スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2012年7月)


最終更新日:2013年3月15日(金)


はるみ知事が動く(2012年7月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く
   
 
 

 平成24年度北海道防災総合訓練・図上訓練
(平成24年7月31日


 防災訓練   釧路市で実施した、平成24年度北海道防災総合訓練に参加しました。
 本年度の訓練は、東日本大震災の教訓を踏まえて実施したもので、今回の「図上訓練」は、自衛隊や警察など防災対策に携わる関係機関が一堂に会し、災害応急対策活動などを実施する上で必要な課題を明らかにし、今後の対策等を議論するものです。
 また、8月30日には、地域住民の皆様にも参加していただく「実動訓練」に併せて、自主参加型訓練である「北海道シェイクアウト」が行われますので、多くの道民の皆様に参加していただきたいと思っています。
 一人ひとりの防災意識の向上が、地域の、ひいては北海道の防災力の向上につながります。
  

 食と環境・国際フォーラム2012
(平成24年7月31日


 食と環境国際フォーラム  帯広市で開催された「食と環境・国際フォーラム2012」に出席しました。
 道内外の食に関する専門家や農業生産者の皆様、そしてアジア各国の商務担当の皆様などが参加されるこのフォーラムが、食料自給率1,000%を超える「食の王国」十勝地域で開催されたことを大変嬉しく思っています。
 昨年末に認定された「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区(フード特区)」を大きな起爆剤として、北海道が、東アジアにおける「食の研究開発・輸出拠点」となるための様々な取組を加速させてまいります。
 

 北海道新幹線札幌延伸を祝う道民の集い
(平成24年7月30日


 北海道新幹線

  北海道新幹線札幌延伸を祝う道民の集いに出席しました。
 これまで長年にわたり、札幌延伸実現のために取り組んでこられた多くの関係者の皆様と喜びを分かち合いました。
 平成27年度には、「北海道新幹線の幕開け」となる新函館(仮称)の開業が予定されております。
 今後、北海道新幹線の整備促進と、地域活性化や観光振興などの開業効果を最大限に高めるための取組を、道民の皆様とともに進めてまいります。

 

 拉致問題を考える道民集会
(平成24年7月28日

 
 拉致問題  北朝鮮による拉致問題の解決に精力的に取り組まれている、郡・内閣府大臣政務官にもご来道いただいて開催した「拉致問題を考える道民集会」に出席しました。
 また、道民集会に先立ち、特定失踪者のご家族とも懇談し、拉致問題の一日も早い解決の必要性を再認識したところです。
 本年9月で、北朝鮮が拉致を認めてから10年が経過しようとしています。道としましても、政府や関係団体の皆様と協力しながら、拉致問題の早期解決に向けた取組を進めてまいります。 
 

 札幌こどもミュージカル壮行イベント
(平成24年7月28日

 
 こどもミュージカル

  道庁赤れんが庁舎前庭で行われた、札幌こどもミュージカル壮行イベントに出席しました。
 今回は、札幌の子ども達のほか、福島県と長崎県の子ども達もメンバーとして参加されました。
 8月1日に富山県で行われる「とやま世界こども舞台芸術祭2012」、そして、8月6日に長崎県で行われる「長崎・福島・札幌のこどもたちが平和をうたう」での公演に先駆けて、練習の成果を一生懸命披露してくれました。

 

 駐日タイ王国大使・ウィーラサック閣下
(平成24年7月25日)

 タイ王国大使   東京都内にて、ウィーラサック駐日タイ王国大使にお会いしました。
 タイ王国の首都バンコクと新千歳空港を結ぶ国際定期便が本年10月31日に就航することとなっており、私も大変楽しみにしております。
 「ほほえみの国」といわれるタイ王国と、観光、ビジネス、芸術など広い分野で交流を深めていきたいと思っています。

  

 平成25年度国の施策及び予算に関する提案・要望等
(平成24年7月25日~26日)

 平成25年度の国の施策・予算に関する道の要望事項などについて、道内選出国会議員をはじめ、政党、関係省庁に対し要請して参りました。
 厳しさを増す地域の経済・雇用や、TPP協定など目の前の課題にしっかりと対処しつつ、アジアをはじめ世界を視野に、食や観光、エネルギーといった北海道の強みを最大限に活かした戦略的な取組を加速させていきます。

