スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2014年12月)


最終更新日:2018年11月12日(月)


はるみ知事が動く(2014年12月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事
   
 

 職員に向けての仕事納め挨拶
(平成26年12月26日)

 
仕事納め挨拶 

 今年は、経済や暮らしに大きな影響を与えた大雨や暴風雪といった自然災害や、人口減少問題や消費税率の引き上げに加えて電気料金の再値上げなどへの対策など、様々な課題に取り組みました。
 一方、アジアを中心に外国人来道者数の大幅な増加、本道の優位性に着目した道外からの企業や工場の進出などのほか、北海道新幹線の開業に向けたレール締結式や試験走行の開始など、北海道を元気にする明るい動きが見られました。
 来年も「道民の皆様のために何ができるのか」ということを基本に、道庁一丸となって本道の未来づくりに向けて取り組んでまいります。
                 <知事あいさつ全文へ>

炭鉱技術の海外移転の推進に関する要望
農業農村整備事業予算の確保に関する要望
(平成26年12月25日)

 
二階自民党総務会長への要請 

 二階 自民党総務会長に、釧路市にある国内唯一の坑内掘り石炭採掘会社 釧路コールマイン株式会社で実施している採炭技術の継承推進や炭鉱技術の海外移転に係る研修事業の充実について要請しました。
 また、農業者など地域からも多くの要望が寄せられている農業農村整備事業予算に関し、補正予算などを含め必要な予算総額の確保について要請しました。

 国の補正予算編成などに向けた提案・要望
(平成26年12月25日)

 
町村衆議員議長への要請   伊達参議院自民党幹事長への要請

 町村 衆議院議長への要望

  伊達 参議院自民党幹事長への要望

 町村 衆議院議長、伊達 参議院自民党幹事長に対し、実効ある補正予算編成に向けて、電気料金の再値上げや円安の影響による燃油や原材料価格の上昇に対応した経済対策、地方創生や人口減少対策への総合的な施策の推進、平成27年度当初予算編成での北海道開発予算等の総額確保などについて、提案と要望を行いました。

 北海道新幹線建設促進期成会による中央要請
(平成26年12月25日)

 
 町村衆議員議長への要請  伊達参議院自民党幹事長への要請  稲津衆議院議員、横山参議院議員への要請

 町村 衆議院議長

 伊達 参議院自民党幹事長

 稲津 衆議院議員、横山 参議院議員

 北海道新幹線建設促進期成会として、町村 衆議院議長、伊達 参議院自民党幹事長、稲津 衆議院議員、横山 参議院議員に対し、平成27年度末に予定されている北海道新幹線の早期開業と、「新函館北斗-札幌」間の建設工期の5年短縮について要請を行いました。

 北海道産もち米の鏡もちの贈呈
(平成26年12月24日)

 
 鏡もち贈呈  北海道もち米団地農協連絡協議会の皆様から、道産新品種のもち米「きたふくもち」で作られた立派な鏡もちをいただき、道庁1階ロビーに飾らせていただきました。
 本道は作付面積、収穫量ともに全国一のもち米の産地であり、その品質とおいしさが高く評価されています。
 今後も、多くの皆様に安全で安心な道産もち米のおいしさを知っていただき、北海道米のブランド力が一層高まるよう積極的にPRしてまいります。

 人口減少問題への対応に係る経済関係団体との意見交換
(平成26年12月24日)

 
人口減少問題意見交換(経済) 

 人口減少問題に関し、今回は、北海道経済連合会、北海道商工会議所連合会、北海道商工会連合会の皆様からご意見を伺いました。
 安定した収入を得られる働く場の確保や、仕事と子育ての両立できる環境づくりなど、本道の強みを活かした産業と雇用の場づくりに向けて、経済関係団体の方々と一層連携した取組を進めてまいります。

 人口減少問題への対応に係る医療・福祉関係団体との意見交換
(平成26年12月22日)

 
人口減少問題意見交換(医療・福祉) 

 人口減少問題への対応は、道政の最重要課題の一つであることから、医療や福祉の最前線でこの問題でご活躍されている北海道医師会、北海道社会福祉協議会の皆様からご意見を伺いました。
 道では、道民の皆様が安心して住み続けたいと思える生活環境の充実を図るため、医療や福祉サービスの確保に向けて、関係団体の方々と一層連携した取組を進めてまいります。

