スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2013年5月)


最終更新日:2014年3月18日(火)


はるみ知事が動く(2013年5月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く
   
 
 

  北海道新幹線建設促進期成会総会
(平成25年5月31日)

 
期成会総会 

  平成27年度の北海道新幹線開業まで、いよいよ3年を切りました。
 各地で機運醸成や東北との連携など取組が進められている中、開業効果を北海道全体へ広く波及させていくために、本道が一体となった取組を拡大、加速させて参ります。
 また、札幌までの早期開業・早期完成に向けて、引き続き、国に対して働きかけて参ります。

 第8回日中韓賢人会議北海道開催記念講演会
(平成25年5月31日)

 
記念講演会 

 今年の日中韓賢人会議が7月に開催されることに先立ち、最前まで中国、韓国で大使をされていた丹羽氏、武藤氏による記念講演会を開催しました。
 日中韓賢人会議は、三ヶ国の有識者の方々が集まり、東アジアの地域交流のあり方などについて議論が交わされます。
 北海道にとっても、両国は、自治体間での友好交流や、産業・観光の分野など様々な面でつながりが強い地域です。
 今回の講演会が、今後の両国との連携強化について改めて考えていただく契機となることを期待しています。 

 北海道地域電力需給連絡会議 
(平成25年5月31日)

 
連絡会議 

 北海道地域電力需給連絡会議を開催し、昨冬の節電の取組や今夏の電力需給見通しと対策について話し合いました。
 昨冬、北海道の電力需給は、大変厳しい状況ではありましたが、道民の皆様による節電の取組により、2010年度に比べてマイナス7%以上という数値目標を達成することができました。
 この夏も引き続き節電へのご理解とご協力をお願いします。
 

 北海道防災会議
(平成25年5月30日)

 
防災会議 

 地域防災計画の修正や防災総合訓練などについて協議する北海道防災会議を開催しました。
 東日本大震災をはじめとする、過去に発生した大災害から得られた貴重な教訓を「防災教育」や「教訓伝承」として道民の皆様の防災意識が高まるよう、取組を進めて参ります。 

 大岡技研株式会社室蘭工場竣工式
(平成25年5月29日)

 
竣工式 

 大岡技研株式会社室蘭工場竣工式に出席しました。
 愛知県に本社を置き、トランスミッション用の精密部品の世界的トップメーカーである大岡技研様が、原料から加工までを道内で一貫して行う生産体制を構築した拠点として、室蘭市を選んでいただくことができました。
 道としては、今後とも地元企業とのビジネスマッチングや人材の育成・確保などに、しっかりと取り組んで参ります。 

 北海道観光振興特別措置法に関する要請
(平成25年5月29日)

 
観光特措法要請 

 本道観光のさらなる発展に向けた、「北海道観光振興特別措置法」の制定について、野田毅自民党税制調査会長や佐田玄一郎自民党政務調査会 北海道総合振興特別委員会 北海道観光振興特別措置法制定に関する小委員会委員長へ要請して参りました。
 世界に誇るべき北海道の優位性や特性を活かして、基幹産業の一つである観光業を一層発展させるとともに、観光立国・日本をリードしていくためには、国の特例的な支援制度などが必要と考えています。

  北海道町内会連合会共催30周年記念 平成25年度全道町内会活動研究大会
(平成25年5月28日)

活動研究大会 

 近年、少子高齢化や核家族化などにより、地域のつながりが希薄になる中、東日本大震災の発生を契機に「いざ」というときに近隣で互いに助け合う「共助」の重要性が高まっています。
 こうした中、身近なつながりである町内会の皆様の果たされる役割は、一層大きくなるものと思います。
 道としても、地域の方々が支え合い、安全安心を実感できる地域づくりを進めて参ります。 

 

 日本身体障害者福祉大会北海道・札幌大会
(平成25年5月28日)

札幌大会   障がいのある方もない方も、互いに分け隔てなく、地域でともに暮らす「ノーマライゼーション社会」は、私たちの共通の願いです。
 全国の関係者が一堂に会した今回の大会を契機に、障がい者の皆様の権利を守る動きが、一層、進展することを期待しています。
 また、道としても、障がい者の皆様の人権保護はもとより、暮らしやすい地域づくりや就労支援などに取り組んで参ります。 

 北海道公衆浴場業生活衛生同業組合設立50周年記念式典
(平成25年5月27日)

