スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2014年2月)


最終更新日:2018年11月12日(月)


はるみ知事が動く(2014年2月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事
   
 

 「ASEAN地域と本道との架け橋となる
人材育成に向けた取組に関する覚書」調印式
(平成26年2月25日)

 
覚書調印式    国立大学法人北海道大学様、株式会社北洋銀行様と、「ASEAN地域との架け橋となる人材の育成に向けた覚書」を交わしました。
 道としては、今回の覚書調印をきっかけとして、北海道大学様、北洋銀行様と協力して、ASEAN地域と本道の未来を担う若者が、双方の地域に留学するなど、両地域の架け橋となる人材に成長していただけるよう取り組んでまいります。

 小樽商科大学との包括連携協定締結式
(平成26年2月24日)

 
包括連携協定締結式   国立大学法人小樽商科大学様と包括連携協定を締結させていただきました。
 小樽商科大学様には、これまでも道が進める事業への講師派遣などでご協力いただいており、今回の協定によって、本道経済の活性化に向けた研究交流や、食や観光など成長分野でのグローバル人材の育成など、これまで以上に連携の幅を広げた協働の取組を進めてまいります。 

 企業訪問
(平成26年2月24日)

 
寿産業(株)様   (株)協和機械製作所様

 寿産業株式会社 様

 株式会社協和機械製作所 様

 札幌市内の「ものづくり」企業を訪問しました。
 鋼材の成型・加工工程で使用される「ローラーガイド」の国内シェア8割を占める、寿産業株式会社様と、除雪機の操作性を高める表示装置などを積極的に開発されている、株式会社協和機械製作所様です。
 両社の皆様から「ものづくり」への思いを伺い、改めて「ものづくり」の大切さを実感いたしました。

 中小企業政策審議会
(平成26年2月21日)

 
中小企業政策審議会   経済産業省の中小企業政策審議会に出席しました。
 今回の審議会では、私も委員として参加している小規模企業基本政策小委員会での検討状況などについて、意見交換が行われました。
 小規模企業は地域経済の基盤であり、道としても、組織や人材などの経営資源を効果的に組み合わせた支援策など、小規模企業の振興に向けて積極的に取り組んでまいります。

 地域訪問~音更町・帯広市~
(平成26年2月20日)

 
 ノラワークスジャパン マンゴー圃場 企業経営者の皆様 

 (株)ノラワークスジャパン マンゴー圃場

 十勝管内の企業経営者等の皆様

 音更町では、株式会社ノラワークスジャパンのマンゴー圃場を訪問し、温泉熱や太陽光、冬期に貯蔵した雪を活用して、冬取りマンゴーを実現した施設です。
 また、帯広市では、十勝管内の企業経営者等の皆様とお会いし、十勝の強みである「食」と「観光」を中心に、地域の魅力や課題などについて懇談させていただきました。

  北海道議会第1回定例会
(平成26年2月19日)

 
第1回定例会   平成26年第1回定例会が開会しました。 

 映画「野のなななのか」の皆様
(平成26年2月17日)

 
野のなななのかの皆様   昨年の夏に芦別市を舞台に撮影された映画「野のなななのか」の完成にあたり、大林宣彦監督や製作スタッフの皆様がお越しになりました。
 今回の映画は、芦別市民の熱心な呼びかけに応えて、製作がスタートし、市民の皆様が撮影に全面的に協力されました。こうした市民参加型の映画を通じて、北海道の新たな魅力が、国内外に広く発信されていくことを期待しています。 

「北海道チャレンジ企業表彰」表彰式
(平成26年2月17日)

 
チャレンジ企業表彰   経済環境の変化に対応し、農業の六次産業化など、独自の発想と技術力で、地域の潜在力を引き出す取組を実践されている6社の皆様に、「北海道チャレンジ企業表彰」をお贈りしました。
 表彰された企業の皆様には、今後とも本道経済を支える中小企業のトップランナーとして、地域経済を牽引していただくことを期待しています。

 東北・北海道新幹線交流フェスタ
(平成26年2月15日)

 

東北・北海道新幹線交流フェスタ

 

東北・北海道新幹線交流フェスタ2

 

  平成27年度末の北海道新幹線の開業まで、いよいよあと2年となり、歴史的・文化的にゆかりの深い東北地方との交流を加速させるため、「東北・北海道新幹線交流フェスタ」を開催しました。
 トークセッションでは、新幹線への期待や東北・北海道地域の未来について、地域活性化に取り組まれている皆様から、貴重なご意見をいただきました。
 道としても、またとないこのチャンスを活かし、開業の効果を全道に波及させられるよう取り組んでまいります。

