スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2014年10月)


最終更新日:2018年11月12日(月)


はるみ知事が動く(2014年10月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事
   
 

 公益財団函館地域産業振興財団設立30周年記念祝賀会
(平成26年10月31日)

 
函館産業振興財団設立30周年   函館市で開催された、函館地域産業振興財団設立30周年記念祝賀会に出席しました。
 同財団は、管内企業だけでなく、全道の企業の新規事業展開や新商品の開発などを支援されており、特に、産学官が連携した函館地域マリンバイオクラスター事業では、事業の中核機関として、道南地域の経済活性化に大きな役割を果たされています。
 道では、同財団との一層の連携を図り、ものづくり産業や食産業の振興に努めてまいります。

 学園法人酪農学園との包括連携協定締結式
(平成26年10月30日)

 
酪農学園との包括連携調印式   学校法人酪農学園様と包括連携協定を締結させていただきました。
 酪農学園様は、酪農を中心とした農学の研究・教育を行うなど、本道農業・農村の発展に大きな役割を果たされています。
 今回の協定によって、食産業の振興や人材育成、環境との調和などについて、これまで以上に連携の幅を広げた協働の取組が進められることを期待しています。

 平成26年度産業競争力協議会
(平成26年10月30日)

 
北海道産業競争力協議会   第4回目となる北海道産業競争力協議会が開催されました。
 今回は、本年3月にとりまとめた産業競争力強化に向けた具体的な取組について、関係機関の方々から進捗状況を報告いただくとともに、意見交換を行いました。
 道からは、活力ある北海道の未来を築いていくために、本道の産業構造を踏まえ、女性の活躍を一層推進することが重要であるとの意見を述べました。
 本道経済の着実な成長を図るために、各地域が持つ資源を活かし、関係機関の皆様と連携した取組を進めてまいります。 

 胆振管内(白老町)訪問
(平成26年10月29日)

 
しいたけ生産施設視察  しいたけ生産施設視察2 
 平成26年9月10日の大雨による白老町の飛生(とびう)川氾濫により、しいたけ生産ハウスの倒壊など大きな被害を受けた、有限会社フォーレ白老様の生産施設の復旧状況を視察しました。
 道では、こうした災害が繰り返されないよう、白老町と連携して、災害対策に努めてまいります。

女子野球ワールドカップ日本代表
志村亜貴子選手・金由紀子選手への「栄誉賞」贈呈式
(平成26年10月29日)

 
女子野球日本代表選手への栄誉賞贈呈   女子野球ワールドカップ4連覇を達成された、志村選手、金(こん)選手へ「栄誉賞」をお贈りしました。
 志村選手は、女子野球日本代表の主将としてリーダーシップを発揮され、金選手は、卓越した経験と熟練の技術で、女子野球の躍進を支えてこられました。
 お二人には、今後も女子野球の日本代表として活躍され、2年後のワールドカップでは、5連覇を成し遂げていただくことを期待しています。

 北海道日中友好協会50周年記念講演会
(平成26年10月28日)

 
北海道日中友好協会創立50周年記念   北海道日中友好協会50周年を記念する程永華(ていえいか)駐日中国大使の講演会に出席しました。
 北海道日中友好協会の皆様は、本道における中国との民間交流団体の先駆者として、文化交流や留学生支援など幅広い事業に取り組まれており、本道と中国との友好親善に大きなご貢献をいただいています。
 道では、これまで築き上げてきた中国との信頼関係を礎として、今後も中国の方々との相互理解を深め、様々な交流を展開してまいります。

 第9回ほくとうトップセミナー
(平成26年10月28日)

 
ほくとうトップセミナー 

 ほくとうトップセミナーに出席し、講師の大西 日本学術会議会長から「人口減少時代における地域づくりの課題と展望」のお話を伺った後、意見交換を行いました。
 道からは、人口減少の進行緩和や、地域に生じる様々な課題への取組についてご説明しました。

 平成26年度 北海道東北地方知事会議
(平成26年10月27日)

 
北海道東北地方知事会議   北海道東北地方知事会議では、毎年度、北海道と東北7県の知事が一堂に会し、地域の課題や国への提言事項について議論しています。
 今年度は本道で開催し、「東日本大震災からの復興、人口減少問題対策」をテーマに、各道県の取組について意見交換を行ったほか、土砂災害対策の推進や整備新幹線の建設促進などについて、国への提言を取りまとめました。
 また、道からは、北方領土返還に係る機運醸成の取組と、平成27年度末に予定されている北海道新幹線の開業に向けた取組への、東北各県の皆様のご協力をお願いしました。 

