などに取り組んでまいります。

北海道知事杯2016女子セブンズラグビートーナメント
(平成28年9月24日)

女子セブンズラグビー表彰式  女性アスリートの育成のため、スポーツ庁からの委託を受けて開催した「北海道知事杯2016女子セブンズラグビートーナメント」に出席し、優勝されたニュージーランドの「ワイカト」の皆様へ優勝カップをお贈りしました。
 大会には、北海道バーバリアンズ・ディアナを含む国内8チーム、海外からは4チームが参加し、白熱した試合を繰り広げるとともに、チーム同士での交流を深められていました。
 本大会に参加された皆様が今後もご活躍されるとともに、2020年の東京オリンピックにおいても、躍動されることを期待しています。

大雨等災害に関する緊急要請
(平成28年9月21日)

菅内閣官房長官 石井国土交通大臣 大塚財務副大臣

▲菅 内閣官房長官への要請

▲石井 国土交通大臣への要請

▲大塚 財務副大臣への要請

冨樫総務大臣政務官 自由民主党 公明党

▲冨樫 総務大臣政務官への要請

▲自由民主党への要請

▲公明党への要請

 8月以降本道に上陸した一連の台風等による甚大な被害状況を、関係大臣や政党などに対しご説明するとともに、迅速な復旧や産業被害からの再生、被災された皆様への支援、交通網の確保などについてご支援いただくよう、関係団体及び被災された自治体の皆様とともに要請してまいりました。
 また、北海道東北地方知事会会長として、一連の台風により多くの被害を受けた東北地方の被災地域の早期復旧についても、ご支援いただくよう要請いたしました。

地域訪問~南幌町~
(平成28年9月15日)

みどり野団地

(株)スリービー

▲みどり野団地 視察

▲株式会社 スリービー 視察

 南幌町を訪問し、札幌市のベッドタウンとして北海道住宅供給公社が開発を行った「みどり野団地」を視察し、団地の販売促進に向けた南幌町及び公社の取組をお伺いしました。
 また、たもぎ茸の種菌の管理から栽培、研究、製品開発及び製造販売までを一貫して行われている「株式会社 スリービー」様を訪問し“たもぎ茸濃縮エキス「バイオゴッド」”の製造工程などを視察させていただきました。

台風等による大雨被害に係る
山本 農林水産大臣との意見交換会
(平成28年9月14日)

山本農林水産大臣との意見交換会  山本 農林水産大臣との意見交換会に出席し、オホーツク、十勝地域を中心に、大雨により甚大な被害を受けた農林水産業の状況を説明するとともに、生産基盤の早期復旧や被災された農林漁業者の経営の安定化に向けた支援などについて、要請いたしました。
 また、北海道東北地方知事会会長として、一連の台風により多くの被害を受けた東北地方の被災地域の早期復旧についても、ご支援いただくよう要請いたしました。

台風等による大雨に係る被災地調査
安倍 内閣総理大臣との意見交換会
(平成28年9月14日)

ヘリによる被災地調査

安倍総理との意見交換会

 台風第10号に伴う記録的な大雨により甚大な被害を受けた十勝管内において、安倍 内閣総理大臣とともにヘリに搭乗し、被災現場を調査しました。
 安倍総理へ、8月以降本道に上陸した一連の台風による甚大な被害が、本道にとってこれまでで最も厳しい状況であることを説明するとともに、激甚災害の指定に加え、復旧・復興の促進や産業被害からの再生、被災された皆様への支援、交通網の確保などについて、ご支援いただくよう要請いたしました。

リオデジャネイロオリンピック 柔道 銅メダリスト
山部佳苗選手への「栄誉賞」贈呈式
(平成28年9月13日)

山部選手への栄誉賞贈呈式  リオデジャネイロオリンピック柔道女子78kg超級で、銅メダルを獲得された山部佳苗選手へ「栄誉賞」をお贈りしました。
 山部選手は、初めてのオリンピックの舞台で、最後まで攻めの柔道を貫き、道内出身選手で第1号となるメダルを獲得され、道民の皆様に大きな夢と感動を与えてくれました。
 山部選手には、今大会での経験を糧に、新たな目標に向かって大きく飛躍されることを期待しています。

株式会社北海道バスケットボールクラブの皆様
(平成28年9月13日)

バスケットボールクラブの皆様  株式会社 北海道バスケットボールクラブ(レバンガ北海道)の折茂 選手兼代表取締役、横田 取締役CEOほか、ヘッドコーチ、選手の皆様がお越しになり、9月22日に開幕する新リーグ「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(通称:Bリーグ)」1部リーグ参入への意気込みをお話しいただきました。
 レバンガ北海道様は、昨シーズン、初のプレーオフ進出を果たされ、北海道を大いに盛り上げていただきました。
 今年から始まるBリーグでも、チーム一丸となって、白熱した試合を繰り広げ、さらにご活躍されることを、道民の皆様とともに応援しています。 

