スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2012年10月)


最終更新日:2013年3月15日(金)


はるみ知事が動く(2012年10月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く
   
 
 

  ハワイアン航空 新千歳空港就航祝賀会
(平成24年10月31日
 

 
ハワイアン航空   10月31日に就航した「新千歳-ホノルル」線の
就航祝賀会に出席しました。また、この祝賀会に先立ち、ハワイアン航空のダンカリー代表取締役社長にお会いしました。
 これから雪の季節を迎える北海道と、常夏のリゾート地であるハワイを結ぶ定期直行便が、9年ぶりに就航したことを心から嬉しく思っています。
 この直行便の運航を契機として、経済・観光・文化など様々な分野においてハワイと北海道との交流が拡大することを期待しています。 
 

  ウィルチェアーラグビー日本代表 池崎選手
ロンドンパラリンピック出場結果報告
(平成24年10月31日
 

  
池崎選手   ロンドンパラリンピック2012にウィルチェアーラグビー日本代表として出場された函館市出身の池崎大輔選手にお会いし、大会結果の報告を受けました。
 日本代表は、初めて決勝トーナメントに進出し、メダル獲得に迫る4位入賞を果たされました。池崎選手もエースとして全5試合に出場し、日本代表の約半分となる得点をあげられるなど大活躍されました。
 池崎選手は、4年後のパラリンピックを目指す意向とのこと。次なる目標に向けて、これからもご活躍されることを願っています。
 

  「新千歳-那覇」線 就航記念式典及び沖縄県訪問
(平成24年10月28日~29日
 

  
 10月28日から1日1往復運航することとなった、「新千歳-那覇」線の就航記念式典に出席しました。
 その後、第一便に搭乗して沖縄県を訪問し、「全日空国際航空物流ハブ」を視察したほか、「北海道と沖縄県との経済連携推進交流会」に出席しました。
 翌日には、仲井眞弘多・沖縄県知事にお会いし、食や観光など様々な分野で両地域の特性を活かした交流・連携の強化についてお話しさせていただくとともに、農業や情報産業などの振興について意見交換をしました。その後、日本国内で唯一の市中免税店である「DFSギャラリア沖縄」と、北海道出身の戦没者を祀る「北霊碑」を訪問しました。
  日本の一番北の北海道と一番南の沖縄県を結ぶ直行便が約5年ぶり再開し、沖縄への旅行がより快適なものとなったことを、道民の一人として本当に嬉しく思っています。
 この直行便の運航を契機として、沖縄と北海道との交流がより活発になることを期待しています。 

 就航記念式典 物流ハブ   経済連携推進交流会

 就航記念式典

   全日空国際航空物流ハブ視察 

 経済連携推進交流会 

 仲井眞知事  北霊碑  

 仲井眞弘多・沖縄県知事と面談

 北霊碑 訪問

  

   平成24年殉職警察職員慰霊式
(平成24年10月26日

 
殉職警察職員慰霊式   北海道殉職警察職員慰霊式に出席しました。
 強い使命感と信念を胸に、身を挺して道民の安全を守られた殉職者の皆様のご功績に改めて敬意と感謝の意を表するとともに、ご冥福をお祈りいたします。 
 

   厚生労働大臣への要請
(平成24年10月25日

 
厚生労働大臣への要請   三井辨雄・厚生労働大臣に対し、道内の雇用情勢を改善するための対策として、道と北海道労働局との間で「雇用対策協定」を締結することを提案して参りました。
 本道の雇用失業情勢は、改善傾向にあるものの全国との比較では厳しい状況が続いています。若年者向けの就業支援の強化や雇用関係情報の共有など、道と国が一体となって、速やかに取り組むことが必要と考えています。 
 

   平成24年度 北海道原子力防災訓練
(平成24年10月24日

 
原子力防災訓練   平成24年度北海道原子力防災訓練に参加しました。
 本年は、後志管内13町村や自衛隊、警察などの関係機関とともに、泊発電所30km圏内の住民の皆様が30km圏外の避難所まで避難することに重点をおいた訓練を実施しました。
 このような訓練を積み重ねて、道民の皆様一人ひとりの防災意識の高揚と、防災業務に携わる職員の技術の向上を図って参りたいと思っています。 
 

  2012年度「ゆめぴりか」新米発表会
(平成24年10月23日

 
新米発表会   東京都内で開催された、「ゆめぴりか」新米発表会に出席し、昨年から全国に向けて本格的な販売を開始したゆめぴりかをPRしてまいりました。
 素晴らしい品質と食味を持ち、最高級の北海道米を、道民の皆様、そして全国の皆様にもたくさん味わっていただきたいと思います。 
 

  女子野球ワールドカップ優勝選手への表彰状贈呈
(平成24年10月22日)

