スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2013年12月)


最終更新日:2018年11月12日(月)


はるみ知事が動く(2013年12月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事
   
 

  職員に向けての仕事納め挨拶
(平成25年12月27日)

 
仕事納め挨拶 

  今年は、国内外からの観光客が大幅に増加するとともに、本道経済が緩やかに回復する中、新品種米「きたくりん」の販売開始や道外企業の進出など、北海道を元気づける様々な動きが見られました。
 一方、暴風雪など各地に大きな被害を与えた自然災害、JR北海道の問題や食品の不適切表示などの課題に直面しました。
 来年も道民の皆様のご理解とご協力を得ながら、道庁一丸となって本道の未来につながる取組を進めてまいります。

                                      <知事あいさつ全文へ>

 北海道産もち米の鏡もちの贈呈
(平成25年12月26日)

 
鏡もち贈呈 

 北海道もち米団地農協連絡協議会の皆様より、道産もち米で作られた大変立派な鏡もちをいただき、道庁1階ロビーに飾らせていただきました。
 本道は全国一のもち米の産地であり、その品質とおいしさが高く評価されています。これからも道産もち米の素晴らしさを、多くの皆様にPRしてまいります。 

 女子カーリングチーム 北海道銀行フォルティウスの皆様
~ソチオリンピック出場報告~
(平成25年12月26日)

 
道銀フォルティウスの皆様 

 北海道銀行フォルティウスが、女子カーリングでのソチオリンピック出場権を獲得されました。
 厳しい戦いの中、見事に最後の切符を獲得した世界最終予選のように、全世界の注目を集めるオリンピックでは、メダルを目指しベストを尽くして頑張ってきてほしいと思います。
 フォルティウスの皆様の活躍を、道民の皆様と一緒に応援しています。 

 北海道・札幌市行政懇談会
(平成25年12月24日)

 
道・市懇談会 

 北海道・札幌市行政懇談会を開催し、上田 札幌市長と意見交換をいたしました。
 「バックアップ拠点形成に向けた取組」といった札幌市と道、道内市町村との連携促進に向けた取組の状況について情報を共有するとともに、「今冬の節電」や「北海道新幹線の札幌延伸」などに関する今後の連携に向けて話し合いました。
 札幌市と道が力を合わせ、協力しながら進めていかなくてはならない課題について、今後ともお互いの取組を効果的に連携させてまいります。

 アイヌ政策を考える懇談会
(平成25年12月24日)

 
アイヌ政策懇談会 

 道では、アイヌ政策の今後の方向性等について意見交換を行うため、国のアイヌ政策推進会議に参画するメンバー等で構成された懇談会を開催しています。今回の懇談会では、「象徴空間における慰霊施設の早期設置を求める要請」や「イランカラテキャンペーン事業に関する取組状況」等について意見交換を行いました。
 貴重なご意見を踏まえ、アイヌ政策の更なる展開に向け取り組んでまいります。

 

 自民党北海道ブロック両院議員会との懇談会
(平成25年12月19日)

 
自民党北海道ブロック懇談会 

 自民党北海道ブロック両院議員会との懇談会に出席し、国の平成26年度当初予算編成に当たって、道が行う公共事業予算の総額確保、北海道新幹線の整備促進などについて要請しました。
 また、TPP交渉について、国会決議に基づくとともに、本道の農林水産分野における重要品目の関税を維持するよう要請いたしました。 

 全国知事会議理事会・正副会長会議合同会議
(平成25年12月19日)

 
全国知事会 

 全国知事会議理事会・正副会長会議合同会議に出席し、平成26年度地方財政対策や平成26年度全国知事会予算案等について協議いたしました。 

  岩見沢農業高等学校園芸植物展示会
(平成25年12月12日)

 
岩見沢農業高校の皆様  岩見沢農業高校の皆様2 

 岩見沢農業高校の生徒たちが、丹精込めて育てたポインセチアやシクラメンを展示・販売する「園芸植物展示会」が道庁1階道民ホールで開催され、今年で12回目となります。
 毎年、この展示会を楽しみにしている方々も多く、鮮やかな赤やピンクの花を楽しみながら、生徒の方々から栽培で注意することなどを熱心に聞いて買い求めていらっしゃいました。

 第2回 JR北海道関連対策会議
(平成25年12月12日)

 
JR北海道関連対策会議 

 JR北海道の11月の減速・減便を含むダイヤ改正や、本格的な冬を迎えるにあたり、道民の皆様や本道を観光やビジネスで訪れる方々への影響を最小限にとどめるため、第2回目の「JR北海道関連対策会議」を開催し、庁内に迅速な対応を指示しました。
 道としては、災害時などの対応のため市町村等との連携体制の整備や、輸送の超繁忙期となる年末・年始の混乱回避に向けた関係機関との連携などに取り組んでまいります。 

 森 内閣府特命担当大臣との面談
(平成25年12月11日)

 
森大臣との面談  森大臣との面談2 

 レストランメニュー等で不適切な表示が相次いで発覚したことを受け、全国知事会を代表して、景品表示法における都道府県知事の権限拡充などについて、森 内閣府特命担当大臣へ要請しました。
 食に関する適正表示対策について、国とも連携しながらしっかりと取り組んでまいります。

  サイエンスパークin北海道大学総合博物館
(平成25年12月7日)

 
サイエンスパーク  サイエンスパーク2 

 ノーベル化学賞を受賞された鈴木 章・北海道大学名誉教授をお招きして、「サイエンスパークin北海道大学総合博物館」を開催しました。
 道内の小学5・6年生の子どもたちに、実験を通じて最先端の科学技術に触れ、新しい発見をする楽しさを感じてもらう場として開催し、今回で3回目となりました。こうした体験をきっかけとして、より一層科学への興味と関心を広げ手ほしいと思います。
 また、今回参加された皆さんの中から、将来、鈴木先生のような偉大な科学者が生まれることを期待しています。

 消費者の安全・安心確保のための
「地域体制の在り方」に関する意見交換会
(平成25年12月6日)

 
意見交換会 

  消費者庁が開催した「消費者の安全・安心確保のための『地域体制の在り方』に関する意見交換会」に出席し、小規模な市町村では高齢者や生活困窮者等の消費者被害を防止するため体制強化が課題であり、国からの安定的な財政支援が必要であることを訴えました。
 道内では、平成15年度から全道規模の「消費者被害防止ネットワーク」等が活動しており、今後とも国と地方行政、さらには消費者や事業者が一体となった取組を進めていくことが必要です。

 

 阿南 消費者庁長官との面談
(平成25年12月5日)

 
阿南長官との面談 

  レストランメニュー等の不適切な表示が相次いで発覚しました。食に関する適正表示対策を一層進めるため、景品表示法における都道府県知事の権限の拡充などについて、全国知事会を代表して阿南 消費者庁長官へ要請しました。
 また、道としても、消費者庁と連携を図りながら適正表示の普及啓発に努めてまいります。

 はこだてクリスマスファンタジー
オープニングセレモニー
(平成25年12月1日)

はこだてクリスマスファンタジー   はこだてクリスマスファンタジー2

 函館や道南地域を代表するクリスマスイベント「はこだてクリスマスファンタジー」のオープニングセレモニーに参加しました。当日は、高さ20mにもなるモミの木のクリスマスツリーの点灯式が行われ、ツリーの美しさに大変感動しました。
 12月25日までのイベント期間中、イルミネーションで彩られたクリスマスツリーの前で、様々な催しが行われます。たくさんの方々に函館や道南地域を訪れていただきたいと思います。

 

 
【平成25年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る