スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2015年9月)


最終更新日:2018年11月12日(月)


はるみ知事が動く(2015年9月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事
   
 

  映画「起終点駅 ターミナル」試写会
(平成27年9月29日)

映画ターミナル試写会   11月7日から公開予定の釧路を舞台にした映画「起終点駅 ターミナル」の試写会が主演の佐藤浩市さん、本田翼さん、原作者の桜木紫乃先生出席の下開催され、私も試写会に出席しました。
 釧路市出身の桜木先生の本が、日本を代表する名俳優の佐藤さんと、いま最も輝いている女優の本田さんによって映画となり、釧路の魅力を全国の皆様に伝えていただけることを大変嬉しく思います。
 全国各地で多くの皆様に映画をご覧いただき、釧路市をはじめ映画の舞台となった地域の魅力を知っていただくことを期待しています。

函館商工会議所創立120周年記念式典
(平成27年9月28日)

函館商工会議所記念式典  函館商工会議所創立120周年記念式典に出席しました。
 函館商工会議所の皆様には、明治28年に本道初の商工会議所として設立されて以来、地域経済、さらには本道経済の発展をけん引されてきました。
 来年3月26日に北海道新幹線開業を迎える中、その効果を取り込み、地域の発展につなげるためには、地域に根ざした企業の活躍が重要であり、道としても、これまで以上に皆様と連携しながら、地域の中小・小規模企業が抱える課題の解決や、事業活動への支援に取り組んでまいります。

地域訪問~真狩村、ニセコ町、京極町~
(平成27年9月25日)

真狩村 デイハウス香風庵

ニセコ町 昼食懇談

▲真狩村 デイハウス香風庵

▲ニセコ町 観光地づくりにご尽力されている
関係者の皆様との懇談

京極町 京極発電所

▲京極町 北電 京極発電所

 後志総合振興局管内を訪問しました。
 真狩村では、約1300坪の庭園「空の庭」と温室が敷地内にあり、園芸療法にも取り組む高齢者介護 施設である「デイハウス香風庵」を視察しました。
 ニセコ町では、農業や食を通じてニセコ町の観光地づくりにご尽力されている関係者の皆様と懇談させていただき、地元を盛り上げるための取組などについて、お話を伺いました。
 京極町では、最新鋭の技術が導入された本道初の純揚水発電所である北電の京極発電所を視察しました。

地方創生フォーラム「北海道経済の持続的成長を目指して」
(平成27年9月24日)

地方創生フォーラム  北海道商工会議所連合会が主催する「地方創生フォーラム『北海道経済の持続的成長を目指して』」に出席し、「北海道の創生に向けて」というテーマで講話を行いました。
 講話では、人口減少問題への対応や、道が進める「食」と「観光」の取組を紹介しながら、地方創生や国土強靱化の取組を進める上で、社会資本の整備が重要であることをお話させていただきました。
 引き続き、北海道商工会議所連合会や当日出席された皆様とともに、道内の社会資本の整備に向けた取組を進めてまいります。

 秋の全国交通安全運動「2015交通安全道民総決起大会」
(平成27年9月18日)

交通安全道民総決起大会  「2015交通安全道民総決起大会」に出席しました。
 本年の交通死亡者数は、前年を上回って推移しており、また、今年6月には、砂川市において飲酒運転により一家5人が死傷するという大事故が発生するなど、依然として飲酒運転による痛ましい事故も後を絶ちません。
 これから、秋の行楽シーズンを迎え、交通量が増加するとともに、日没が早まるなど、交通事故の増加が懸念されます。
 道では、全道各地域で積極的に交通安全に取り組んでまいりますので、道民の皆様には、安全運転のご協力をよろしくお願いします。

 北海道新幹線開業日の決定を祝う札幌駅カウントダウンイベント
(平成27年9月18日)

開業日決定を祝う札幌駅イベント  私たち道民が40年来待ちに待った北海道新幹線の開業日が来年3月26日に決定しました。
 こうした中、JR札幌駅に設置された北海道新幹線開業のカウントダウンモニュメントの除幕式に参加しました。このモニュメントの設置は、サッポロビール株式会社様とJR北海道様との協働により実現したものであり、開業に向けた気運の醸成に取り組まれる関係者の皆様のご尽力に感謝いたします。
 道では、開業日に向け、これまで以上に道内外でのプロモーションに力を入れるとともに、地域資源の磨き上げや官民が一体となったおもてなし、二次交通の整備といった開業準備を加速させてまいります。