 
栄誉をたたえて   本年8月にカナダで開催された「第5回IBAF女子野球ワールドカップ」で優勝し、大会三連覇を成し遂げられた、女子野球日本代表チームの金由起子選手(天塩町出身)と志村亜貴子選手(広尾町出身)に対し、表彰状を贈呈しました。
 志村選手はキャプテンとして全試合に出場され、金選手は打点王のタイトルを獲得されるなど、三連覇という大会史上初の快挙に大きく貢献されました。
 お二人の素晴らしい活躍を讃えるとともに、心からお祝い申し上げます。 
 

陸上自衛隊北部方面隊創隊60周年記念式典
(平成24年10月21日)

 
北部方面隊記念式典   陸上自衛隊北部方面隊創隊60周年記念式典に出席しました。
 昭和27年の創隊以来、北部方面隊の皆様には、災害時の救援活動など道民の安全と安心を守るため日々ご尽力いただいていることに加え、さっぽろ雪まつりなどの地域づくりにもご協力をいただいています。
 これまでの活動に心から感謝申し上げるとともに、創隊60周年を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます。 
 

 JOCアスリート・ペアレンツサミット
(平成24年10月20日)

 
アスリート・ペアレンツサミット   JOCアスリート・ペアレンツサミットに出席しました。
 このサミットは、「ジュニア選手の育成に有効な保護者としての関わりを考える」をテーマに開催され、日本のトップアスリートの父母の皆様を講師にお迎えし、アスリート子育ての体験談についてお話いただきました。
 道としましても、「スポーツ王国北海道」を目指した取組に力を入れており、子供達にとって一番身近な存在である保護者の皆様が、世界を目指す子供達の夢を叶える最大の支援者となられ、本道そして日本を代表するアスリートがたくさん誕生することを期待しています。 
 

 北海道森づくりフェスタ2012
(平成24年10月20日)

 
森づくりフェスタ 

 北海道森づくりフェスタ2012に出席しました。
 北海道の豊かな森林の恵みを次の世代に引き継いでいくために、「木を植えて、育てて、切って木材として利用し、また木を植える」という森林資源の循環利用を進めることが重要です。
 このフェスタは、これまで別々に実施していた、北海道植樹祭や森林のつどい育樹祭などのイベントを一体的な行事として新たに実施したものです。
 このような取組を通じて、道民の皆様に森林や木材の良さを感じていただき、人と自然が共生するみどり豊かな北海道となることを期待しています。 

 

 第8回国際地籍シンポジウム
(平成24年10月19日)

 
国際地籍シンポジウム   第8回国際地籍シンポジウムに出席しました。
 「地籍」とは土地の戸籍のことで、行政の様々な場面で活用され、正しく測量し、記録することが求められています。
 このシンポジウムは、地籍学及び実務の進歩普及を目的とし、今回は「災害からの復興」をメインテーマに、日本・韓国・台湾が連携して開催されました。
 今回のシンポジウムが、被災地の復興の一助となり、まちづくりの基礎となる地籍事業のさらなる発展を期待しています。 
 

 社団法人日本外国特派員協会にて講演
(平成24年10月18日)

 
外国特派員協会   社団法人日本外国特派員協会で、北海道の水資源・森林資源の保護について講演を行いました。
 同協会で講演をさせていただくのは今回で2回目。
  海外の報道機関の皆様に対して、北海道が世界に誇る財産である水資源を保全するため、本年3月に全国に先駆けて制定した「北海道水資源保全条例」についてお話しし、魅力あるHOKKAIDOをPRしてまいりました。
  

 平成24年北海道功労賞贈呈式
(平成24年10月17日)

 
北海道功労賞贈呈式   平成24年北海道功労賞贈呈式に出席しました。
 北海道功労賞は、北海道の経済、社会、文化などの発展に特に優れた足跡をしるされた方々に対してお贈りしております。
 今年は、北海道文学の普及に尽力された、木原直彦・元北海道立文学館長と、北海道のものづくり産業の振興に貢献された、長原實・旭川家具工業協同組合会長に北海道功労賞を贈呈しました。
 お二人のこれまでのご功績に深く敬意を表するとともに、心から感謝を申し上げます。
 
  

ロンドンパラリンピック・自転車競技
銅メダリスト・藤田征樹選手への感謝状贈呈
(平成24年10月17日)

  

藤田選手   本年9月のロンドンパラリンピック自転車競技において銅メダルを獲得された、稚内市出身の藤田征樹選手に「感謝状」を贈呈しました。
 藤田選手は、平成20年の北京パラリンピック続くメダル獲得で、今大会の自転車競技で日本唯一のメダリストです。
 2大会連続メダル獲得という大変な快挙を成し遂げられたことを讃えるとともに、心からお祝い申し上げます。 
  