北海道議会第3回定例会
(平成28年9月13日)

3定議会開会  平成28年第3回定例会が開会しました。

大雨災害に関する山口 那津男 公明党代表への要請
(平成28年9月11日)

山口 公明党代表への要請  山口 公明党代表にお会いし、8月に本道に上陸した3つの台風及び台風10号に伴う記録的な大雨による甚大な被害状況や、鉄道路線の不通による物流や観光への影響などについて報告するとともに、被災された地域の皆様が一日も早く本来の生活に戻っていただけるよう、激甚災害の指定に加え、産業被害への支援と、今後の防災・減災に向けた予算の確保をいただくよう要請いたしました。

第30回「法人会全国青年の集い」記念式典
(平成28年9月9日)

法人会全国青年の集い  30回目の節目を迎えられた「法人会全国青年の集い」が旭川市で開催され、その記念式典に出席しました。
 全国法人会総連合や法人会青年部会の皆様には、日頃から、経済環境に対応した企業の経営や地域社会の健全な発展にご尽力いただいているほか、税知識の普及や納税意識の醸成などに積極的に取り組んでいただいています。
 急速な人口減少や少子高齢化が進む中、道としては、日頃の企業経営で培われた手腕をお持ちの企業の皆様や、市町村等関係団体の皆様と連携を図りながら、地方創生に向けた様々な取組を進めてまいります。

地域訪問~東川町~
(平成28年9月9日)

東川町  近年、移住者の方や外国人留学生の方などが増えている東川町を訪問し、UターンやIターンで東川町に移住し、町内で飲食店の経営や山岳ガイドなどをされている皆様に、移住された経緯や、移住後の生活、仕事などについてお話を伺いました。
 移住者の皆様の様々なライフスタイルや、町に対する思いは、人々が地域で心豊かに暮らしていく上でのモデルとなるものであり、道内外の多くの皆様に広く発信され、北海道での暮らしの魅力が伝わっていくことを期待しています。

北海道災害対策本部本部員会議(第6回)
(平成28年9月8日)

災害本部本部員会議  台風第10号及び、6日から7日にかけての宗谷管内での記録的な大雨による被害状況の全庁的な情報共有と、今後の対応などについての検討を行うため、6回目の本部員会議を開催しました。
 清水町では、依然として2名の方が行方不明となっており、関係機関の皆様との連携を強め、引き続き捜索に全力を尽くすことを確認しました。
 また、大雨で被災した地域においては、被害の拡大や新たな被害の発生防止に万全を期していただくとともに、配慮を要する方へのケアをはじめ、何よりも人命第一に全力で取り組んでいただくよう指示しました。

労働者福祉中央協議会「2016年度全国研究集会」
(平成28年9月8日)

労働者福祉中央協議会  労働者福祉中央協議会「2016年度全国研究集会」に出席しました。
 労働者福祉中央協議会の皆様には、日頃から、勤労者の皆様の生活の安定・安心と社会的地位の向上をはじめとする労働福祉の推進のため、様々な事業に積極的に取り組んでいただいています。
 道では、誰もがその能力や知識を発揮し、安心して働くことのできる地域社会の構築に向け、地域産業の振興による雇用創出や若者の早期離職の防止対策、子育て支援などの様々な取組を一体的に展開しているところであり、関係団体の皆様とともに、働く方々の就業環境の改善に取り組んでまいります。

第54回全国知的障害福祉関係職員研究大会北海道大会
(平成28年9月7日)

全国知的障害福祉関係職員研究大会  第54回全国知的障害福祉関係職員研究大会北海道大会が開催され、その開会式に出席しました。
 知的障害福祉関係職員の皆様には、日頃から、知的障がい者の皆様の自立と社会参加を促進するため、様々な支援や福祉の増進に向けた活動にご尽力いただいています。
 本年4月には、障害者差別解消法が施行され、障がいのある人もない人も共に生きる社会を創ることを目指し、国や自治体において法の周知に努めているところであり、道としても、障がいのある方やそのご家族の皆様が、安心して暮らすことのできる地域づくりに全力で取り組んでまいります。

北海道災害対策本部本部員会議(第5回)
(平成28年9月6日)