 暴風雪等による被害状況調査
~根室市・別海町・厚岸町~
(平成26年12月21日)

 
 別海町の被害状況聞き取り  住宅浸水被害状況視察

 被害状況の聞き取り(別海町)

 被害状況調査(別海町)

 根室市の被害状況聞き取り  根室市浸水被害状況視察

 被害状況の聞き取り(根室市)

 被害状況調査(根室市)

 倒壊牛舎視察  厚岸町での被害状況聞き取り

 被害状況調査(根室市)

 被害状況の聞き取り(厚岸町)

 12月16日から18日にかけての暴風雪と高潮により、道内では大きな被害を受けました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我や住宅の損壊などの被害に遭われた方々に、心からお見舞いを申し上げます。
 被害を受けた根室管内(根室市・別海町)と釧路管内(厚岸町)を訪問し、長谷川 根室市長や水沼 別海町長、若狭 厚岸町長や川崎 厚岸漁協組合長から被害状況を伺い、高潮による浸水被害にあった住宅、商店街や水産関係施設、暴風雪により倒壊した牛舎などの現場を確認しました。
 道としては、防災・減災対策に万全を期すとともに、被災された地域の皆様が、一日でも早く日常生活を取り戻すことができるよう、関係機関と連携して、復旧と復興に全力で取り組んでまいります。

 防災・減災対策推進本部員会議
(平成26年12月19日)

 
防災・減災対策推進本部会議 

 12月16日から18日にかけての暴風雪と高潮による被害状況の全庁的な認識の共有を図るとともに、今後の対応などについて検討するため、緊急に防災・減災対策推進本部員会議を開催しました。
 産業被害など被害状況の早急な全体把握や、被災した市町村への速やかな復旧支援、また、今回の災害対応での新たな課題などの把握を進めるようよう指示しました。
 道では、市町村や関係機関との連携を一層密にし、防災・減災対策に努めてまいります。

 平成26年 北海道功労賞贈呈式
(平成26年12月16日)

 
北海道功労賞贈呈式 

 本道の経済、社会、文化等の発展に貢献いただいた皆様に、北海道功労賞を贈呈しました。
 本年度は、本道における国際貢献と海外との民間交流の推進に寄与された、金井昭雄様、全道の漁業関係者のリーダーとして北海道漁業の発展に尽力された、櫻庭武弘様、北海道内の林業及び木材産業の発展に貢献された、林正博様の3名が受賞され、これまでのご功績に深く敬意を表しますとともに、心から感謝を申し上げます。

 第6回 日・ニュージーランド会議
(平成26年12月16日)

 
日・ニュージーランド会議 

 シンクレア 駐日ニュージーランド特命全権大使がご来道されて開催された「日・ニュージーランド会議」に出席しました。
 本道は、第一次産業を基幹産業とするなど、ニュージーランドとの共通点も多く、本年7月には「ニュージーランド・北海道酪農協力プロジェクト」が開始され、ニュージーランドの先進的な集約放牧などに関する技術交流も始まりました。
 今回の会議をきっかけとして、本道の酪農をはじめとする「食・農業分野」がより一層発展するとともに、本道とニュージーランドとの交流が広がることを期待しています。 

 岩見沢農業高等学校園芸植物展示会
(平成26年12月11日)

 
岩見沢農業高校園芸植物展示会 

 岩見沢農業高校の生徒の皆さんが、丹精込めて育ててきたポインセチアやシクラメンを展示・販売する「園芸植物展示会」。13回目となった今年は、札幌市の上田市長と一緒に展示会を拝見しました。
 赤やピンクの色鮮やかな花々で華やかな雰囲気に包まれた道庁ロビーは、この展示会を楽しみにしていた多くのお客様で賑わっていました。

 地域訪問~北斗市~
(平成26年12月4日)

  
 北斗市各種団体の皆様との懇談  新函館北斗駅等視察

 北斗市の各種団体の皆様との懇談

 新函館北斗駅・新車両「H5系」視察

 北斗市を訪問し、地元商工会や農林水産業等の様々な分野で活動されている皆様にお会いして、北海道新幹線開業を地域の活性化に繋げていくための取組や今後への提案などについてお話を伺いました。
 また、完成が近づきつつある北海道新幹線「新函館北斗駅」や、新車両「H5系」を間近で拝見し、2016年3月の新幹線時代の到来を改めて実感しました。

 

 
【平成26年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る