 北海道米販売拡大委員会の皆様
~平成26年産北海道米のPR~
(平成26年10月24日)

 
北海道米PR 

 北海道米販売拡大委員会の内田委員長とミス北海道米が、平成26年産北海道米のPRにお越しになりました。
 実りの秋となり今年も、おいしい新米を味わえる時期を迎えました。道では、同委員会をはじめ、関係者の皆様と連携して、道産米の需要拡大に取り組んでおり、今後も、「ゆめぴりか」や「ななつぼし」をはじめ、生産者が丹精を込めて育てたおいしい北海道米を、多くの皆さんに召し上がっていただきたいと願っています。

 日本航空株式会社 植木代表取締役社長との面談
(平成26年10月24日)

 
JAL植木社長との面談 

 日本航空株式会社(JAL)の植木代表取締役社長が来庁され、北海道エアシステム(HAC)のJALグループ化に関する報告をいただきました。
 広大な北海道において、航空ネットワークは重要な交通手段であり、今後とも、HACには離島路線を堅持するとともに、現行路線を維持していただくよう要請しました。
 道では、HACが道内ネットワークの担い手として、引き続き社会的責務を果たすことを期待しています。

 春秋航空による「新千歳-上海」線 定期便の就航PR
(平成26年10月24日)

 
春秋航空「新千歳・上海線」就航PR 

 「新千歳-上海」間の定期便が、本年10月26日から就航する、春秋グループの春秋航空日本株式会社の皆様がお越しになりました。
 中国から本道への観光客数が、近年、大きく増加している中、さらにLCC(格安航空会社)である春秋航空が就航することで、中国からのお客様にとっても、道民の皆様にとっても、旅行の際の利便性が高まることとなります。
今後、中国と北海道との間を気軽に行き来する方々が、より一層増えることを期待しています。 

 平成26年度北海道原子力防災訓練
(平成26年10月24日)

 
原子力防災訓練 

 過去最多となる約1万1千人の皆様にご参加いただき、後志管内13町村や自衛隊、警察、消防など多くの関係機関・団体とともに、平成26年度北海道原子力防災訓練を実施しました。
 本年は、泊発電所から5km圏内の要配慮者の方々に30km圏外への避難を体験していただきました。また、渋滞予測箇所における迂回路への誘導、避難車両のスクリーニングや除染手順の確認などを行いました。 
 今後も、こうした訓練などを通じて、道民の皆様に防災に関する理解を深めていただくため、道と関係機関が連携して努めてまいります。

じゃがいも焼酎「北海道清里」のリニューアルPR
(平成26年10月23日)

 
櫛引 清里町長 

 日本初のじゃがいも焼酎が清里町で誕生してから40年を迎え、銘柄を「北海道清里」に統一し、ボトルのデザインも一変するなど、リニューアルしたじゃがいも焼酎のPRに、櫛引 清里町長が来庁されました。
 町の特産品であるじゃがいもと斜里岳の清らかな湧き水を使用したじゃがいも焼酎は、農業や観光などとともに、地域自慢の一品として、今後も国内外で末永く愛されることを期待しています。

第1回北海道人口減少問題対策本部
(平成26年10月23日)

 
人口減少問題対策本部 

 人口減少が急速に進む中、道庁各部局が連携し、人口減少問題への総合的な企画や推進を図り、持続的な地域社会の実現を目指すことを目的に、北海道人口減少問題対策本部を設置し、取組指針の骨子を提示しました。
 今後、広域分散型で農山漁村が多いなど、北海道の特性を踏まえた独自の対策を打ち出すため、市町村との情報や課題の共有に努め、具体的な検討を進めてまいります。

レバンガ北海道への観光大使就任式
(平成26年10月22日)

 
レバンガ北海道への観光大使就任 

 プロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」の皆様に北海道観光大使に就任いただきました。
 レバンガ北海道の皆様には、観光大使として、道外の試合会場における北海道の観光PRや、様々なイベントで、本道の魅力を広く発信していく際にご協力いただけることになりました。
 新しいシーズンが始まり、プレーオフ進出をめざして、チームの健闘を道民の皆様とともに応援しています。

 蘭越町の皆様
~平成26年産「スーパーらんこし米」PR~
(平成26年10月22日)

 
蘭越町の皆様 

 宮谷内町長をはじめ蘭越町の皆様が、平成26年産「スーパーらんこし米」のPRに来庁されました。
 「スーパーらんこし米」は、高品質で大変おいしいお米と評判の「らんこし米」の中でも、低タンパクなどのより厳しい基準を満たす厳選されたお米です。
 生産者の皆様の熱意と努力の賜物であるおいしい蘭越のお米を、今年も多くの皆様に召し上がっていただきたいと思います。