災対本部本部員会議  台風第10号による被害状況の全庁的な情報共有と、今後の対応などについての検討を行うため、5回目の本部員会議を開催しました。
 4日、5日に上川、十勝管内を訪れ、農業被害や堤防決壊、河川損傷など想像を超える被害の発生を確認しており、復旧に向けた一刻も早い対応が必要であると強く感じたところです。
 迅速な復旧に向けて、国への要請も含め、関係機関の皆様と連携を強めながら、全庁をあげて取り組んでまいります。
 また、6日には、宗谷管内で大雨による浸水被害などが発生しており、引き続き、人命尊重を第一に新たな被害の発生防止に全力をあげるよう指示しました。

台風第10号に係る被災地調査~上川、十勝管内~
(平成28年9月4日~5日)

南富良野町

新得町

帯広市

▲南富良野町

▲新得町

▲帯広市

芽室町

清水町

松本大臣

▲芽室町

▲清水町

▲松本 内閣府特命担当大臣(防災)への要請

 台風第10号による被害を受けた上川、十勝管内を訪問し、この度の災害により亡くなられたお二人のご冥福をお祈りし、弔問をさせていただきました。また、南富良野町、新得町、帯広市、芽室町及び清水町を訪問し、被害状況をお伺いするとともに、被害現場を確認しました。
 5日には、松本 内閣府特命担当大臣(防災)にお会いし、全道各地での浸水被害、土砂災害等の状況をご説明するとともに、激甚災害の指定に加え、産業被害への支援や、今後の災害防止に向けた予算を確保いただくよう要請いたしました。
 今なお、2名の方が行方不明となっており、関係機関の皆様が総力をあげて捜索にあたっているところです。被災された地域の皆様が安心した生活を再開できるよう、迅速な復旧に向けて全力で取り組んでまいります。

安倍 内閣総理大臣と企業等関係者の方々との懇談会
(平成28年9月3日)

安倍総理大臣等との懇談会  第2回東方経済フォーラムに併せて開催された、安倍 内閣総理大臣と企業等関係者の方々との懇談会に出席しました。
 私からは、本道とロシア極東地域においては、これからも隣人同士として幅広い分野で交流拡大に取り組んでいくことをお話させていただくとともに、8月に本道に上陸した台風による甚大な被害に対する政府の支援を強く要請いたしました。

コジェミャコ・サハリン州知事との会談等
(平成28年9月2日~3日)

コジェミャコ知事

ボリソフ首長

▲コジェミャコ・サハリン州知事との会談

▲サハ共和国 ボリソフ首長との会談
北海道銀行とアルマズエル・ギエン・バンクとの
協定調印式

デリパスカ会長

レピク会長

▲ベーシック・エレメント社 デリパスカ会長

▲実業ロシア レピク会長

 ロシア連邦ウラジオストク市でコジェミャコ・サハリン州知事にお会いし、本年5月の会談の際に州知事からご提案いただいたコルサコフの港における水産取引所の整備に関する進捗状況やコルサコフと稚内の航路の再開、昨年10月に建設された「北海道センター」の活用などについて、お話をさせていただきました。
 また、昨年5月に友好・貿易経済・人文分野の協力について覚書を締結した、サハ共和国のボリソフ首長にお会いするとともに、北海道銀行とサハ共和国の銀行である「アルマズエル・ギエン・バンク」との協定調印式に立会させていただきました。
 さらには、ロシアの企業である「ベーシック・エレメント社」のデリパスカ会長や「日露ビジネスフォーラム」主催者である「実業ロシア」のレピク会長とお会いし、農業分野など様々な分野での企業の交流拡大についてお話をさせていただきました。
 こうした会談を契機に、具体的な交流を積み重ねながら、両地域の更なる関係強化をはかってまいります。

第2回 東方経済フォーラム
(平成28年9月2日)

パネルセッション

ビジネスフォーラム

▲パネルセッション

▲日露ビジネスフォーラム

 ロシア連邦ウラジオストク市で、「第2回東方経済フォーラム」が開催され、「極東における保健衛生の開発の戦略的な方向」をテーマとするパネルセッション及び「日露ビジネスフォーラム」に出席しました。
 保健をテーマとするパネルセッションでは、北海道とロシア極東地域の医療技術の向上に向け、訪問団の派遣による医療技術者の交流拡大や、各種シンポジウムの開催などの取組を紹介いたしました。
 日露ビジネスフォーラムでは、本道とロシア極東地域のこれまでの経済交流の取組や、今後の両国間の経済環境や交流基盤の強化に向けた、日本とロシア極東の地域同士、企業同士での交流などについて、お話をさせていただきました。
 今回のフォーラムを契機に、両国の関係が一層強化されるとともに、両国地域同士の友好促進と互恵的な経済協力の取組が一層深化し、未来に向けて共に発展していくことを期待しています。

【平成28年度】

[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]

バックナンバー 一覧表へ

戻る