 「新分野進出優良建設企業表彰」表彰式
(平成26年2月14日)

 
新分野進出優良建設企業表彰 

 建設業から農業をはじめとする多岐にわたる新分野に進出され、優れた成果を収められた建設企業6社の皆様に、「新分野進出優良建設企業表彰」をお贈りしました。
 道では、経営力の強化や新事業進出の支援に取り組んでまいります。
 

  映画「ジョバンニの島」制作スタッフの皆様
(平成26年2月14日)

 
ジョバンニの島 

 北方領土(色丹島)を舞台に、終戦後の島民の方々の過酷な運命を実話に基づいて描いたアニメ映画「ジョバンニの島」。映画の公開にあたり、制作スタッフの皆様が来庁されました。
 この映画を通じて、多くの道民の皆様、国民の皆様が領土返還への思いを分かち合い、北方領土への理解と関心が深まるきっかけとなることを期待しています。
 

 札幌モーターショー2014
オープニングセレモニー
(平成26年2月14日)

 

札幌モーターショーオープニングセレモニー

 

札幌モーターショーオープニングセレモニー2

 

  「札幌モーターショー2014」のオープニングセレモニーに参加しました。
 2年前に官民を挙げた取組により、札幌での開催が実現したモーターショー。2回目となる今回は、最新技術を駆使したコンセプトカーの展示や積雪寒冷地の走行が体験できる試乗会など、前回を上回る内容となりました。
 このような世界に誇る優れた技術に触れられるモーターショーが、本道の技術や人材のさらなるレベルアップにつながるきっかけとなることを期待しています。 

 第2回北海道産業競争力協議会
(平成26年2月12日)

 
北海道産業競争力協議会 

 第2回目となる北海道産業競争力協議会を開催しました。
 今回は道内5地域で開催された意見交換会でいただいたご意見や課題を踏まえ、協議会委員の皆様と意見交換を行いました。
 道からは、本道の強みである「食」や「観光」、これらに関連する産業を成長産業へ育てるための取組の方向性などについて意見を述べました。様々な分野で北海道の可能性を最大限に引き出す努力をオール北海道で行っていくことが何よりも重要であり、本道の優位性を活かした取組を地域の皆様とともに進めてまいります。

 北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議
(平成26年2月12日)

 
安全・安心な地域づくり推進会議 

 北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議を開催しました。
 この推進会議を構成する68機関・団体の皆様には、日頃から子どもの安全確保をはじめ、道民が安全・安心に暮らしていけるよう、犯罪の起きにくい環境づくりに取り組んでいただいています。
 また、この日は、防犯や交通安全などの知識を養う「安全・安心どさんこカルタ」の増刷にご協力いただいた、北海道セキスイハイム様と日本旅行北海道様から、カルタを寄贈いただきました。
 道としても、今後も推進会議の構成員と連携して、安全で安心な地域づくりを進めてまいります。

 

 地域訪問~礼文町・利尻富士町・利尻町~
(平成26年2月9日)

 
 礼文町郷土資料館  礼文町での懇談 「北王丸」職員激励 

郷土資料館(礼文町)

  礼文町での懇談

 漁業取締船「北王丸」 職員激励

 利尻富士町での懇談  りしり寒歓まつり  天つ風カルタ大会

  利尻富士町での懇談

 りしり寒歓まつり(利尻富士町)

  天つ風カルタ大会(利尻町)

 利尻町での懇談   礼文町では、建設中のフェリーターミナルや日本最北の縄文遺跡群などが展示されている郷土資料館を訪問したほか、道の漁業取締船「北王丸」で職員を激励しました。
 利尻富士町では、新フェリーターミナルや島の厳しい冬を楽しむイベント「りしり寒歓まつり」、利尻町では、伝統カルタ文化の継承等を目的とした「天(あま)つ風カルタ大会」に視察しました。
 また、礼文町・利尻富士町・利尻町の三町で、地域振興や観光振興、漁業振興に取り組まれている皆様にお会いして、地域への熱い思いをお伺いし、また元気が湧いてきました。
  

 利尻町での懇談

 地域訪問~稚内市・豊富町~
(平成26年2月8日)

 
稚内市での懇談   稚内サハリン館  彩北わっキャナイト

 稚内市での懇談

 稚内サハリン館(稚内市)

彩北わっキャナイト(稚内市)

