スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2011年7月)


最終更新日:2012年4月08日(日)


はるみ知事が動く(2011年7月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く
   
 
 

留萌市・増毛町訪問
(平成23年7月29日)

 真夏の太陽が照りつける夏本番のこの日、キラキラ光る日本海を横目に見ながら、オロロラインを通って留萌市と増毛町を訪問してきました。
  留萌市では、先日オープンしたばかりの「留萌ブックセンターby三省堂書店」や、管内の地域食材を使った料理を提供する「るもいコミュニティカフェテリア」、地域交流の中心地である「るもいプラザ」、終戦直後に起きた「樺太引揚三船遭難事件」の慰霊碑を訪問しました。また、増毛町では、地元のさくらんぼを使ったジャム作りを体験しました。

 

sanseido 

cafeteria 

plaza 

留萌ブックセンターby三省堂書店 

 るもいコミュニティカフェテリア

 留萌プラザ

 ireihi

jam1 

jam2 

 樺太引揚三船殉難者慰霊碑

サクランボのジャムづくり

「なでしこジャパン」熊谷紗希選手への栄誉賞贈呈式
(平成23年7月27日)

kumagai 

 「2011FIFA女子ワールドカップドイツ大会」で見事優勝した「なでしこジャパン」の一員で、ディフェンダーとして初優勝に大きく貢献された、札幌市出身の熊谷紗希選手に、栄誉賞を贈呈しました。               
 今後、移籍するドイツのクラブチームにおいても、北海道そして日本を代表して、ご活躍されることを期待しています。

イオン株式会社との包括連携協定の調印式
(平成23年7月25日)

aeon 

 平成21年12月に締結したイオン北海道(株)との包括連携協定を発展的に解消し、イオングループ全体との包括連携協定に改定する調印式を行いました。               
 国内外に様々なつながりを有するイオングループと連携することにより、本道の魅力を世界中に発信する機会が増加することを
期待しており、今後は、北海道とイオングループがしっかりと手を携えて、双方が有する様々な情報や資源を最大限に活用し、具体的な事業を展開していきます。

平成24年度国の施策及び予算に関する提案・要望等
(平成23年7月20日)

 平成24年度の国の施策・予算に関する道の要望事項などについて、道内選出国会議員をはじめ、政党、関係省庁に対し説明を行いました。
 この度の東日本大震災からの復興及び我が国全体の再生に向けた取組の推進に向け、北海道としての役割を最大限に果たしていくよう全力で取り組みます。

yousei8 

 yousei2

yousei7 

道内選出国会議員並びに政党への要請

 yousei4

yousei5 

yousei6 

厚生労働省への要請

経済産業省への要請

国土交通省への要請

北海道日本ハムファイターズ VS 埼玉西武ライオンズ
「こころにくる旅。キュンと北海道スペシャルデー」始球式
(平成23年7月16日)

sikyusiki 

 来年7~9月に行われる「北海道デスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンの一環で、北海道観光のPRもかねた様々な企画が札幌ドームで開催されたこの日、ファイターズとライオンズとの一戦において、始球式を行いました。               
 北海道観光大使でもある「B・B」や、北海道デスティネーションキャンペーンマスコットの「キュンちゃん」らに見守られながら、北海道観光の発展への願いと、ファイターズの勝利への祈りを白球に込め、キャッチャーめがけて全力で投げ込みました。

赤れんがガイアナイト キャンドル点灯式
(平成23年7月7日)

gaianight 

 7月7日七夕の日。今年で3回目を迎える赤れんがガイアナイトのキャンドル点灯式に参加しました。               
 このイベントは、夜間の人工的なライトを消し、ローソクの自然の光の中、私たち一人ひとりが地球の未来について静かに考ようと呼びかけを行っているもの。

 全国的に節電に取り組む中、私たちが文明社会の中で見失ってしまったものを、再発見するよい機会になることを願っています。

楽市楽座もりまち食KING市視察
(平成23年7月3日)

syokuking 

 雄大な内浦湾を前庭に、秀峰駒ヶ岳を脇に従え、温暖な気候と豊かな自然を背景に、農業や漁業、水産加工業が大変盛んな森町で行われている、「楽市楽座もりまち食KING市」を視察してきました。               
 バラエティに富んだ加工食品が並ぶ中、たくさんのお客さんが会場を訪れ、お客さんを呼び込むお店の方々の熱気も最高潮。今後も、さらに「食KING市」が活気に満ちあふれることを期待しています。

 
【平成23年度】
[ 4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月  3月 ]
 
バックナンバー 一覧表へ 》
 
 
戻る