スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2013年2月)


最終更新日:2013年3月15日(金)


はるみ知事が動く(2013年2月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く
   
 
 

TPP協定交渉に関する緊急要請
(平成25年2月27日)
 

 
 農林水産省並びに政府与党に対して、TPP協定交渉に関する緊急要請をして参りました。
 先に行われた日米首脳会談後、安倍首相は「TPPでは聖域なき関税撤廃が前提ではないことが明確となった」として、なるべく早い段階で決断したい旨を表明されたところです。
 しかしながら、道内の重要品目の全てが関税撤廃の対象から除外されるのか、食の安全、医療、公共事業などへの影響はどうなるのかといった具体的な情報はありません。
 このため、TPP協定が本道の経済活動や道民生活に与える影響などについて十分な情報開示と説明を行うとともに、本道の農林漁業者や商工業者、医療関係者などから意見をしっかりと聞き、国民的議論を尽くすこと、また、国民合意・道民合意がないままTPP協定への参加を決して行わないよう、関係団体の皆様とともに強く要請して参りました。
  
農林水産省 自民党 公明党

農林水産省

自由民主党 

公明党

   

平成24年度北海道社会貢献賞(自治功労者)表彰式
(平成25年2月26日)
 

 
 平成24年度北海道社会貢献賞(自治功労者)表彰式を開催しました。
 本賞は、永年にわたり市町村長、市町村議会議員、市町村職員として地方自治の振興・発展に寄与された方にお贈りしているもので、今年度は45名の皆様に表彰状を贈呈しました。
 受賞された皆様のこれまでのご功績に対し、心から敬意を表します。
   
社会貢献賞1 社会貢献賞2
   

タイ王国チェンマイ県との「友好関係協定書」調印式
(平成25年2月26日)
 

 
チェンマイ県との友好関係協定  リゾート地としても知られているタイ王国チェンマイ県と北海道の「友好関係協定書」を締結しました。
 チェンマイ県と、人材交流や観光・農業など様々な分野で協力できることをたいへん嬉しく思っています。
 昨年10月に新千歳-バンコク間に定期直行便が就航、そして本年2月には、タイ国政府観光庁と観光交流促進のための趣意書を締結したところですが、この度の協定締結を契機に、より一層タイ王国との交流が拡大することを期待しています。 
   

北海道TPP協定対策本部会議 及び
雪害に関する臨時会議
(平成25年2月26日)
 

 
TPP協定対策本部会議  「北海道TPP協定対策本部会議」を開催しました。庁内各部、各振興局において緊張感を持ってTPP協定交渉対策に取り組むことを確認し、国に対し「TPP協定交渉等に関する緊急要請」を行うこととしました。
 続いて、「雪害に関する臨時会議」を開催し、平年を上回る積雪となった今冬の大雪等への対応について協議しました。引き続き、庁内並びに関係機関との連携を密にし、対応に万全を期して参ります。
   

「アイヌ政策を推進する議員の会」設立総会
(平成25年2月22日)
 

 
アイヌ政策を推進する議員の会

 「アイヌ政策を推進する議員の会」の設立総会に出席しました。
 この会は、アイヌ民族の権利確立のため超党派の議員が取り組まれていた「アイヌ民族の権利確立を考える議員の会」の活動の更なる充実を目的に、名称と役員体制を変更し、設立されたものです。
 本会の設立によって、アイヌ政策の全国展開がさらに進むことを心から期待しています。

   

国際科学イノベーション拠点整備事業支援に関する要請
(平成25年2月18日)

 
文部科学省・福井副大臣  道では、北海道大学・関係企業などと連携し、家庭を核とした食・医融合による健康的な生活の実現を目指す「フード&メディカルイノベーション国際拠点」の整備を、文部科学省が公募している「地域資源等を活用した産学連携による国際科学イノベーション拠点事業」に提案しているところです。
 文部科学省並びに道内選出国会議員の皆様に、事業内容をご説明し、私どもの思いをお伝えして参りました。
   

北海道議会第1回定例会
(平成25年2月21日)
 

 
平成25年1定開会   平成25年第1回定例会が開会しました。           
   

2013食クラ・フェスタ
~食産業立国へ向けた新たなステージへ~
(平成25年2月15日)
 

 
 2013食クラ・フェスタを開催しました。
 食クラスター活動は、平成22年4月の開始以来、本道ならではの食のブランド化を進め、道内外はもとより世界に積極的に売り込もうというものです。食の付加価値向上を目指すプロジェクトも450件を超え、サケ節や魚醤油、北海道のワインとチーズのブランド化など、新たな成果が着実に生み出されています。
 今後とも、オール北海道による連携・協働の輪を拡げ、食産業立国の形成へ向けた取組を進めて参ります。 
  

食クラ・フェスタ1

食クラ・フェスタ2 
   

わかもの就職応援センター オープン記念イベント
(平成25年2月14日)
 

 
みらいっぽ  若者就職応援センター「みらいっぽ」のオープン記念イベントに出席しました。
 同センターは、昨年12月に道と北海道労働局との間で締結した「雇用対策協定」に基づいて、ジョブカフェ北海道とヤングハローワークの若年者支援施策を一体的に実施するために開設したものです。
 今後とも、北海道労働局との連携をより一層密にしながらサービスの充実を図り、若者の就職支援に取り組んで参ります。 
   

北海道新幹線木古内駅建設現場視察及び
北日本交流連携フォーラム開催
(平成25年2月8日)
 