第1回「北の輝く女性応援会議」
(平成26年10月21日)

 
北の輝く女性応援会議 

 女性の能力が十分発揮される地域社会づくりと女性の活躍を支援する気運を醸成するため、「北の輝く女性応援会議」を開催しました。
今回は、会議を構成する団体等の皆様から、女性の活躍支援への取組状況などを伺うとともに、意見交換を行いました。
 道では、活力ある北海道の未来を築いていくために、本道の産業構造や社会背景を踏まえた女性の活躍支援、男女共同参画の一層の推進に努めてまいります。

中国で活躍する北海道関係者の皆様との意見交換会
(平成26年10月19日)

 
北海道関係者の皆様との意見交換会 

 中国で活躍されている北海道にゆかりのある方々とお会いして、意見交換を行いました。
 現地でご活躍されている方々ならではの貴重な情報や、中国の若者を中心に、北海道ブランドが高い評価をされているとのお話などを伺いました。
 こうした、北海道の持つ高いブランド力を、中国との友好の輪を広げる取組に一層活かしてまいります。 

 北海道プレゼンテーション
(平成26年10月19日)

 
北海道プレゼンテーション 

 中国・北京市で、日本語を学ぶ大学生の方々などに、「北海道と中国の絆」をテーマに講演を行いました。
 これまで中国と北海道が築いてきた友好の取組や、中国国内で稲作技術の改良に努めた故・原正市氏(元北海道職員)などの先人の活動、1986年に友好提携がなされた黒竜江省との交流の深まりなどをお伝えしました。
 今回のプレゼンテーションをきっかけとして、先人達の努力により築かれてきた中国と北海道との絆が一層深まり、参加された中国の若者達が、両地域の架け橋となってくれることを期待しています。 

 唐家璇(とうかせん)中日友好協会会長との会談
(平成26年10月18日)

 
唐家璇 中日友好協会会長との面談 

 中国・唐家璇 中日友好協会会長にお会いしました。
 今回の会談により、北海道と友好提携関係の黒竜江省をはじめとする中国との地域間交流について、友好の信念を大切にし、互恵協力を堅持しながら草の根の交流を着実に拡大していくことについて、確認し合ってまいりました。
 今後も中国の方々との相互理解を深め、経済・文化をはじめとする様々な分野の交流を展開していまいります。 

 一般財団法人日中経済協会北京事務所 訪問
(平成26年10月18日)

 
日中経済協会北京事務所訪問 

 一般財団法人日中経済協会の北京事務所を訪問しました。
 中国との経済交流のスペシャリストである日中経済協会の皆様には、日頃から本道と中国との交流促進に関する情報の収集や発信、さらに中国企業の紹介など様々なご支援をいただいています。
 道としては、友好交流関係を深めるとともに、経済交流を活発に展開するなど、幅広い分野において、中国との地域間交流に取り組んでまいります。

 一般社団法人釧路建設業協会創立100周年記念式典業協会
(平成26年10月17日)

 
釧路建設業協会100周年 

 一般社団法人釧路建設業協会の皆様には、釧路・根室管内の産業・経済・暮らしなど様々な分野において、100年にわたり本道の社会資本の整備や充実に大きな役割を果たしていただいています。
 広大な北海道では、国際バルク戦略港湾の釧路港をはじめ、高規格幹線道路の整備や防災対策の推進など、社会資本整備が大変重要であることから、今後も効果的な取組を進めてまいります。 

ゆめぴりか・ななつぼし新米発表会
(平成26年10月16日)

 
新米発表会 

 東京都内で開催された「ゆめぴりか・ななつぼし新米発表会」に出席しました。
 北海道米を全国にPRするため、昨年に引き続き、「ななつぼし」ファンのマツコ・デラックスさんにCM出演していただきます。
 北海道米の最高級ブランド「ゆめぴりか」や「ななつぼし」をはじめ、生産者の方々のお米作りへの情熱と本道の豊かな自然環境が育んだ、美味しく、安全・安心な北海道米が、多くの皆様にご賞味いただければ幸いです。

平成26年度北海道防災総合訓練
(平成26年10月15日)

