スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2009年10月)


最終更新日:2006年2月21日(火)


はるみ知事が動く(2009年10月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

野幌商店街訪問
~ハロウィンフェスティバルを見学しました~
(平成21年10月31日)

       野幌商店街ハロウィンフェスティバル

  子どもたちをまちづくりの主役に育てる商店街として、今年1月に道の「いってみたい商店街」の準大賞の表彰をさせていただいた野幌商店街を訪問しました。
  ハロウィンフェスティバルは、まさに、子どもたちが主役のイベント。楽しく飾ったディスプレイやかわいらしい子どもたちの仮装は、商店街を大いに盛り上げていました。
  こうした取組が、地域の元気の源であると改めて感じる時間となりました。 

支庁制度改革に係る協議の場(於:札幌市(道庁))
(平成21年10月31日)

        支庁制度改革に係る協議の場(石狩)

  札幌市をはじめ管内首長などの皆様と支庁制度改革に係る協議の場において、道が進めている改革の取組について協議を行いました。
  皆様のご意見を伺いながら、協議をしっかりと深め、皆様と一体となって地域の様々な課題の解決に取り組んでいきたいと思います。 

不法投棄の撲滅にむけて
~北海道建設業協会と北海道が不法投棄撲滅(通報)協定を締結しました~
(平成21年10月30日)

不法投棄撲滅協定締結式      

  岩田会長をはじめ北海道建設業協会の皆様にご出席いただき、不法投棄撲滅(通報)に関する協定を締結しました。
  不法投棄の撲滅は、道民の貴重な財産である豊かな自然環境を守るため必要不可欠な取組であり、今回の協定締結により、監視の目がさらに広がり、
不法投棄の未然防止や早期発見、早期対応に結びついていくことを大いに期待しています。 

菊池さんの健闘をたたえて
~第40回技能五輪国際大会での金メダル獲得~
(平成21年10月29日)

       技能五輪国際大会金メダル菊池選手

  世界中から22歳以下の青年技能者が、様々な分野でその技を競う技能五輪国際大会がカナダで開催され、道内出場者として34年ぶりに金メダルを獲得した菊池憲明さん(印刷技術分野)に道から「健闘をたたえて」を贈呈いたしました。
  たゆまず磨かれた技能を存分に発揮され、大舞台で見事金メダルを獲得された菊池さんは、道民にとっての誇りであり、本道の青年技能者の技術水準の高さを世界に示したことは、大変意義深いことです。 

地域づくり推進会議in北空知
(平成21年10月28日)

       地域づくり推進会議(北空知)

  北空知地域の首長の皆様と地域の活性化方策等について意見交換を行う地域づくり推進会議を深川市で開催し、「そらちの元気づくり」をテーマに幅広い分野で意見交換を行いました。
  道内各地域で開催しているこの会議も今回で20回目の開催となり、これらもこうした双方向の対話を大切にしていきたいと思います。 

支庁制度改革に係る協議の場(於:根室市)
(平成21年10月24日)

       支庁制度改革に係る協議の場(根室)

  根室市をはじめ管内首長の皆様と支庁制度改革に係る協議の場において、道が進めている改革の取組について協議を行いました。
  皆様のご意見を伺いながら、協議をしっかりと深め、皆様と一体となって地域の様々な課題の解決に取り組んでいきたいと思います。 

がんばれ北海道日本ハムファイターズ
~クライマックスシリーズ第1戦の始球式を行いました~
(平成21年10月21日)

       クライマックスシリーズ第1戦始球式

  札幌ドームにおいて、北海道日本ハムファイターズのパ・リーグクライマックスシリーズ第1戦の始球式を行いました。
  今年もファイターズの皆さんの活躍に、多くの道民が勇気づけられました。これからも日本一熱い声援を送り、我らがファイターズの活躍を応援していきたいと思います。 

北海道功労賞贈呈式
(平成21年10月21日)

       北海道功労賞

  北海道功労賞は、北海道の経済、社会、文化などの発展に特に優れた功績をあげた方々に対してお贈りしており、今年は4名の方に贈呈しました。
  井上一郎さんはものづくり産業などの振興に、千葉峻三さんは小児医療などの向上に、宮田勇さんは道産米をはじめ農業の育成に、そして米坂英範さんは彫刻家として芸術文化の振興に、それぞれご貢献いただき本道の発展を支えてこられたことに、心より感謝いたします。 

