スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2012年1月)


最終更新日:2012年4月08日(日)


はるみ知事が動く(2012年1月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く
   
 
 
 

「今年も素敵な雪まつりを演出!」                                    雪像を制作されている自衛隊の皆様への激励                                 
(平成24年1月31日)

 120131-2                         
 2月6日から7日間の予定で行われる第63回さっぽろ雪まつりのために、雪像制作に取り組まれている、自衛隊の皆様にお会いしてきました。                       
 
  完成まであとわずかというところでしたが、自衛隊の皆様が制作されている作品は、どれも大変素晴らしく、印象的なものばかり。きっと、国内はもとより世界中から雪まつりに訪れる大勢の方々を魅了することと思います。                      
 
 凍えるような寒さの中、任務に一生懸命取り組まれている自衛隊の皆様、本当にありがとうございます。
                                                                                                  

                                                                                           

栗山新監督の就任挨拶                           
(平成24年1月19日)

 0119

   日本ハムファイターズの新監督に就任された栗山新監督と球団社長の津田社長にお会いしました。          
  栗山監督は、わかりやすい解説をされるキャスターとして多くの方々に親しまれており、さらに栗山町に私設野球場をお持ちになっており、少年野球大会を開催されるなど北海道と
縁が深い方。
   栗山監督のこれまでの経験と、強いリーダーシップのもと、チーム一丸となり、リーグ優勝、そして日本一に返り咲くことを期待しております。

             

                                                           

前田国土交通大臣への要請                           
(平成24年1月18日)

 0218-2

   長年の道民の悲願であった北海道新幹線については、札幌延伸に向けた政府・与党の方針決定がなされました。
   今回、改めて前田国土交通大臣にお会いして、札幌延伸の正式決定を早期に行うようお願いしました。

             

                                                           

「力強い北海道の構築に向けて!」                                     北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区指定書授与式                               
(平成24年1月18
日)

    0118

 北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区の指定書授与式に参加し、野田内閣総理大臣から、指定書をいただきました。                                       
   北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区(HFC)は、道内の農水産物の生産体制を強化するととともに、食に関する研究開発機能を集積・拡充し、農水産資源や道産食品の安全性と付加価値の向上・販路拡大を図ることにより、食産業の研究開発、輸出拠点を目指す取組みです。                  
         
 こうした取組みを始め、力強い北海道の構築に向けて、様々な取り組みを行っていきます。               

「長年の戦い、お疲れ様でした!」                                    内藤大助さん現役引退報告                                 
(平成24年1月13日)

 0113                         
 豊浦町出身で、ボクシング元WBCフライ級王座の内藤大助さんにお会いしました。                        
 
  昨年惜しまれながら15年間に及ぶプロ選手生活に終止符を打たれた内藤さんは、現役時代からご自身の子どもの頃の体験をもとに、「いじめ問題」について積極的に発言されるなど、青少年の健全育成に貢献されています。                             
 
    今後も、バイタリティ溢れる行動力で、多くの方々を勇気づけられることを期待しております。
                                                                                                  

                                                                                           

                

余市町、喜茂別町等訪問
(平成24年1月12日)

 今回の後志管内訪問では、泊村や共和町で避難道路等を視察するとともに、余市町では、嶋町長と北海道新幹線に関する意見交換を行いました。さらに、都市部から移住し、地域協力活動に従事している「地域おこし協力隊員」の方々が活躍されている喜茂別町も訪問しました。               
 喜茂別町の
郷(さと)の駅「ホッときもべつ」では、
ラーメン店や特産品販売店で働いている地域おこし協力隊員のお二人とお話をしましたが、地域との絆を大切にしながら活動している様子を拝見し、大変感動しました。そして、少子高齢化が進む地域を多く抱える北海道にとって、こういった取組みが、地域活性化の一つのヒントになると感じました。

             
 0112-2  0114-1

 余市町長との面談

 郷の駅訪問(喜茂別町)

                        
                                                             

                                                                                      

「函館の皆さんとお会いしてきました。」
函館市訪問
(平成24年1月6日)

 今回の函館市訪問では、工藤市長とお会いして北海道新幹線について意見交換するとともに、昨年の大震災で、全域にわたって冠水被害にあった函館朝市を視察しました。                        
 朝市の視察は、震災後2度目になりますが、昨年の5月に訪れた時には、震災の影響がまだ残っていましたが、今回は、すっかり活気に満ちあふれ、以前のような賑わいを取り戻していました。                        
 
  函館朝市は、北海道、日本を代表する観光スポットの1つ。今後も多くの人が訪れ、北海道の食を大いに堪能していただきたいと思います。   
                                                                                                  

 0106-2  0106

 函館市長との面談

 函館朝市の視察

                                                                                          

職員に向けて仕事始め挨拶                           
(平成24年1月4日)

 0104

   皆様あけましておめでとうございます。                        
   仕事始めの1月4日、道議会議場で職員に向けてあいさつを行いました。

             

                                                           
 
【平成23年度】
[ 4月  5月  6月  7月      8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月  3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る