 
記念式典   「まちのお風呂屋さん」として地域の皆様に親しまれる公衆浴場。最近では、青少年の健全な育成を目的とした「浴育」の場としても注目されています。
 公衆浴場が、今後とも道民の皆様の豊かな暮らしの実現につながるよう、組合の皆様のさらなるご活躍を期待しています。
 

 岡山県・伊原木知事と「晴れの国おかやま観光キャラバン隊」の表敬
(平成25年5月27日)

 
岡山県表敬   「新千歳-岡山線」が、この3月に、これまでの季節運航から通年運航となり、岡山県の伊原木知事が観光キャラバン隊と一緒に来庁されました。
 今後、北海道と岡山県との地域間交流をはじめ、観光やビジネスなど様々な分野において、これまで以上に交流が拡大することが期待されます。
 岡山県の方々には、是非、北海道にお越しいただき、北海道でしか味わえない山の幸・海の幸や、雄大な自然を楽しんでいただきたいと思います。 

 コンサドーレ札幌北海道観光大使就任式
(平成25年5月24日)

 
コンサドーレ札幌    コンサドーレ札幌の皆様に団体としては初めて、観光大使に就任いただきました。
 コンサドーレ札幌はベトナムとタイのチームと業務提携を結ばれており、こうしたご縁を活かし、今後は「北海道観光大使」として、本道の魅力を国内外に広く発信していただけるものと、大変心強く思っています。
 また、サポーターの一人として、チームのますますのご活躍を期待しています。

 夕張市の皆様の表敬
(平成25年5月24日)

 
表敬    鈴木夕張市長と、加藤JA夕張市代表理事組合長から、今年の夕張メロンの初競りと生育状況についてご報告いただきました。
 今年の春は、低温や日照不足など、なかなか天候に恵まれなかったものの、生産者の皆様のご努力で無事に出荷され、この日の朝に行われた初競りでは、160万円(2玉)で落札されました。
 北海道を代表するブランド「夕張メロン」を通じた夕張の発展を期待しています。

 東京ディズニーリゾートからミッキーマウス・ミニーマウスの表敬
(平成25年5月24日)

ディズニー  この4月に30周年を迎えられた、東京ディズニーリゾートから、親善大使とミッキー・ミニーが、北海道の皆様にこれまでの感謝の気持ちを伝えに来られました。
 ミッキーとミニーは、今年のYOSAKOIソーラン祭りにも参加されるとのこと。祭りを大いに盛り上げてくれることを期待しています。

ライオンズクラブ国際協会331-A地区年次大会
(平成25年5月19日)

ライオンズクラブ  ライオンズクラブの皆様は、日ごろから、スポーツによる青少年育成事業や地域の美化活動、植樹活動などに、継続的に取り組まれています。
 皆様の活動を通じて、北海道の将来を担う若者が健やかに成長し、豊かな地域づくりがより一層進められていくことを願っています。

  総合資源エネルギー調査会総合部会 電気料金審査専門委員会
(平成25年5月17日)

電気料金審査専門委員会  電力は、いまや私たちの生活に欠かせないものとなっており、電気料金の値上げは、私たちの暮らしや経済活動に大きな影響を及ぼすことが懸念されます。
 今回、専門委員会に出席し、北海道電力においては、業務全般にわたる徹底的なコスト削減を行うとともに、道民への説明責任をしっかりと果たすこと、そして、国においては、専門的見地から厳正かつ十分な審査を行うよう、意見陳述をして参りました。

  地域訪問 ~鷹栖町~
(平成25年5月16日)

 鷹栖町にある、地域交流スペースを持つ老人介護施設「ぬくもりの家 えん」を訪問しました。施設を運営されている社会福祉法人さつき会様は、介護職員の育成に積極的に取り組まれ、近年、多くの方から就職希望が寄せられているほどです。
 また、「伝承館」では、谷町長様や新田町議会副議長様から地域の現状などについてお話を伺いながら、町内産大豆を使った手作り豆腐料理を美味しくいただいたほか、お店で働く障がいを持つ方々からは元気の源を分けていただきました。
 今後も、各地域を積極的に訪問し、みなさまからのご意見を道政に活かしてまいります。

えん えん 伝承館

全国建築板金業者北海道大会
(平成25年5月16日)

建築板金大会  景気回復への期待の広がりから、今後、住宅の需要が一層拡大していくことが見込まれるとともに、近年、集中豪雨や記録的な積雪が多く発生していることから、これらの自然災害から私たちを守ってくれる、丈夫な住宅が求められています。
 本大会が、建築板金業者の皆様のさらなる技術力向上のきっかけとなり、私たちが安心して暮らせる住環境へとつながっていくことを期待しています。

