スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2013年9月)


最終更新日:2018年11月12日(月)


はるみ知事が動く(2013年9月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く 画像高橋知事
   
 

 全国障がい福祉物産展in北海道
(平成25年9月28日)

 
物産展視察   全国各地から障がいのある方々の施設や事業所が出店した、「全国障がい福祉物産展in北海道」が赤れんが庁舎前庭で開催されました。
 地元こだわりの食材や郷土料理を取り入れたお弁当、地域で大好評のすべて手作業の肉巻きおにぎりなど、どれもとても美味しそうでした。
 いきいきと販売されている皆様にお会いして、元気を分けていただきました。
 

 中小企業政策審議会
小規模企業基本政策小委員会
(平成25年9月27日)

 
小規模企業基本政策小委員会   中小企業政策審議会の小規模企業基本政策小委員会では、小規模企業振興の基本法制定や振興施策などの検討を行うこととし、今回は、小規模事業者に関する様々な論点について議論されました。
 道としては、小規模企業の目指すべき方向性、地域における新たなビジネスの担い手として期待される若者や女性が参加しやすい環境づくり、国と自治体とが連携した段階ごとのきめ細やかな支援策の検討などを提案してまいりました。
 

 「国家戦略特区」の指定に向けた北海道からの提案
(平成25年9月27日)

 
国家戦略特区についての提案   新藤 地域活性化(国家戦略特区)担当大臣にお会いして、「国家戦略特区」の指定に向けて、道から3つの提案をさせていただきました。
 北海道経済連合会との共同提案である「JAPANフードピア構想」では、食産業の振興を図ることでアジアなどの食市場の獲得を、「観光分野」では、北海道観光特措法の制定や規制改革の促進、「エネルギー分野」では、新エネルギー導入や新技術の開発拠点の形成を目指すものとなっています。いずれの提案も日本の成長に貢献できるものと考えています。

 北海道老人クラブ連合会創立50周年記念
全道老人クラブ大会
(平成25年9月26日)

 
全道老人クラブ大会   北海道老人クラブ連合会の皆様は、半世紀にわたり、健康づくりやボランティアなどの推進にご尽力いただいています。
 高齢者の皆様の長年の経験やそこから得られた貴重な知識は、これからの元気な地域づくりに欠かせません。
 道では、高齢者の皆様がいつまでも健康でいきいきと過ごすことができるよう、積極的な社会参加への支援や介護予防の推進などに取り組んでまいります。

  立命館大学との包括連携協定締結式
(平成25年9月26日)

 
包括連携協定   本道での人材育成に大きな貢献をいただいている立命館大学様と包括連携協定を締結しました。
 立命館大学では、都道府県との間で今回のような協定を結ぶのは初めてとのこと。
 今回の協定をきっかけとして、道内の6次産業化のための人材育成、大学のネットワークを通じた北海道の魅力発信や、大学から道内小中高等学校への講師派遣など、立命館大学の皆様との連携ならではの取組が進められることを期待しています。 

 三浦雄一郎氏への「栄誉賞」贈呈式
(平成25年9月26日)

 
三浦氏への栄誉賞   プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎さんは、今年の5月に、80歳7ヶ月という史上最高齢で3度目のエベレストへの登頂を成功させるという、大変な快挙を成し遂げられました。
 道民の皆様、特に同じ世代の高齢者の皆様に大きな感動と希望を与えてくれた輝かしいご功績に対して、このたび「栄誉賞」を贈らせていただきました。
 これからもお元気で、ご活躍されるよう応援しています。 

  「地域ブランド大賞2013」受賞
(平成25年9月26日)

 
地域ブランド大賞   日経リサーチ様がインターネットにより調査した、地方自治体の地域ブランド力を評価・表彰する「地域ブランド大賞」で、北海道が総合評価第1位(最高賞)をいただきました。
 道としてこれまで取り組んできた北海道ブランドの強化、安全・安心な食とそれを育む豊かな環境、本道ならではの多彩な文化などが高く評価されたと考えています。
 このたびの結果に満足することなく、今後とも、本道のブランド力向上に取り組んでまいります。 

 秋の全国交通安全運動
「2013交通安全道民総決起大会」
(平成25年9月20日)

