スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2014年3月)


最終更新日:2018年11月12日(月)


はるみ知事が動く(2014年3月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事
   
 

 奈井江町の農業後継者の皆様
(平成26年3月31日)

 
奈井江町農業後継者の皆様   奈井江町で新たに就農された農業後継者の皆様がお越しになりました。
 本道の農業・農村で農業従事者の減少や高齢化などが進む中、担い手の育成・確保は最大の課題です。
 道としては、意欲あふれる若手農業者の方々に、優れた農業経営者になっていただくとともに、地域のリーダーとして活躍していただけるよう支援してまいります。

 ソチオリンピック日本代表選手の健闘を祝う会
(平成26年3月28日)

 
ソチオリンピック選手健闘を祝う会 

 ソチオリンピックに出場された北海道にゆかりのあるスキー選手の健闘を祝う会に出席しました。
 選手の皆様は、とても晴れやかな表情をされていて、オリンピックを経験したことで、何か大きなものを得られたことが伝わってきました。  
 今シーズンの選手の皆様の輝かしい活躍は、我々道民の誇りとして、永く記憶に残るものです。
 選手の皆様からいただいた夢と感動に改めて感謝し、今後ますますのご活躍を応援しています。
 

 北海道省エネルギー・新エネルギー施策推進会議
(平成26年3月28日)

 
省エネルギー・新エネルギー施策推進会議 

 北海道省エネルギー・新エネルギー施策推進会議を開催し、「新エネルギー導入拡大に向けた基本方向」を取りまとめました。
 本基本方向では、地域におけるエネルギーの地産地消の取組拡大や新エネルギー導入などの目標を明示しました。
 道としては、地域や企業の皆様とこれまで以上に力を合わせ、新エネルギーの導入拡大を図ってまいります。

 第2回北海道新幹線開業戦略推進会議
(平成26年3月28日)

 
北海道新幹線開業戦略推進会議 

 第2回北海道新幹線開業戦略推進会議を開催しました。
 2年後に迫った新幹線開業は、本道の活性化にとって大きなチャンスであり、その効果を全道に大きく広げていくため、多くの皆様が一体となって、気運の醸成や二次交通ネットワークの整備などに取り組んでいます。
 今後も各地域において創意工夫をこらした取組で、開業に向けた気運が大きく盛り上がっていくよう、道としても、カウントダウンプログラムを着実に進めてまいります。
 

 北海道防災会議
(平成26年3月28日)

 
北海道防災会議 

 北海道防災会議を開催し、「北海道地域防災計画」の修正や「北海道防災総合訓練」などについて協議しました。
 東日本大震災以降、国では、災害対策法制や各種制度などが大きく見直され、道でも、大規模災害に備えるという視点から「北海道防災対策基本条例」を改正しました。
 引き続き、災害による教訓をしっかりと後世に伝えるとともに、防災教育をはじめとする様々な防災・減災対策に取り組んでまいります。

 「災害時の応援に関する協定」締結式
(平成26年3月28日)

 
災害時応援に関する協定 

 北海道財務局、北海道市長会及び北海道町村会と道とで、災害時の応援に関する協定を締結しました。
 この度の協定により、大規模な災害が発生した際には、北海道財務局から避難施設の運営や支援物資の受付など、様々な応援をいただけるようになりました。
 この取組を契機として、道では、今後とも道民の皆様が安心して暮らせる「災害に強い地域づくり」に取り組んでまいります。

  第18回北海道医療対策協議会
(平成26年3月27日)

 
医療対策協議会 

 北海道医療対策協議会を開催し、地域医療の確保に関する課題について協議しました。
 道では、総合診療医の定着に向けたモデル事業など、医療関係者の方々との連携により、地域医療の確保に全力で取り組むとともに、国に対しても医師確保に関する制度の見直しなどに関する要望を行ってまいります。 

 芸術・文化に関する懇談会
(平成26年3月26日)

 
芸術・文化に関する懇談会 

  道内の音楽、演劇、陶芸や美術の分野で活躍されている皆様から、芸術・文化の奥深さや今後の取組などについてお話を伺いました。
 心豊かに暮らせる北海道づくりを目指し、一人でも多くの道民の皆様が芸術に触れることができるよう、更なる文化振興に努めてまいります。

 道の行財政改革に関する有識者懇談会
(平成26年3月26日)

 
行財政改革懇談会 

 道が、持続可能な行財政構造の確立に向けて、平成18年から取り組んできた事柄と成果について、有識者の皆様からご意見等をいただく懇談会を開催しました。
 道では、いただいた貴重なご意見等を、今後の行財政改革の推進に活かし、将来を見据えた揺るぎない経済と財政の基盤をしっかりと作り上げてまいります。
 

 ソチオリンピックメダリスト(スキージャンプ)への「栄誉賞」贈呈式
(平成26年3月26日)