民主党道内選出議員   民主党  国土交通省
 自民党道内選出議員  自民党  公明党

 道内選出国会議員並びに政党、省庁への要請

   

 「住友電気工業株式会社 横浜製作所」視察
(平成24年7月24日)

住友電工横浜製作所    住友電気工業株式会社 横浜製作所を訪問し、大規模蓄発電システムの実証実験施設を視察しました。
 発電効率が高い太陽光発電装置(従来のソーラーパネルの2倍)と、次世代の大容量蓄電池を組み合わせた先進的なシステムを拝見し、大変勉強になりました。
 本年3月に策定した「北海道環境産業振興戦略」の重点分野である再生可能エネルギーの育成・振興に活かして参ります。

  

 計画停電に関する緊急提言や国費予算等に係る要請
(平成24年7月22日)

枝野大臣   来道中の枝野幸男・経済産業大臣にお会いし、計画停電に関して、道民生活への影響が最小限に抑えられるよう、しっかりとした対応をお願いしました。
 また、原子力発電所の安全対策及び原子力防災対策の徹底した充実強化等について要請しました。 

  

 1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭
(平成24年7月22日)

ラジオ体操    モエレ沼公園で開催された、「第51回1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭」に参加しました。
 この催しは、全国各地で年1回開催されており、札幌では10年ぶり、2回目の開催でした。
 早朝にもかかわらず、小さなお子さんからご高齢の方々まで約9000人もの皆様が参加されていました。
 私も皆様とともに、爽やかな青空のもと思いっきり手足を伸ばし、楽しく体操をしました。

  

   全国知事会議
(平成24年7月18日~19日)

 全国知事会

 香川県高松市で開催された、全国知事会議に出席しました。
 「日本再生に向けて」をテーマに、東日本大震災からの復興や原子力発電所の安全対策、地方分権改革の推進などの諸課題について、全国の知事と意見交換しました。
 私からは、計画停電はあらゆる節電努力によりなんとしても避けなければならないという前提のもと、事前の情報の周知徹底と、たとえ計画停電が実施されたとしても国民生活や産業活動への影響が最小限に抑えられるよう提言しました。また、我が国経済は生産活動など緩やかに持ち直している分野もあるが、雇用情勢は依然として厳しい状況にあることから、政府・日本銀行の補正予算による対応のほか、「円高デフレ対策」、「地域経済対策」、「雇用対策」の3項目について発言しました。

 

  北海道日本ハムファイターズ VS 埼玉西武ライオンズ
「こころにくる旅。キュンと北海道スペシャルデー」 始球式
(平成24年7月16日)

北海道DC始球式    7月1日から始まった「北海道デスティネーションキャンペーン」の実行委員長として、北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズの始球式を行いました。
 北海道デスティネーションキャンペーンの成功と、ファイターズの勝利を願って、精一杯投球しました。
 

  「社団法人根室青年会議所 創立50周年記念式典
(平成24年7月15日)

 根室青年会議所  根室青年会議所の創立50周年記念式典に出席しました。
 根室青年会議所の皆様は、半世紀にわたって根室のまちづくり、ひとづくりに積極的に取り組まれ、また、北方領土返還要求運動の先頭に立って活動されてこられました。
 これからも、地域の、そして北海道の将来を担う若い皆様のますますの活躍を期待しています。 
 

  中標津町訪問(こんにちは知事です)
(平成24年7月15日)

  中標津町を訪問しました。
 北海道新エネルギー事業組合にお伺いし、高断熱省エネ型ビニールハウスで、熱源を灯油と電気ヒートポンプシステムの2系統とする省エネルギーの取組を興味深く拝見しました。
 続いて、新一村一雇用おこし支援事業(道補助金)を活用して、建設業から農業分野へ進出された、株式会社日翔の椎茸栽培施設を視察しました。地域でこういった取組が生まれるのはたいへん心強いです。
 道では、今後も中小企業の皆様の新分野への進出や省エネの取組を積極的に支援して参ります。

北海道新エネルギー事業組合  (株)日翔 

 北海道新エネルギー事業組合

株式会社 日翔 

 

  「カルチャーナイト10周年メモリアルイベント
(平成24年7月14日)