 
総合防災訓練視察   総合防災訓練視察2

 約13万人に登録いただいたシェイクアウト訓練や、実働訓練に多くの皆様のご参加のもと、平成26年度の北海道防災総合訓練を実施しました。
 訓練のモデル市町村である檜山管内江差町及び渡島管内松前町では、避難所運営訓練、関係機関と連携して実施した炊き出し訓練や避難所運営支援訓練等を視察しました。
 様々な訓練を通じて、道民の皆様に防災への意識を高めていただくとともに、道と関係機関との連携を一層強めてまいります。

 地域訪問~森町~
(平成26年10月14日)

 
 地熱発電施設視察  トマト栽培施設視察

 発電施設 視察

  園芸ハウス 視察

 森町にある本道唯一の地熱発電所である北海道電力株式会社森地熱発電所を訪問しました。
 発電施設のほか、森町が所有する熱交換施設、地元の農家の方が、発電後の温水を利用してトマト等を栽培している園芸ハウスを視察しました。
 本道が地熱資源に恵まれていることを改めて実感するとともに、地熱をはじめとする新エネルギーの導入促進に取り組んでまいります。

地域訪問~芽室町~
(平成26年10月11日)

 
大野ファーム様視察   大野ファーム様視察2

 農業生産法人(株)大野ファーム様 訪問

 芽室町の農業生産法人(株)大野ファーム様を訪問しました。
 自社一貫飼育を行っている牛舎や、牛舎の間を有効活用した太陽光発電所「CowCowソーラー」、食品加工場に併設し、広大な農村景観が人気のカフェ「CowCow village」を視察しました。

国際ロータリー第2500地区
2014~2015年度地区大会
(平成26年10月11日)

 
国際ロータリー第2500地区・地区大会 

 帯広市で開催された、国際ロータリー第2500地区2014~2015年度地区大会に出席しました。
 国際ロータリークラブの皆様には、日頃から青少年の健全育成や環境保全活動などの取組を通じ、地域の発展にご尽力いただいています。
 人口減少など社会を取り巻く環境が大きく変化する中、道では、地域の個性が輝き、元気な北海道を築いていくため、安全・安心を実感できる地域社会を目指して、自主防災組織の育成や子育て支援の充実などに取り組んでまいります。

まち・ひと・しごと創生本部 基本政策検討チーム ヒアリング
(平成26年10月10日)

 
まち・ひと・しごとヒアリング 

 人口急減や超高齢化という大きな課題に対し、各地域がそれぞれの特徴を活かして自律的で持続的な社会を創生できるよう、本年9月に設置された「まち・ひと・しごと創生本部」の基本政策検討チームのヒアリングに出席しました。
 人口減少の進行を緩和するためには、各地域において、一次産業や観光といった基盤となる産業の振興や安定した就業の場の確保が重要であり、こうした視点での取組の検討を進めてまいります。

 クールHOKKAIDOネットワーク・キックオフミーティング・交流会
(平成26年10月9日)

 
クールHOKKAIDOキックオフミーティング 

 本道の自然や文化などの多様な魅力や強みを丸ごと世界に発信し、輸出や誘客の拡大に結びつける取組をオール北海道で推進する「クールHOKKAIDOネットワーク」のキックオフミーティングを開催しました。
 昨年度の外国人観光客は、初めて100万人を超え、本道からの輸出額も過去最高を記録。また、本道関連企業の海外進出も急増しています。
 このネットワークが、海外への挑戦気運の醸成と新たな連携によるプロジェクトを創出する機会となることを期待しています。

第15回北海道法人会女性部会全道大会
(平成26年10月9日)

 
北海道法人会女性部会 

 北海道法人会女性部会全道大会に出席しました。
 北海道法人会女性部会の皆様には、日頃から、地域経済の活性化や、租税教育の啓発活動などに積極的に取り組んでいただいています。
 道では、地域経済の強化や企業の経営安定のため、食や観光など本道の資源を活かした取組、企業の経営改善支援や相談窓口の設置など、更なる追加経済対策を進め、地域の活性化につながるよう努めてまいります。 

 女性の活躍懇話会
(平成26年10月8日)

 
女性の活躍懇話会 

 道内各地の様々な分野で活躍されている女性の方々や、女性のワーク・ライフ・バランスに積極的に取り組まれている企業の方にお集まりいただき、「女性の活躍懇話会」を開催しました。
 懇話会では、皆様の活動の状況や女性の活躍を促進するための課題などについて、ご意見を伺いました。
 道では、女性のライフステージに対応した活躍を支援する新たな全道ネットワーク「女性の元気応援ネット」を構築するなど、本道ならではの取組を進めてまいります。

岩見沢日中友好協会の皆様などとの懇談
(平成26年10月8日)

