スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2015年5月)


最終更新日:2018年11月12日(月)


はるみ知事が動く(2015年5月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事
   
 

ライオンズクラブ国際協会331-A地区第61回地区年次大会
(平成27年5月30日)

ライオンズA地区  ライオンズクラブの皆様は、日ごろから、スポーツによる青少年育成事業や環境美化など、地域に根ざした活動に、継続的に取り組まれています。
 人口減少という、かつてない局面を迎える中、皆様の活動を通じて、北海道の将来を担う若者が健やかに成長し、豊かな地域づくりがより一層進められていくことを願っています。

京セミ株式会社上砂川事業所視察
(平成27年5月29日)

京セミ  京セミ株式会社上砂川事業所を視察しました。
 京セミ株式会社様は、道内に複数の事業所を開設され、開発・生産拠点を道内に集約されるなど、本道のものづくり産業の振興に大変なご協力をいただいています。
 今回、中田会長様から同社の取組についてお聞きするとともに、太陽電池部品の製造工程を視察しました。

北海道ガーデンショー2015大雪 オープニングセレモニー
(平成27年5月29日)

ガーデンショー大雪

 「北海道ガーデンショー2015大雪」のオープニングセレモニーに出席しました。
 厳しい冬を乗り越えた本道の花や木は、訪れる皆様を楽しませる魅力の一つとなっています。このたびのガーデンショーは、大雪森のガーデン(上川町)や上野ファーム(旭川市)などを舞台に、デザイナーズガーデンとともに、地域の魅力を発信する一大イベントとなっています。
 10月4日(予定)までの開催期間中、北海道の花観光のシンボルとして、本道の魅力をPRいただけることを期待しています。

北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点 落成記念祝賀会
(平成27年5月28日)

北大FMI  北海道大学フード&メディカルイノベーション(FMI)国際拠点の落成記念祝賀会に出席しました。
 北大FMI国際拠点は、食と医の融合による健康生活の実現をテーマとする研究開発の拠点として整備された施設であり、今後、新たな機能性食品の開発をはじめとする様々な研究が進められることとなっています。
 この施設から生まれる研究成果が、道民の皆様の健康増進のみならず、地域経済の活性化や本道産業のグローバル展開へとつながっていくことを期待しています。

北海道町村会 第69回定期総会
(平成27年5月28日)

町村会  町村長の皆様には、日ごろから、地域の振興と発展のため、そして道民の皆様の安全確保のためご尽力いただいています。
 道内各地域では、人口減少問題をはじめ様々な課題を抱える一方、待望の北海道新幹線の開業や、本道の食や観光に対する関心の高まりなど明るい話題もあり、こうした動きを追い風に、これまで以上に町村の皆様とともに考え、手を携えながら、地域の活性化に取り組んでまいります。

平成27年度第2回 北海道地域電力需給連絡会
(平成27年5月28日)

電力需給  北海道地域電力需給連絡会に出席し、今年の夏の電力需給対策などについて議論しました。
 この冬も、道民の皆様の節電に対するご理解とご協力により厳しい状況を乗り切ることができ、改めて感謝申し上げます。
 電力受給の安定化は、本道の暮らしと産業を守っていくために不可欠なものです。この夏も、皆様と一緒に力を合わせて、節電・省エネに取り組んでまいります。

一般社団法人北海道機械工業会 設立40周年記念式典
(平成27年5月27日)

機械工業会  北海道機械工業会の設立40周年記念式典に出席しました。
 本道の機械金属産業の出荷額は、北海道機械工業会様が設立された昭和50年に比べ倍増するなど、会員の皆様のご尽力により大きな発展を遂げてきました。
 ものづくり産業は、大きな付加価値や雇用を生み出す源として、本道経済を牽引する重要な産業分野です。道としても、新技術・新製品の開発や取引拡大の支援など、ものづくり産業の更なる発展に向け、積極的に取り組んでまいります。

第35回「機動隊員等を励ます会」北海道支部総会
(平成27年5月27日)

機動隊  「機動隊員等を励ます会」北海道支部総会に出席しました。
 テロや自然災害などから私たち道民を守るため、日ごろから厳しい訓練を積まれている機動隊員の皆様には、大きな期待が寄せられています。
 道としても、機動隊員の皆様をはじめ北海道警察の皆様と、これまで以上に連携を密にし、安全で安心して暮らせる北海道づくりに努めてまいります。