2012~2013年度国際ロータリー第2510地区 地区大会
(平成24年10月14日)
 

 
国際ロータリー地区大会   新ひだか町で開催された、国際ロータリー第2510地区(札幌市を中心とする北海道西部地域)の地区大会に出席しました。
 本地区大会には、多数の会員の皆様のほか、韓国・台湾からも国際ロータリー関係者の皆様が出席され、盛大に開催されました。
 第2510地区の皆様は、青少年の健全育成や環境保全への取組など地域に密着した幅広い奉仕活動を展開されてり、今後とも、北海道の将来を支える大きな力としてご活躍されることを期待しています。 
 

第29回法人会全国大会 北海道大会
(平成24年10月11日)
 

 
法人会   釧路市で開催された、第29回法人会全国大会北海道大会に出席しました。
 全国各地から約2,000名もの皆様が出席され、盛大に開催されました。
 全国法人会は、税知識の普及や納税意識の高揚をはじめ、「よき経営者をめざす団体」として、ボランティア活動などの社会貢献活動に取り組まれています。
  法人会の皆様には今後とも、税知識の普及に加え、全国的なネットワークを活かし、地域の活性化に貢献されることを期待しています。 
 

   全道商工会議所会頭と道との懇談会
(平成24年10月12日)
  

 
商工会議所会頭との懇談   北海道商工会議所連合会主催による道内42の商工会議所会頭と私ども道庁との懇談会に出席しました。
 冬期間における電力需給対策や金融対策など10項目の要望を受けるとともに、道政に関する諸課題について意見交換をさせていただきました。地域経済を代表する皆様からの要望、議論をしっかりと受け止め、道政に反映させて参ります。 
 

 経済産業大臣に対する北海道からの緊急要望
(平成24年10月11日)
  

 
枝野・経済産業大臣   枝野幸男・経済産業大臣を訪問しました。
 北海道からの緊急要望として、「今冬における電力の安定供給対策」、「大間原子力発電所の必要性及び安全性」、「エネルギーの多様化と安定供給・再生可能エネルギーの導入促進」の3つの項目について、国が責任を持って取り組み、国民に説明するよう大臣に強く要請して参りました。
  道民生活や産業活動に支障が生じないよう、引き続き、国に強く求めていくとともに、道としても、しっかりと取り組んで参ります。 
 

当別ダム完成式
(平成24年10月7日)
  

 
当別ダム完成式   当別ダム完成式に出席しました。
 当別ダムの完成にご尽力された多くの関係者の皆様に敬意を表するとともに、今後、当別ダムが洪水調節やかんがい用水の確保、水道用水の供給を担う多目的ダムとして地域の更なる発展と安全・安心な生活の確保に寄与することを期待しています。 
  

  北海道農協青年部協議会・JA北海道女性協議会の皆様
(平成24年10月5日)
         

 
JAの皆様   北海道農協青年部協議会・JA北海道女性協議会の皆様にお会いし、今年の農作物の作柄等の報告を受けました。
 今年は、融雪の遅れや8月下旬以降の残暑、さらには電力不足による節電対策等、生産者の皆様のご苦労も多かったことと思いますが、皆様のご努力により米の作況指数は107の「良」となるなど、平年以上の実りの秋を迎えることができ、たいへん嬉しく思っています。
  道民の皆様にも、生産者の皆様が丹精込めて作られた旬の農畜産物をたくさん味わっていただきたいと思います。 
  

 劇団四季「マンマ・ミーア!」札幌公演キャスト訪問
(平成24年10月2日)
         

 

マンマ・ミーア!キャストの皆様   9月26日に開幕した、劇団四季「マンマ・ミーア!」札幌公演の出演者の皆様にお会いするため、四季劇場を訪問しました。
 世界的なヒットミュージカルである本作品が、北海道で上演されるのは初めてと伺い、道民の一人として本当に嬉しく思っています。
 1年半近くのロングラン公演となった、前作「ライオンキング」同様に、多くの道民の皆様に愛され、公演が大成功となることを心から期待しています。 
    

  航空自衛隊千歳硬式野球部の皆様
(平成24年10月2日)
 

 
航空自衛隊千歳硬式野球部の皆様   航空自衛隊千歳硬式野球部の皆さんがお越しになり、社会人野球日本選手権への出場について報告を受けました。
 自衛隊のチームが日本選手権に出場するのは史上初。厳しい任務と野球を両立させて、出場権を獲得されたことに深く敬意を表します。
 日頃の訓練で鍛えたパワーとチームワークを発揮し、ご活躍されることを期待しています。 
 
 
【平成24年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る