 
岩見沢日中友好協会の皆様 

 1982年から20年間、中国で稲作技術の普及指導に取り組まれた、元道職員の故 原正市氏と縁のある岩見沢日中友好協会の皆様やご令嬢と懇談し、岩見沢農業高校に建立されている原氏の胸像を視察しました。
 農業指導などを通じて中国の人々と心の交流を重ねられた原氏の功績が、中国と北海道の若者達に語り継がれることで、中国と本道との絆が一層深まることを期待しています。

男女共同参画会議
(平成26年10月6日)

 
男女共同参画会議 

 国の重要政策に関する会議の一つである男女共同参画会議に出席しました。
 これまで道内各地で活躍されている女性の方々にお会いする中で、女性の力が地域の活力に大変重要であるとの思いを強く感じています。
 今後、政府による男女共同参画基本計画の改定や、女性の活躍推進に向けた新たな法的枠組みの構築が進められるに当たり、委員として、道内の地域の実情や特性などを踏まえた提言を行ってまいります。 

 北海道渡島管内商工会女性部連合会 結成40周年記念式典
(平成26年10月5日)

 
渡島商工会女性部結成40周年記念式典 

 函館市で開催された、北海道渡島管内商工会女性部連合会の結成40周年記念式典に出席しました。
 渡島商工会女性部連合会の皆様は、地域経済の活性化や、社会福祉など幅広い分野での地域振興に、地域のリーダーとしてご尽力いただいています。
 国では、女性の活躍を成長戦略の柱の一つとして、女性の登用や働きやすい環境整備などの取組が掲げられており、道としても、女性が一層活躍できる地域づくりに向けて、意識改革や気運の醸成を進めてまいります。 

地域訪問~函館市・七飯町~
(平成26年10月5日)

 
 渡島商工会女性部連合会の皆様  ラッキーピエロ峠下総本店訪問

 渡島管内商工会女性部連合会の皆様との懇談

 (有)ラッキーピエログループ峠下総本店 訪問

 渡島総合振興局管内を訪問しました。
 函館市では、渡島管内商工会女性部連合会の皆様とお会いして、北海道新幹線開業と地域おこしを結びつけて活動されている様子などを伺い、大変心強く、元気をいただきました。
 七飯町では、本年9月に、北海道新幹線開業PR等に関する包括連携協定を締結している(有)ラッキーピエログループの峠下総本店を訪問し、北海道新幹線開業に向けて、道南地域を盛り上げる取組などについて懇談しました。

国際ロータリー第2510地区
2014~2015年度地区大会
(平成26年10月5日)

 
国際ロータリー地区大会 

 国際ロータリー第2510地区2014~2015年度地区大会に出席しました。
 国際ロータリークラブの皆様には、日頃から青少年の健全育成や植樹などの様々な奉仕活動を行われ、地域の発展にご尽力いただいています。
 道では、地域の方々がともに支え合いながら、安全・安心を実感できる地域社会を目指して、自主防災組織の育成や子育て支援の充実などに取り組んでまいります。

道庁本庁舎アイヌ工芸品常設展示 除幕式
(平成26年10月3日)

 
アイヌ工芸品常設展示除幕式 

 道庁本庁舎1階ロビーに常設するアイヌ工芸品の展示除幕式を開催しました。
 今回の常設展示では、アイヌ文化振興・研究推進機構にご協力いただき、道内初の伝統的工芸品として指定された、二風谷のアットゥシ(反物)やイタ(お盆)などのアイヌ工芸品を展示し、アイヌ文化の発信に努めてまいります。
 道では、企業や大学などと連携し、アイヌ語のあいさつ「イランカラテ」を本道のおもてなしの言葉とするキャンペーンも展開しており、これからもあらゆる機会を捉えて、アイヌ文化の振興と理解促進に向けた取組を進めてまいります。

瞳みのる氏への北海道観光大使就任式
(平成26年10月3日)

    
瞳氏への北海道観光大使就任式 

 ザ・タイガースのドラマーとして活躍され、北海道に縁の深い瞳みのる様に、「北海道観光大使」に就任していただきました。 
 瞳様には、ザ・タイガースの名曲「花の首飾り」の作詞者が、渡島管内八雲町の高校生であったことをきっかけに、9月27日に八雲町で「花の首飾り」まちづくりコンサートを開催されるなど、すでに地域の観光振興やまちづくりにご協力いただいています。
 今後は「北海道観光大使」として、道内外はもとより中国でも北海道をPRしていただくことを期待しています。

 
 

 
【平成26年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る