  産業構造審議会・中心市街地活性化部会
(平成25年5月14日)

中心市街地活性化部会  中心市街地の活性化に向けては、商業・公共機能が集約されたコンパクトなまちづくりと併せて、中心市街地から離れたところに暮らす方のための交通ネットワーク構築や、小さなまちが可能な範囲で活性化に取り組んでいける仕組みづくりなど、各地域の実情を踏まえ柔軟に進めることが重要です。
 今後とも、中心市街地活性化政策が本道の実情に即したものとなるよう、働きかけて参ります。

 「伸ばそう 健康寿命、育てよう 人間力」講演会
(平成25年5月11日)

伸ばそう健康寿命  健康で長生きするには、まずは病気にならないように気をつけ、病気になってしまっても悪化させない「予防」が大切です。私も、北海道のおいしい食材をバランスよく食べるなど、日々の暮らし方に気を配っています。
 私たち道民の元気こそが、北海道の元気です。道民の皆様には、毎日をもっと元気にお過ごしいただけるよう、身近なところから健康づくりについて考えていただきたいと思います。

 食による観光まちづくり推進協議会の皆様の表敬
(平成25年5月10日)

 食による観光まちづくり推進協議会  食による観光まちづくり推進協議会の皆様が、食の魅力あふれる観光イベント「新・ご当地グルメグランプリ北海道」の開催をPRするためにご来訪されました。
 昨年の大会には私も参加しましたが、大勢のお客様が、ご当地グルメをおいしそうに召し上がっていたのを覚えています。
 7月6日(土)から7日(日)に芽室町で開催される今年の大会には、初出場の5団体を含む15団体が参加されるとのこと。今年も、ご当地グルメを通じた地域の魅力発信に、大いに期待しています。

 北海道優良母子家庭表彰
(平成25年5月9日)

優良母子家庭表彰  働きながら子どもを育てることは大変なことですが、このたび表彰を受けられた皆様は、それをお一人で担ってこられ、本当に大変なご努力をされてきたものと思います。
 皆様には、今後ともご家族の絆を深められ、そして、一人の女性としても、社会の中で輝き続けていただきたいと思います。

北海道ばら研究会及び北海道花き生産連合会カーネーション部会の
皆様の表敬
(平成25年5月9日)

ばら・カーネーション贈呈   母の日を前に、北海道ばら研究会と、北海道花き生産連合会カーネーション部会の皆様からお花をいただきました。
 北海道産のバラやカーネーションは、本州産と入れ替わるようにして、夏に生産のピークを迎えます。
 これから全国に出荷されていく北海道産のバラとカーネーションが、北海道の香りとともに、全国の皆様に笑顔を届けてくれるものと期待しています。

 春の叙勲・褒章伝達式
(平成25年5月9日)

春の叙勲・褒章伝達式

 この春、北海道から、231名の方々が叙勲を、41名の方々が褒章を受章されました。皆様の受章は、私たち道民にとって大きな誇りです。
 このたび受章された皆様をはじめ、多くの方々のご努力により築きあげられてきたふるさと北海道の発展のため、今後とも、道民の皆様ととともに力を尽くして参ります。

 地域訪問 ~石狩市~
(平成25年5月8日)

 JAいしかり地物市場「とれのさと」を訪問しました。ここでは、地元農家の方々が生産した、安全で安心な食材をお客様に提供しており、この日は小松菜やごぼうが店頭に並んでいました。これから旬を迎えるアスパラガスが出回るのが楽しみです。
 また、石狩湾新港では、国内最大級の貯蔵タンクを持つ道内初のLNG(液化天然ガス)輸入拠点である、石狩LNG基地を視察しました。この基地では、今後新たに20万キロリットルのガスタンクが増設されるほか、基地の近くには、ここから供給されるガスを燃料とする火力発電所も建設される予定となっています。
 

とれのさと 
とれのさと(石狩市)

石狩LNG基地 石狩LNG基地
石狩LNG基地(石狩市)

第2回北海道JCフォーラム
(平成25年5月6日)

 JCフォーラム  (社)日本青年会議所(JC)によるフォーラムに出席させていただきました。
 我が国、本道の目指すべき未来について考えているJCの皆様の熱意を、ひしひしと感じました。今回のフォーラムをきっかけに、参加者の皆様から、北海道、さらには日本の未来を真剣に考え、行動していく気運がますます広がっていくことを期待しています。
 
【平成25年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る