一般社団法人北海道中小企業家同友会 第47回定時総会
(平成27年5月27日)

中小企業家同友会  北海道中小企業家同友会の定時総会に出席しました。
 北海道中小企業家同友会の皆様には、道における小規模企業振興のあり方について貴重なご意見をいただくなど、日ごろから、道の経済対策にご協力をいただいています。
 活力ある地域づくりのためには、幅広い分野・様々な地域における事業展開が不可欠です。道としても、地域の中小企業の皆様とともに、本道経済の発展に向け取り組んでまいります。

金融経済懇談会
(平成27年5月27日)

金融経済懇話会  日本銀行札幌支店が主催する「金融経済懇談会」に出席し、岩田 日銀副総裁をはじめ、道内経済界などの皆様と意見交換を行いました。
 私からは、「食」や「観光」といった本道の優位性を活かした産業の基盤強化や、アジアの成長力の取り込みによる人口減少問題への対応をはじめとする、本道経済の活性化の取組についてご説明しました。

2020東京オリパラの成功を支援する北海道の会 発足交流会
(平成27年5月26日)

オリパラ  私も呼びかけ人の1人となった「2020東京オリパラの成功を支援する北海道の会」が発足しました。
 東京オリンピック・パラリンピックの開催は、スポーツだけでなく、観光客の増加や文化の振興など、さまざまな波及効果が見込まれ、各国のメディアを通じて本道の魅力を発信する絶好の機会です。
 今後、道内の各界の皆様にご参加いただいたこの会が核となり、オリンピック・パラリンピックの開催が本道の活性化へとつながるよう、官民一体で取り組んでまいります。

平成27年度第1回 北海道人口減少問題対策本部
(平成27年5月26日)

人口減少問題対策本部  今年度第1回目の北海道人口減少問題対策本部を開催しました。
 人口減少の危機を乗り越えていくために抜本的かつ早急な対応が必要となっており、道内でも既に地域版「総合戦略」の策定に向けた作業が始まっています。
 道としても、北海道らしい地域の創生を進めていけるよう、地域の皆様とともに全力で取り組んでまいります。

北海道苦情審査委員からの活動状況報告
(平成27年5月26日)

苦情審査委員  苦情審査委員の方々から平成26年度の活動状況についてのご報告を受けました。
 ご報告いただいた事案については、道政全般に対する提言として真摯に受けとめ、信頼される道政の推進に取り組んでまいります。

 日中観光交流の夕べ
(平成27年5月23日)

 
日中観光交流の夕べ  日中観光交流の夕べ2 
 日中観光交流の夕べが、中国北京市の人民大会堂で、習近平(しゅうきんぺい)中国国家主席をはじめ、中国側の要人と日本から参加した約3000名の日中観光文化交流団が一堂に会し開催されました。
 習主席から、観光をはじめとする日中交流のこれまで以上の推進などについて、ご挨拶をいただきました。
 この度の交流訪問団が契機となり、両国間の交流が一層進むことを期待するとともに、道としても、観光をはじめ様々な分野での地域間交流にしっかりと取り組んでまいります。

 中日地方創生観光シンポジウム
(平成27年5月23日)

 
中日地方創生観光シンポジウム  中日地方創生観光シンポジウム2 
 中国国家旅遊局主催で開催された「中日地方創生観光シンポジウム」にパネリストとして参加しました。
 パネルディスカッションでは、中国東北3省(黒竜江省、吉林省、遼寧省)との四半世紀以上にわたる交流や農業分野などでの交流を紹介するとともに、将来に向けての地域間観光分野の協力として、青少年交流のための教育旅行の充実や、東京オリンピック・パラリンピックを見据えたスポーツツーリズム、相互に先進的な施設を視察し、紹介しあう産業ツーリズムなどを提案しました。

観光分野における対日投資セミナー
(平成27年5月22日)

 
観光分野における対日投資セミナー   日本貿易振興機構様が主催した「対日投資セミナー」に参加し、中国の観光業界関係者の方々へ、観光分野における本道への投資に向けて、北海道の優位性や特長、メリットなどをプレゼンテーションしました。
 本道への関心の高さをあらためて実感し、引き続き北海道向け観光投資の誘致をより一層図ってまいります。