 北海道大学公共政策大学院創立10周年記念シンポジウム
(平成27年9月12日)

北大公共政策大学院シンポジウム  北海道大学公共政策大学院の創立10周年を記念して「交通新時代の北海道観光の未来」をテーマにシンポジウムが開催されました。
 私からは、「北海道の観光政策」をテーマとして、来年3月に迫った北海道新幹線の開業効果を全道各地に行き渡らせるための取組や、目標としている外国人観光客300万人の実現を目指し、官民一体となって、北海道の魅力の発信や受入体制の充実、新たな北海道の魅力づくりなどに取り組んでいることをお話させていただきました。

 全日本病院学会in北海道
(平成27年9月12日)

全日本病院学会  公益社団法人 全日本病院協会が主催する「全日本病院学会in北海道」に出席しました。
 昭和37年から開催されている本学会は、医師や病院関係職員の学術研究の場として、病院の機能向上に大きな役割を果たされています。
 道では、医療提供体制のあるべき姿を示す「地域医療構想」の策定を進めており、道内各地域の実情を十分に反映した構想とするためにも、全日本病院協会や、関係者の皆様と一体となって取り組んでまいります。

B-1グランプリ出場団体の皆様
(平成27年9月8日)

B-1グランプリ出場団体の皆様  10月3~4日に青森県十和田市で開催される第10回B-1グランプリに出場される、「釧路ザンタレなんまら盛り揚げ隊」、「小樽あんかけ焼きそば親衛隊」、「第746なよろ煮込みジンギス艦隊」、「オホーツク北見塩焼きそば応塩隊」の皆様がお越しになりました。
 皆様は、これまでも各地の食や観光イベントなどに出展されるなど、地域の魅力の情報発信やまちおこしに積極的に取り組まれ、地域の活性化に向けてご尽力いただいています。
 第10回の節目となる大会において、本道の豊かな食材を使用した魅力あふれる料理を、広く全国にPRしていただくことを期待しています。

第2回 北海道創生協議会
(平成27年9月8日)

第2回北海道創生協議会  第2回の北海道創生協議会を開催し、「北海道人口ビジョン」や「北海道創生総合戦略」の素案などについて、議論しました。
 地方創生は、全国各地で総合戦略の策定が急ピッチで進められているほか、国においても来年度の地方創生関連予算の枠組が示されるなど、まさに国を挙げた取組となっています。
 協議会においていただいたご意見は、今後の人口ビジョン及び総合戦略策定に活かしていくとともに、具体的な施策を検討してまいります。

北海道議会第3回定例会
(平成27年9月8日)

3定議会開会  平成27年第3回定例会が開会しました。

アンチエイジング&機能性表示食品シンポジウム
(平成27年9月7日)

アンチエイジング&機能正表示食品シンポジウム  UBMメディア株式会社様の主催で開催されたアンチエイジング&機能性表示食品シンポジウムのパネルディスカッションに参加し、私からは、「北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)~北海道からの挑戦~」と題して、本道の「食」のポテンシャル、ヘルシーDoの概要とメリット、今後の展開の方向性の3つの項目について説明しました。
 ヘルシーDoを活かした取組を進め、さらには、健康・医療の分野での新たな産業集積を促進し、我が国の健康長寿社会形成に貢献していきたいと考えています。

長万部地方創生サミット
(平成27年9月5日)

長万部町地方創生サミット   東京理科大学長万部キャンパスで開催され、石破 地方創生担当大臣も出席いただいた長万部地方創生サミットに出席しました。
 来年には開校30年を迎える長万部キャンパスは、これまで、探究心にあふれたたくさんの若者を輩出してこられました。教育と真摯に取り組むまちづくりを続けてこられた、町と大学関係者の皆様のご努力に敬意を表します。
 この度のサミットが地域における地方創生の気運醸成の契機となることを期待しております。
 また、道としても、市町村の皆様と一体となって、北海道創生の取組を全力で進めてまいります。