 カルチャーナイト10周年   文化施設や民間施設等を夜間開放し、地域文化にふれあう機会を提供する「カルチャーナイト」の10周年メモリアルイベントに出席しました。
 平成15年の初回オープニングセレモニーでご挨拶させていただいてから早10年。子どもから大人まで多くの皆様が参加する夏の一夜の風物詩として定着したことをたいへん嬉しく思っています。
 札幌で始まったカルチャーナイトは、年々参加施設が増え、また、道内各地でも開催されるなど、大きな広がりを見せており、北海道を元気にするイベントとして長く続いていくことを期待しています。
 

  社団法人日本自閉症協会 第22回全国大会
(平成24年7月14日)

日本自閉症協会全国大会    社団法人日本自閉症協会第22回全国大会に出席しました。
 北海道では平成元年以来の開催となる今大会には、自閉症の方々とそのご家族、そして各分野で支援に携わる関係者の皆様が、道内外から多数出席されていました。
  道としましても、国の施策と連携しながら、自閉症の方々とそのご家族が安心して暮らせる社会の実現に、積極的に取り組んで参ります。
 

 一橋大学での講義
(平成24年7月12日)

一橋大学での講義   一橋大学にて、特別講師として“「北海道知事」という仕事 ~知事は何ができるのか~”という演題で講義を行いました。
 私も実際に学んだキャンパスで、真剣に耳を傾けてくれる学生の皆さんに向けてお話しする機会を得ることができ、たいへん嬉しく思っています。
 
  

 「北海道新幹線札幌延伸決定に係る挨拶」
(平成24年7月11日)

 羽田国土交通大臣

 6月29日に、道民の長年の悲願であった北海道新幹線の札幌延伸が決定しました。
 これまで、札幌延伸にご尽力いただいた皆様に、喜多議長や関係市町長、経済4団体の方々とともにお礼を申し上げました。
 平成27年度の新函館(仮称)開業、そして札幌までの整備促進に向けて全力で取り組んで参ります。
 

  

 「野付半島ネイチャーセンター視察」
(平成24年7月8日)

 ネイチャーセンター  今年で開設10周年を迎えた、「野付ネイチャーセンター」を訪問しました。
 野付半島で観られる動植物が展示された館内を視察したほか、センター近くの湿地では、エゾカンゾウやハマナスに加え、幸運にもタンチョウを見ることができ、北海道の自然の雄大さと美しさを体感しました。
 日本最大の砂の半島「野付半島」は、ラムサール条約登録湿地、そして北海道遺産に選定された場所でもあります。道内外の多くの皆様に訪れていただきたいと思います。 
  

 「新・ご当地グルメグランプリ」
(平成24年7月8日)

 新ご当地グルメグランプリ

  別海町で開催された、今年で3回目の「新・ご当地グルメグランプリ」に、名誉大会長として出席しました。
 全道各地から出店した12品のご当地グルメが提供され、美味しそうな香りの漂う会場では、たくさんのご来場者の皆様が舌鼓を打っていました。
 グランプリには、開催地である別海町の「別海ジャンボホタテバーガー」が選ばれ、見事3連覇を成し遂げました。
 全道各地域の美味しいものが一同に会するこの大会を通じ、自らの地域の食の素晴らしさを再認識し、そして、道内外へ北海道の食の魅力を発信していきましょう。

  

 アイセック・ジャパン50周年記念式典「パネルディスカッション」
(平成24年7月7日)

 アイセック・ジャパン   NPO法人アイセック・ジャパン50周年式典のパネルディスカッションに参加しました。
 アイセックとは、海外での就業体験事業等を運営する世界最大級の学生組織のことで、私も学生の頃に一員として活動しておりました。
 北海道でも海外から来道者や、留学生など外国人の定住者は着実に増加しています。拡大していく海外との関係を踏まえ、世界で通用する人材の育成が重要であると改めて感じました。
  

 北海道新幹線広告塔除幕式                                                                                 
(平成24年7月6日)

 佐々木選手

    北海道新幹線の札幌延伸決定を受け、道庁北門にある広告塔を一新、その除幕式を開催しました。
    道民の長年の悲願であった札幌延伸にご尽力いただいた経済界や道議会など多くの関係者の皆様に感謝いたします。
   これから迎える「新幹線時代」に向け、地域活性化や観光振興などの開業効果を最大限に高めるための取組を進めてまいりますので、道民の皆様のなお一層のご支援とお力添えをお願いします。 