 日中観光文化交流団の中国・北京市訪問
(平成27年5月22日~23日)

 
 李金早・中国国家旅遊局長との懇談  唐家璇・中日友好協会会長との懇談

 李金早・中国国家旅遊局長との懇談

 唐家璇・中日友好協会会長との懇談

 マッチング商談会視察  トラベルフェア2015視察

 「マッチング商談会」視察

 「Visit Japan FIT トラベルフェア2015」視察

 Yokoso Nippon!視察  

 「Yokoso Nippon!」視察

 
 日本と中国双方の観光交流活性化の機運を盛り上げるため、二階俊博 全国旅行業協会会長・衆議院議員をはじめとする「日中観光文化交流団」の一員として、中国・北京市を訪問しました。
 今回の訪問のきっかけを作られた中国の観光担当大臣にあたる李金早(りきんそう)中国国家旅遊局長や、中日友好協会の唐家璇(とうかせん)会長と懇談しました。
 また、北海道観光振興機構や日本の旅行会社によるマッチング商談会、富裕層専門旅行会社「プレミアム北海道」などが出展した「Visit Japan FIT トラベルフェア2015」のほか、本道のスイーツや日本酒が出展された和食紹介イベント「Yokoso Nippon!」を視察しました。
 今回の訪問を一つの大きな契機として、中国をはじめ、アジアの国々に対し、本道をより強くアピールしてまいります。

 地域訪問~苫小牧市~
(平成27年5月21日)

苫小牧共同酸素(株)様視察  苫小牧共同酸素(株)様視察2 

 苫小牧市で産業用ガスを製造している苫小牧共同酸素株式会社様を訪問しました。
 産業用ガスは、鉄鋼の精錬や食品の急速冷凍、医療現場の酸素吸入など、本道のものづくり産業や医療現場で欠かせないものです。この日は、将来にわたる安定供給のため新たに建設され、本年3月に稼働を開始した最新鋭プラントを視察しました。

 

 東日本大震災被災地へ派遣する道職員への激励
(平成27年5月19日)

 
東日本大震災被災地へ派遣する職員激励 

 東日本大震災の発生から4年以上が経つものの、現地は復興の途上にあり、被災した自治体では、今なお復興に携わる職員が不足しています。
 道としては、これまでに延べ238名を被災地に派遣しており、平成27年度についても44名の職員を派遣します。
 被災地での勤務は、多くの人たちと出会い、「地域の復興」という大切な場面でともに汗を流すことで、被災地と本道の絆を深めるとともに、被災地で学んだ経験を道に持ち帰り、今後の仕事に活かしていただくことを期待しています。 

北海道どさんこプラザ札幌店 視察
(平成27年5月18日)

 
どさんこプラザ視察 

 JR札幌駅内にある道産品のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ札幌店」を視察しました。
 北海道どさんこプラザ札幌店では、「食」をテーマにした生活雑貨コーナーを拡充し、5月13日にリニューアルオープンしました。
 当日は、檜山振興局主催の「檜山フェア(5月13日~19日)」が開催されており、たくさんのお客様で賑わっていました。
皆さんもぜひお気軽にお立ち寄りください。 

 北海道議会第1回臨時会
(平成27年5月14日)

 
平成27年第1回臨時会 

 平成27年第1回臨時会が開会しました。

 地域訪問
~登別市・室蘭市~
(平成27年5月13日)

 
 登別地方高等職業訓練校視察 共生型福祉施設ファイト視察 

 登別地方高等職業訓練校 視察

 (株)ネットワーク様「共生型福祉施設ファイト」視察

 室蘭工業大学の女子学生の皆様との懇談  (株)室蘭うずら園様視察

 室蘭工業大学の女子学生の皆様との懇談

 (株)室蘭うずら園様視察

 胆振総合振興局管内を訪問しました。
 登別市では、幅広い年代の方が介護福祉サービスや建築板金などの職業訓練を受けられている「登別地方高等職業訓練校」と、障害のある方々に就労の場を提供し、就労に関する訓練などを実施している株式会社ネットワーク様の「共生型福祉施設ファイト」を視察しました。
 室蘭市では、室蘭工業大学の女子学生の皆様と懇談し、理系女子学生の社会進出やものづくりに対する思いなどを伺いました。また、道内で唯一のうずら卵生産農場であり、6次産業化にも積極的に取り組まれている「株式会社室蘭うずら園」様を訪問し、うずらの卵を活用したプリン工場を視察しました。