地域訪問~下川町、剣淵町~
(平成27年9月4日)

下川町

剣淵町

▲下川町「駅カフェ イチノハシ」

▲VIVAアルパカ牧場

 上川総合振興局管内を訪問しました。
 下川町では、「NPO法人地域おこし協力隊」が運営する地区唯一の商店である「駅カフェ イチノハシ」を視察しました。駅カフェは、商店の役割だけでなく、住民の皆様の交流の場として、集落の生活を支える大切な場所となっていると感じました。
 剣淵町では、地域活性化に向けて、役場や民間企業の皆様が一体となり、絵本とアルパカのまちづくりを掲げ、北海道初の試みであったアルパカの飼育を始め、開設したVIVA(ビバ)アルパカ牧場を視察しました。可愛らしいアルパカたちとふれ合うことができました。

第66回北海道女性大会・上川管内女性大会
(平成27年9月4日)

女性大会  名寄市で開催された北海道女性大会・上川管内女性大会に出席しました。
 主催者である北海道女性団体連絡協議会の皆様には、女性の地位向上や青少年の健全育成など幅広い分野で活動いただいています。
 道では、北海道女性団体連絡協議会や、経済界、一次産業団体の皆様と共に、「北の輝く女性応援会議」を立ち上げ、オール北海道で女性の活躍応援に取り組んでおり、今後とも、女性がこれまで以上に輝けるような地域づくりに取り組んでまいります。

さけ・ます流し網漁業禁止対策に関する要請
(平成27年9月2日)

林・農林水産大臣に要請 自民党緊急対策本部の皆様に要請 公明党議員の皆様に要請

林・農林水産大臣に要請

自民党緊急対策本部の皆様に要請

公明党議員の皆様に要請 

 来年1月から、ロシア水域におけるさけ・ます流し網漁業が禁止となることから、林 農林水産大臣、自民党緊急対策本部及び公明党議員の皆様に、地元自治体、漁業関係者、関連産業団体との意見交換に基づき取りまとめた、「漁業対策」、「関連産業対策」、「雇用対策」、「地域振興対策」の4つの柱による対策をお示しするとともに、予算措置を含め、速やかに必要な対策を講じていただくよう要請しました。

インフォメーションバザールin Tokyo 2015
(平成27年9月2日)

インフォメーションバザール  本道の優れた食材や食品を、道内外のバイヤーや流通関係者に紹介する首都圏最大規模の商談会「インフォメーションバザールin Tokyo 2015」に出席しました。
 今回は、昨年に引き続き、来年3月の北海道新幹線開業を見据えて、青函地域の商品の情報発信する「青函コーナー」や、新たに、北海道独自の食品機能性表示制度である「ヘルシーDo」の認定商品などの紹介をさせていただきました。
 道としても、道産品の取引の拡大はもとより、魅力ある商品づくりが一層進むよう取り組んでまいります。

北海道倶楽部講演会
(平成27年9月2日)

北海道倶楽部講演会  北海道倶楽部の講演会に出席し、「これからの北海道について」というテーマのもと、人口減少問題への対応と地方創生、本道の「食」の海外への売り込みなど、今後の政策展開について講演を行いました。
 北海道倶楽部創設の中心となった新渡戸稲造先生は、本道の発展に大きな足跡を残され、国際的にも活躍された偉人です。その意思を受け継がれ、北海道の発展を願って活動いただいている北海道倶楽部の皆様とともに、今後とも、本道の発展に向け取り組んでまいります。

地域訪問~函館市~
(平成27年9月1日)

函館フットボールパーク  函館フットボールパークを視察しました。
 函館フットボールパークはサッカーやラグビーなど多様な屋外競技に対応しており、大規模なスポーツ合宿等も可能な道南最大級の多目的グラウンドです。パーク内は、最上級の人工芝グラウンドやランニングコースなどが整備されており、非常に魅力的な施設と感じました。
 来年3月の北海道新幹線開業により、交流人口の増大が見込まれる中、函館フットボールパークが更なる交流人口増加の呼び水となり、地域を一層活性化することを期待しています。
 
 
【平成27年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る