 
栄誉賞贈呈 

 ソチオリンピックスキージャンプでメダルを獲得され、日本中に大きな勇気と感動を与えてくれた、葛西紀明選手、伊東大貴選手、清水礼留飛選手に「栄誉賞」を贈らせていただきました。
 来シーズン、そして次のオリンピックに向けて、葛西選手には新たな伝説を打ち立てることを、伊東選手、清水選手には偉大な先輩を超えるご活躍を期待しています。
 

 第2回ものづくり関連団体代表者懇話会
(平成26年3月25日)

 
ものづくり懇話会 

 ものづくり関連団体代表者懇話会を開催しました。
 経済が緩やかに持ち直してきている中、本道経済をより力強いものとしていくためには、地域経済を牽引する「ものづくり産業」の振興が重要です。
 道では、自動車関連産業の集積促進や食関連産業との連携強化、女性のものづくり産業への参画促進などに、各ものづくり関連団体の皆様とともに取り組んでまいります。
 

 ソチオリンピック 女子カーリング日本代表
北海道銀行フォルティウスの皆様
(平成26年3月25日)

 
道銀フォルティウス 

 ソチオリンピック女子カーリング日本代表「北海道銀行フォルティウス」の皆様が、オリンピックの報告に来られました。
 世界の強豪国にも勝利するなど、女子カーリングとしては、長野オリンピックと並ぶ5位入賞という最高の成績でした。
 夢と感動を与えてくれたフォルティウスの来シーズンの更なるご活躍を期待しています。 

 北海道データセンター立地環境セミナー
(平成26年3月24日)

 
立地環境セミナー 

 北海道データセンター現地視察会の一環として、立地環境セミナーを開催しました。
 本道は他地域と比較して、大きな自然災害のリスクが少なく、バックアップ拠点の適地で、特に冷涼な気候や氷雪などを活かした、省エネ型のデータセンターの立地に適しています。
 道としては、今回のセミナーなどを通じて、北海道でのデータセンター立地の優位性について理解を深めていただき、多くの企業の皆様に、本道への立地をご検討いただくことを期待しています。 

 北海道子どもの未来づくり審議会(子ども部会)からの「建議書」の受領
(平成26年3月24日)

 
建議書の受領 

  道では、「北海道子どもの未来づくり審議会子ども部会」の皆様に、少子化対策の推進について、中高生の視点から話合いをしていただいています。
 今回、子ども委員代表の星 佳歩さんから、家庭や地域による子育て環境の充実などについての建議書をいただきました。
 北海道の将来を担う若い世代の皆様からいただいたご提案を、今後の少子化対策に活かしていきたいと思います。

 北海道雇用創出推進会議
(平成26年3月24日)

 
雇用創出推進会議 

 北海道雇用創出推進会議を開催しました。
本道の雇用状況は、改善傾向が続いていますが、全国との比較では、依然として厳しい状況にあります。
 今後とも、産業政策と雇用対策の一体的な取組や「地域経済の好循環につなげるための推進方針」に基づく取組など、経済界・労働界の皆様と連携して、雇用の場の拡大と質の向上に取り組んでまいります。 

 北海道経済・雇用対策推進本部員会議
(平成26年3月20日)

 
北海道経済・雇用対策推進本部員会議   今回開催した北海道経済・雇用対策推進本部員会議では、本年4月からの消費税率引き上げなどによる本道経済への影響を緩和し、道内各地域の経済活性化につなげていくため、「地域経済の好循環につなげるための推進方針」などを決定しました。
 道では、この推進方針などに基づき、中小企業者の皆様などに対する受注機会の確保や雇用創出のため、国や市町村、関係団体と十分に連携しながら、スピード感を持った取組を進めてまいります。 

 第3回北海道産業競争力協議会
(平成26年3月19日)

 
第3回産業競争力協議会   第3回北海道産業競争力協議会を開催しました。
 これまでの議論や道内各地域での意見交換会を通じ、今後、力を入れて伸ばすべき産業分野として、「食」と「観光」を位置づけた「北海道産業競争力強化戦略」を取りまとめました。
 また、国が見直しを予定している日本再興戦略の中に、「食」と「観光」が成長分野として位置づけられ、必要な施策展開がされるよう、全国知事会とも連携して国に対し提案してまいります。

 第6回日露投資フォーラム
(平成26年3月19日)

 
日ロ投資フォーラム   第6回日露投資フォーラムに出席しました。
 北海道とロシア極東地域は、20年以上にわたり行政関係者や企業の方々が相互に訪問し、経済など様々な分野で交流の基盤づくりに取り組んでいます。
 道としては、日露両国それぞれの地域をつなぐフロントランナーとして、経済交流や環境・エネルギーなどの課題解決に積極的に取り組むとともに、道内自治体や民間企業同士の交流を支えてまいります。 

 北海道大学病院陽子線治療センター開所式
(平成26年3月17日)