 鶴雅グループ創業60周年記念式典
(平成27年5月12日)

 
鶴雅グループ創業60周年記念式典 

 釧路市で開催された鶴雅グループ創業60周年記念式典に出席しました。
 鶴雅グループ様は、創業以来、阿寒をはじめとして、道内各地に旅館やホテル、飲食店など多岐にわたる経営展開を図られ、北海道の魅力を国内外に発信されています。
 アジアからの観光客の増加など、本道の観光をめぐる環境の変化が見られる中、道では、世界が憧れる観光立国北海道の実現に向けて、北海道新幹線の開業や2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどのチャンスを活かして、アイヌ文化をはじめ本道の魅力を発信し、国内外との交流の更なる活発化と、本道の観光振興につなげてまいります。

 地域訪問~鶴居村~
(平成27年5月12日)

 
 鶴居村定住促進団地視察  鶴居村移住体験住宅視察

 定住促進団地視察

 移住体験住宅視察

 鶴居村を訪問し、「定住促進団地」や「移住体験住宅」を視察しました。
 また、大石村長から定住促進や移住促進を図るための取組や、国安教育長から特に力を入れて取り組まれている教育の推進など、地域の皆様方の人口減少問題に対する意気込みを伺いました。鶴居村は人口の社会増の成果をあげられており、こうした取組も参考に人口減少問題に取り組んでいきます。 

平成27年「安全・安心なまちづくり」道民の集い
(平成27年5月11日)

 
安全・安心なまちづくり道民の集い 

 平成27年「安全・安心なまちづくり」道民の集いを開催しました。
 犯罪や交通事故のない安全で安心な地域の実現は、生活の基盤となるものであり、道民の皆様お一人おひとりに、犯罪や交通安全に対するしっかりとした意識を持っていただくことが重要です。
 道では、地域における活動を一層活性化するとともに、誰もが安全で安心して暮らせる地域社会を実現できるよう、取組を進めてまいります。

 平成27年度北海道優良母子家庭表彰
(平成27年5月8日)

 
北海道優良母子家庭表彰 

 母子家庭の模範となる素晴らしい家庭を築いてこられた方々に、北海道優良母子家庭表彰をお贈りしました。
 お子様を育てながら懸命に働き、家庭を支えられてこられた皆様のご努力に、心から敬意を表します。
 受賞された皆様には、今後一層ご家族の絆を深められるとともに、女性としても、社会の中で輝き続けていただきたいと思います。

 次世代自動車展示会in赤れんが
(平成27年5月8日)

 
次世代自動車展示会  次世代自動車試乗 

 道庁赤れんが庁舎前庭で、次世代自動車展示会を開催しました。
 地球温暖化は、社会全体で取り組むべき重要な課題であり、各自動車メーカーの皆様が、技術の粋を集めた燃料電池自動車をはじめ、温室効果ガスの排出が少ない地球に優しい自動車の開発に取り組まれています。
 道としても、市町村や関係団体、企業の皆様と連携しながら、次世代自動車の普及など、地球温暖化防止に向けた取組を積極的に推進してまいります。

秋元 札幌市長との面談
(平成27年5月8日)

 
秋元札幌市長との面談 

 5月2日に札幌市長に就任された秋元市長が来庁されました。
 私からは、道と札幌市とが、様々な分野で連携を進めるため、まずは、北海道と札幌市の懇談会の早期開催、観光振興での連携、冬季オリンピック・パラリンピックの誘致に向けた協議体の設置についてお話させていただき、秋元市長のご賛同をいただきました。
 今後、札幌市との協議を進め、具体化に取り組んでまいります。

 春の叙勲伝達式
(平成27年5月8日)

 
春の叙勲伝達式 

 この春、北海道から、232名の方々が叙勲を、35名の方々が褒章を受章されました。本道発展の大きな礎を築いてこられた皆様の受章は、私たち道民にとって大きな誇りです。
 受章された皆様のこれまでのご努力とご功績に対して改めて敬意を表するとともに、ふるさと北海道の発展のため、今後ともお力添えをお願いいたします。

 

 
【平成27年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る