 豊富町での懇談

 ふらっと☆きた

 ふらっと☆きた2

 豊富町での懇談

ふらっと☆きた(豊富町)

 稚内市を訪問し、地域資源を活かして地域の魅力向上に取り組む皆様と懇談したほか、「稚内サハリン館」でのロシア音楽や舞踊の観賞や、「南極ハイランド・みなみな祭り」「彩北わっキャナイト」を視察しました。
 豊富町では、小さな子どもからお年寄りまで、気軽に利用し交流できる施設「ふらっと☆きた」を視察し、イベントやボランティア活動など、地域で活躍されている皆様とも懇談させていただきました。

 2014北方領土フェスティバル
(平成26年2月7日)

 
北方領土フェスティバル  北方領土フェスティバル2 

  「北方領土の日」の2月7日に、さっぽろ雪まつり会場で北方領土フェスティバルが開催され、返還要求署名活動に参加し、元島民の方々などと北方領土返還運動への理解を訴えました。
 昨年春から日露の領土交渉が再スタートし、先日も首脳会談が行われるなど、領土問題の解決に向けた具体的な進展が期待されます。
 一日も早い領土返還を強く願い、国の外交交渉を後押しするためにも、道では、返還要求運動のシンボルの花「千島桜」活用するなど、機運の盛り上げに向けて粘り強い取組を進めてまいります。

 北海道産米「ななつぼし」新CM発表会
(平成26年2月5日)

 
ななつぼし新CM発表会 

  北海道産米「ななつぼし」の新CM発表会が開催されました。
 現在、北海道で一番多く生産されている「ななつぼし」は、平成13年に本道で生まれたお米で、全国の食味ランキングでも、3年連続で最高ランクの「特A」の評価をいただいています。
 「ななつぼし」は、冷めても美味しく、お弁当やお寿司にも適したオールラウンダーで、本道の生産者が自信を持ってお薦めするお米です。ぜひ、多くの皆様に召し上がっていただきたいと思います。

 株式会社シーヴイテック北海道 開所式
(平成26年2月4日)

 
シーヴイテック北海道開所式 

 株式会社シーヴイテック北海道様の開所式に出席しました。
 このたび自動車用無段変速機の金属ベルトの製造・販売分野で、世界的トップメーカーである株式会社シーヴイテック様の生産拠点として、苫小牧市を選んでいただきました。
 道としても引きつづき、ものづくり産業の振興・強化に向けて、人材の確保や地場企業の育成などに積極的に取り組んでまいります。 

 地域訪問~旭川市~
(平成26年2月3日)

 
 地域訪問(旭川市)  地域訪問(旭川市)2 地域訪問(旭川市)3 

 旭川冬まつり雪像作製を激励

 旭川医科大学「二輪草センター」

 企業経営者等の皆様との懇談

 旭川市を訪問しました。
 連日の厳しい寒さの中、旭川冬まつりの雪像作製に取り組まれている陸上自衛隊第2師団の皆様の激励に伺ったほか、今年度「北海道男女平等参画チャレンジ賞」をお贈りした旭川医科大学二輪草センターを訪問し、出産や育児などで休職している医師や看護師の復職支援など、取組についてお話をうかがいました。
 また、上川管内の企業経営者等の皆様と、地域資源を活用したビジネス展開などについて、懇談させていただきました。

 「ウレパモシ北海道 イランカラテ」モニュメント
設置セレモニー
(平成26年2月2日)

   
モニュメント設置セレモニー 

  「イランカラテ」(こんにちは)
 このアイヌ語の挨拶を、北海道のおもてなしの合言葉として広める「イランカラテキャンペーン」の一環として、JR札幌駅に「ク リセ(弓の舞)」を踊りながら祈りを捧げる「エカシ(長老)」の立派なモニュメントが設置されました。
 この素晴らしいモニュメントが、日本の貴重な文化であるアイヌ文化、そして、おもてなしの新たなシンボルとなることを期待しています。

 日本海トド漁業被害対策緊急集会
(平成26年2月1日)

  
日本海トド漁業被害対策緊急集会 

  日本海では、トドなど海獣類による漁業被害が大変深刻な状況となっています。
 道では、対策本部を設置するとともに、漁業者の皆様への駆除経費の支援などにより漁業被害の減少に努め、国に対しても被害に対する補償制度の創設などを強く要請してきました。
 今後も引き続き、関係の皆様と連携を密にし、対策に取り組んでまいります。

 

 
【平成25年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る