 
 木古内町にて、「北海道新幹線木古内駅」の建設現場にお伺いし、順調に工事が進んでいる建設状況について説明を受けました。
 その後、函館市において開催した「北日本交流連携フォーラム ~新幹線開業を契機として~」に出席しました。
 3年後に迫った北海道新幹線の開業に向け、本フォーラムを皮切りに、開業のPRや東北地域との連携などに、これまで以上に全力で取り組んで参ります。
  
木古内駅建設状況説明 北日本交流連携フォーラム
  

生活協同組合コープさっぽろとの包括連携協定締結式
(平成25年2月7日)
 

 
コープさっぽろとの包括連携協定  生活協同組合コープさっぽろと包括連携協定を締結しました。
 コープさっぽろ様とは、平成20年に森林づくりに関する連携協定を締結し、植樹活動にご協力いただいているところですが、この度、「高齢者の見守り活動」や「子育て支援」、「食の販路拡大」など協定の範囲を大幅に拡充することとなりました。
 道内一円に構える店舗や宅配事業など、道民の生活に密着したサービスを幅広く提供されているコープさっぽろ様と、今後、様々な事業に協働で取り組めることを大変頼もしく思っています。
  

2013北方領土フェスティバル・「北方領土の日」啓発街頭行進
(平成25年2月7日)
 

  
北方領土の日  「北方領土の日」であるこの日、2013北方領土フェスティバル並びに北方領土の日啓発街頭行進が行われました。
 雪が降る大変寒い日でしたが、関係団体や元島民の皆様など多くの方々が参加されており、大変心強く思いました。
 今後とも、領土問題の一日も早い解決に向け、全力で取り組んで参ります。 
 

アメージング・タイ・ナイト
(平成25年2月6日)
 

 
アメージング・タイ・ナイト   タイ国政府観光庁及びタイ国際航空主催の「アメージング・タイ・ナイト」にお招きいただきました。
 昨年10月には新千歳-バンコク間に定期直行便が就航、そして昨日、タイ国政府観光庁と北海道との間で観光交流促進のための趣意書を締結し、ますます身近となったタイ王国。今後、両地域の交流がますます発展することを願っています。 
  

公益社団法人経済同友会との懇談会
(平成25年2月6日)
 

 
経済同友会   公益社団法人経済同友会の皆様が来庁され、懇談を行いました。
 この懇談会は経済同友会と地方自治体とが、地域経済の活性化や地方分権などの様々な課題について意見交換するために全国各地で開催されているもので、北海道では平成22年以来3年ぶりの開催となりました。
 今回は、道州制をはじめとした地方分権や本道経済の活性化策などについて有意義な議論をすることができました。 
  

鈴木英敬・三重県知事
(平成25年2月5日)
 

  
鈴木・三重県知事   鈴木英敬・三重県知事が来庁され、産業振興に係る連携についてご提案を受けました。
 十勝地域ではすでに、企業同士で三重県と連携が生まれており、さらに連携を広げていくためにも、道としても互いに協力し取組を進めていくべきと思っています。
 三重県と北海道とは、「北海道」の名付け親・松浦武四郎が三重県出身であるなど、大変古くからつながりがありますが、今回の連携を契機として、両地域の交流をより一層拡大させていきたいと思います。 
 

新分野進出優良建設企業表彰式
(平成25年2月5日)
 

  
新分野進出優良建設企業表彰  「新分野進出優良建設企業表彰」表彰式に出席し、建設業から農業や環境・リサイクル分野などの新分野事業に進出し、優れた成果を収められた企業7社の皆様に賞状を贈呈しました。
 果敢なチャレンジ精神で、新たな事業に取り組んでこられた受賞者の皆様のこれまでのご努力に敬意を表するとともに、今後とも地域経済の担い手としてご活躍されることを期待しています。 
 

タイ国政府観光庁との趣意書調印式
(平成25年2月5日)
 

 
 タイ国政府観光庁と北海道との間で、観光交流促進のため相互に協力することを確認する「趣意書」に調印しました。同じ場で札幌市とも調印式が行われました。
 昨年10月には、新千歳-バンコク間に定期直行便が就航し、北海道とタイがますます身近になりました。今回の趣意書締結を契機に、札幌市とも密接に連携しながら観光や経済など様々な分野での交流を拡げ、タイ王国と北海道の絆がますます深まることを期待しています。
  
タイ国政府観光庁との趣意書調印式1 タイ国政府観光庁との趣意書調印式2
  

2013スポーツ王国北海道 「スポーツチャレンジ教室」
(平成25年2月3日)
 

 
 恵庭市のハイテクインドアスタジアムで、「スポーツチャレンジ教室」を開催しました。
 この教室は、「スポーツ王国北海道」を目指した取組として、今回は、北海道ハイテクアスリートクラブに所属する、福島千里選手など日本を代表する陸上選手の皆様をコーチにお迎えし、小学3・4年生の子ども達と保護者の皆様を対象に実施したものです。
 このような体験を通じて、子ども達には運動・スポーツの楽しさや素晴らしさを感じてもらいたいと思っています。 
  
スポーツチャレンジ教室 
  

北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議
(平成25年2月1日)
 

 
北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議   北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議に出席しました。
 この会議は、防犯に関係する68の団体で構成され、挨拶や見守りを通して地域のコミュニティ機能を高めることを目的とした「安全・安心どさんこ運動」などの防犯活動の促進に取り組んでいます。
 今後とも、道民の皆様が安全・安心に暮らしていけるよう、関係機関との連携を一層密にし、取組を進めて参ります。 
  
 
【平成24年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る