  

 大原美術館展                                                                                 
(平成24年7月5
日)

大原美術館展   道立近代美術館で開催されている「大原美術館展」を視察しました。
 北海道初となるこの展覧会では、モネやルノワールをはじめとする近代西洋美術から現代の日本美術までを展示しており、私も多くの作品を拝見させていただき大変感動しました。
 これまで6万人以上の方が鑑賞されたと伺っており、当日も多くの方々が会場にいらっしゃいました。
  

  バドミントン日本代表佐々木選手                                                                                 
(平成24年7月3日)

 佐々木選手

  ロンドン五輪バドミントン日本代表の佐々木翔選手にお会いしました。
 佐々木選手は、小さな頃からオリンピックを目指し、高校からご家族の元を離れて、バドミントンひとすじに取り組まれ、日本を代表する選手として活躍し、現在では日本人歴代最高の世界ランキング6位です。
 佐々木選手が、晴れの舞台で世界最高峰の選手を相手に活躍され、私たち道民に勇気と感動を与えてくれることを期待しています。 

  

  「東川米」の地域団体商標登録の報告                                                                                  
(平成24年7月3日)

東川米 

   松岡東川町長と板谷JA東川町組合長が、「東川米」の地域団体商標登録の報告にお越しになりました。
 道内では初めての米の地域団体商標登録であり、大変うれしく思います。
 平成23年度の北海道米の「ななつぼし」、「ゆめぴりか」の食味は最高ランクの「特A」となり、道外でも北海道米の知名度はどんどん上がっています。
 今後とも、農業者の皆様と連携しながら北海道米を売り込んでいきたいと思います。

  

 北海道新幹線札幌延伸決定セレモニー
(平成24年7月2日)

 北海道新幹線建設促進期成会が主催する札幌延伸決定の除幕式とセレモニーに出席しました。
 これまで長年にわたり、札幌延伸実現のために取り組んでこられた経済界をはじめとする多くの関係者の皆様に感謝いたします。
 平成27年度には、北海道新幹線新函館(仮称)の開業が予定されており、地域活性化や観光振興などの開業効果を最大限に高めるための取組を、経済界や沿線自治体の皆様と連携して進めていきます。

 除幕式  セレモニー

 除幕式

 セレモニー

  

 第14回全日本ホルスタイン共進会の北海道開催決定の報告
(平成24年7月2日)

共進会   日本ホルスタイン登録協会の北会長(奈井江町長)と佐藤北海道支局長がお越しになり、平成27年度に開催される「第14回全日本ホルスタイン共進会」の北海道開催が正式決定したとの報告を受けました。
 平成22年度に北海道で開催される予定であった第13回全日本ホルスタイン共進会は口蹄疫などの影響でやむなく中止となり、私も関係者の皆様と同様に残念な思いでおりました。
 全国の優秀な乳牛を競う大会が、酪農王国・北海道で初めて開催されることを大いに歓迎いたします。
  

 「北海道デスティネーションキャンペーンオープニングセレモニー」
(平成24年7月1日)

 北海道DC

  「北海道デスティネーションキャンペーン」がはじまります。
 7月1日から9月30日までの3ヶ月間、「心にくる旅。キュンと北海道」をキャッチフレーズに、大規模なキャンペーンを全国各地で展開します。
 観光客の方々に、「来て」「見て」「参加して」、北海道の魅力を満喫していただけるよう、私たち道民も温かいおもてなしの心でお迎えしていきましょう。

                          

 「メイマルシェ訪問」
(平成24年7月1日)
             

 メイマルシェ

  テレビ番組などにも出演されているマーカス・ボスさんの野菜市場「MaY MARCHE」(メイマルシェ)を訪問しました。
 シャンデリアのあるおしゃれな売り場に、色とりどりの新鮮な野菜が並び、まるで外国のマルシェのような雰囲気でした。
 シェフであるマーカスさんや生産者の皆様が店頭に立ち、野菜の美味しい食べ方をその場で教えてくれるのも嬉しいですね。
 このマルシェを通して、北海道の食の魅力がより一層高まることを期待しています。

  
 
【平成24年度】
 
[ 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る