 
秋の交通安全運動 

 これからの時期は、日ごとに日没が早くなり、交通事故の多発が懸念されます。
 「秋の全国交通安全運動」では、子どもと高齢者の事故防止や、夕暮れ時と夜間の交通事故防止などに重点的に取り組みます。
 この運動を通して、一人ひとりの交通安全意識が高まり、少しでも交通事故とその犠牲者が減るよう、交通安全への積極的な取組をお願いいたします。

 第36回全国土地改良大会
(平成25年9月11日)

 
全国土地改良大会 

 農業農村整備に携わる全国の関係者の皆様が一堂に会した、全国土地改良大会に出席しました。
 本道農業は、様々な土地改良事業により整備された農地や施設を活用し、国民の皆様に安全で安心な農産物を安定的に供給するという大きな役割を果たしています。
 農業者の高齢化などが加速する中、道としても生産性の高い農業を展開するために土地改良事業を推進し、事業を通じて育まれた農村空間を、国土や環境の保全など様々な恵をもたらす貴重な財産として、未来に引き継いでまいります。
 

 アイヌ政策推進会議
(平成25年9月11日)

 
アイヌ政策推進会議 

 菅 内閣官房長官や伊達 内閣府副大臣のご来道のもと、本道で初めて開催された「アイヌ政策推進会議」に出席しました。
 道では、これまでもアイヌの方々の生活向上などに取り組んできたところですが、国には「民族共生の象徴となる空間」の整備についてスピード感を持って進めていただくとともに、先住民族であるアイヌの方々に対する施策を継続的かつ着実に推進するために、新たな立法措置を講じていただくようお願いいたしました。

  第35回議場コンサート
~北斗市立上磯小学校合唱団の皆様~
(平成25年9月10日)

 
上磯小学校合唱団の皆様 

 道議会の議場コンサートに出演した北斗市立上磯小学校合唱部の皆様とお会いしました。
 上磯小学校合唱部は今年で創部30周年を迎え、卒業した中学生も同好会として参加しています。
 合唱部の皆様は、「いい顔、いい声、いい仲間」を合い言葉に日々の練習を積み重ね、心に響く素晴らしい歌声を議場に響かせてくれました。 

 北海道議会第3回定例会
(平成25年9月10日)

 
第3回定例会開会   平成25年第3回定例会が開会しました。 

  北海道とサハリン州との新たな「友好・経済交流促進プラン」に調印
(平成25年9月5日~7日)

 

会談

新プラン調印 

 新「友好・経済交流促進プラン」調印

 

贈呈品の交換

北海道フェア2013

 贈呈品の交換

 北海道フェア2013

 北海道とロシア・サハリン州とは、平成10年に「友好・経済協力提携」を結んで以降、自治体、市民レベルでの友好交流や経済交流に取り組み、今年で15周年を迎えました。
 今回、ホロシャビン サハリン州知事との間で新しい「友好・経済交流促進プラン」を締結し、サハリン州が必要としている北海道の寒冷地技術の導入や医療レベルの向上などの課題に対応して、道内企業の参入を図るという新たな視点を盛り込みました。
 また、訪問団に参加された道内の企業や医療関係者の皆様も、サハリン州政府や州内企業との連携に向けた覚書などを交わされました。
 さらに、道北6市(旭川市・稚内市・留萌市・紋別市・士別市・名寄市)の新鮮な野菜・果物の販売や、北海道の観光や産業技術をPRする「北海道フェア2013」を開催し、サハリンの皆様に北海道を知っていただく良い機会となりました。
 新プランの策定により、活発な友好・経済交流に取り組んでまいります。

 北海道・北東北知事サミット
(平成25年9月3日)

 
知事サミット  知事サミット2 

 「食のブランド力向上による地域振興と復興の加速化」をテーマに、岩手県で開催された北海道・北東北知事サミット。
 道からは、「フード特区」における全国初の制度「北海道食品機能性表示制度」の創設や、商品開発・情報発信の強化、海外への販路拡大など「食のブランド力向上」を積極的に推進していることを発信いたしました。
 2年半後には北海道新幹線が開業し、歴史的に繋がりの深い東北地域との間で、観光やビジネスなどの分野で連携・交流が拡大するだけでなく、震災復興にも大きく貢献するものと期待しています。北東北三県知事の皆様には、開業を盛り上げるため、官民一体となった取組の協力をお願いいたしました。

 

 
【平成25年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る