 
陽子線治療センター開所式   陽子線治療センター視察

 陽子線治療センター開所式

 陽子線治療センター視察

 北海道大学病院陽子線治療センター開所式に出席しました。
 このたび設置された陽子線治療装置は、北海道大学と(株)日立製作所の技術と知識を結集させた、世界で最先端の機能を備えています。
 本陽子線治療センターが、本道、そして我が国のがん治療の最前線で、より多くの人々の健康な生活を守るため、大きな役割を果たされることを期待しています。

  美瑛町アンテナショップ「丘のまち美瑛」、
「北海道どさんこプラザ有楽町店」訪問
(平成26年3月14日)

 
 丘のまち美瑛

 東京の美瑛町アンテナショップ「丘のまち美瑛」と「北海道どさんこプラザ有楽町店」を訪問しました。
 「丘のまち美瑛」では、美瑛町の四季折々の写真の中、新鮮な食材や加工品が販売されており、美瑛町の誇る食と美しい風景を発信しています。
 また「北海道どさんこプラザ」は、道産品販売による情報発信、道産品のテスト販売など、マーケティング支援機能も担っている本道のアンテナショップです。私が訪問したときも、たくさんのお客様で賑わっていました。
 

 美瑛町アンテナショップ「丘のまち美瑛」

 『映画 「銀の匙 Silver Spoon」×北海道十勝』ブックフェア視察
(平成26年3月14日)

 
ブックフェア視察 

 東京の三省堂書店有楽町店で開催されていた、『映画「銀の匙 Silver Spoon」×北海道十勝ブックフェア』を視察しました。
 今回のブックフェアでは、道と包括連携協定を結んでいる株式会社三省堂書店様と、北海道東宝株式会社様との協働で開催され、映画のPRを中心に、十勝地域の魅力PRや北海道の農業や農業高校の取組が紹介されていました。
 道としては、このような取組を通じて広く道内外の方に、映画の舞台である十勝や、本道農業の取組などへの理解を深めていただければ幸いです。 

  「栗谷川健一展~北海道をデザインした男~」鑑賞
(平成26年3月12日)

 
栗谷川健一展 

 北海道立近代美術館で3月23日まで開催されている、「栗谷川健一展~北海道をデザインした男~」を鑑賞しました。  
 栗谷川氏の作品は、北海道の自然と人間をモチーフに描かれ、色鮮やかで詩情豊かなものばかり。札幌オリンピックのポスターなど時代の息吹を感じられるものや、往時の北海道へのあこがれをかきたてるような作品です。 

 「総領事の視線・北海道」鑑賞
~駐札幌大韓民国総領事写真展~
(平成26年3月10日)

 
写真展鑑賞 

 駐札幌大韓民国総領事館 鄭煥星(チョン・ファンソン)総領事が、2012年の就任以来、富良野や美瑛など道内各地の風景を撮影した写真展が赤れんが庁舎で開催されました。
 40点あまりの作品は、どれも地域の情景を見事に切り取ったもので、こうした写真展を通じて、本道の魅力が道外、国外へ発信されていくことを期待しています。 

 春の甲子園大会での健闘を誓う
~駒澤大学付属苫小牧高等学校野球部の皆様~
(平成26年3月10日)

 
駒大苫小牧高校野球部の皆様 

  駒大苫小牧高校野球部は、平成16年に初めて北海道に夏の甲子園の優勝旗を持ち帰り、翌年からは連覇、準優勝をとげた強豪校。春の甲子園では9年ぶり3度目となる出場権を勝ち取られました。
 選手の皆様は、厳しい戦いを勝ち抜いた自信と、闘志に満ちたいい顔をされていました。甲子園の舞台では、はつらつとした全力プレーで道民の皆様の期待に応えてくれるのを楽しみにしています。

 自衛隊入隊予定者激励会
(平成26年3月10日)

 
自衛隊入隊予定者激励会 

 札幌地区の自衛隊入隊予定者激励会が開催されました。
 自衛隊の皆様は、平和と安全の維持はもちろんのこと、地域の安全・安心を守る上で、大変心強い存在であり、加えて地域づくりの一翼も担っていただいています。
 新しく自衛官になられる方々には、お一人おひとりが自衛官としての誇りを心に刻み、立派な自衛官として、また、次の世代を担う社会人として成長されることを期待しています。 

 北海道日本ハムファイターズ激励会
(平成26年3月3日)

  
日本ハムファイターズ激励会 

 北海道日本ハムファイターズ激励会に出席しました。
 今年のチームスローガンは、「前進せよ-トゥミコロクル-」。
(※「トゥミコロクル」とは、アイヌ語で「戦士」という意味です。)
 今年も勇猛果敢な戦いで、日本一目指して頑張っていただきたいと思います。ファンの皆様の熱い応援で、ファイターズを盛り上げましょう。  

 

 
【平成25年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る