北海道データセンター立地セミナー
(平成21年10月20日)

       北海道データセミナー

  東京都において、データセンター事業者などの皆様を対象とした立地セミナーを開催しました。
  私からは、北海道の冷涼な環境がデータセンターの立地に適していることや立地に係る助成措置などについてプレゼンテーションしました。
  今後、北海道がデータセンターの先進地として発展していけるように、こうした取組をより一層進めていきたいと思います。 

第13回北海道・北東北知事サミット
(平成21年10月19日)

       北海道北東北知事サミット

  このサミットは、道と青森、岩手、秋田の各県知事が一同に会して、共通の課題についての意見交換などを通じ、より一層の相互連携を図る目的で開催されています。
  今年は岩手県で開催され、農林水産業の大いなる可能性をテーマに地域活性化や温暖化対策について意見交換を行いました。
  道としては、北東北の各県との連携を強化することにより北海道の持つ農林水産業の大いなる可能性をさらに発揮していけるよう取り組んでいきたいと思います。 

陸上自衛隊北部方面隊創隊57周年記念式典
(平成21年10月18日)

       陸自北部方面創隊記念行事

  本道の防衛を担う陸上自衛隊北部方面隊の創隊57周年記念式典に出席しました。
  北部方面隊の皆様には、道民の安全で豊かな暮らしを守っていただいていており、また、日頃から雪祭りなど地域の行事にご協力いただいています。皆様は、私たち道民にとってとても大きな存在であり、道民を代表して感謝を申し上げます。

北方領土問題の早期解決を
~前原大臣の北方領土視察~
(平成21年10月16、17日)

       前原大臣北方領土視察

  前原内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)が大臣就任後初めて北方領土の視察のため、根室市などを訪問されました。
  私も地元の知事として大臣の視察に同行し、北方領土問題の現状を説明し、問題の早期解決を大臣に強く要望しました。
  道としては、これからも様々な機会を通じて、問題の解決を強く訴えるなどの取組を進めていきたいと思います。 

国際会議の開催を契機に北海道の魅力を世界に発信
~日本APEC貿易担当大臣会合カウントダウンモニュメント除幕式~
(平成21年10月15日)

       APECカウントダウンモニュメント除幕式

  来年5月の日本APEC貿易担当大臣会合の札幌開催に向けて、その機運を高めるため赤レンガ庁舎前庭にカウントダウンモニュメントを設置しました。
  このモニュメントはサッポロビールさんにご提供いただいたもので、開催までの間、官民一体となった様々な取組を進めていきたいと考えています。 

道州制で日本を変える
~経団連主催のシンポジウムで講演を行いました~
(平成21年10月15日)

       シンポジウム道州制で日本を変える

  日本経団連などの主催による道州制についてのシンポジウムで道の目指す道州制の形などについて講演しました。
  このシンポジウムが、多くの方々の道州制についての関心を喚起し、国から地方に大胆な分権を進める「地域主権型社会」の実現に一歩でも近づけるきっかけとなることを期待しております。 

日本看護サミット北海道09開会式
(平成21年10月14日)

       日本看護サミット北海道

  行政をはじめとした様々な団体が一同に会して、看護について話合う日本看護サミットが初めて北海道で開催されました。
  道では、道民の皆様の安全・安心を確保するため、切れ目のない良質な医療の提供を目指しており、医師とともにその重要な役割を担う看護職員の確保は重要なテーマとなっています。
  今回のサミット開催を本道における医療の充実をより一層進める契機として、取組を進めていきたいと思います。 

当別ダム定礎式
(平成21年10月10日)

       当別ダム定礎式

  平成24年の供用開始を目指し工事を進めている当別ダムの定礎式に出席しました。
  このダムは、地域の農業や住民生活の安定に大きく寄与するものとして期待されています。
  道としても、予定通り完成の日を迎えられるよう、工事を安全に進めていきます。

ザラボヤなどによる漁業被害視察
(平成21年10月6日)

      ホタテ貝付着物被害視察

  ホタテ貝に付着するザラボヤなどにより、大きな漁業被害を受けている噴火湾地域の静狩漁港と虻田漁港を訪問し、その状況を視察しました。
  現地の漁協の方などから説明をいただきながら、実際にザラボヤなどの付着物など見てその被害の大きさを実感しました。
  道としては、被害拡大の防止と漁業関係者の方々に対する支援などの取組をより一層進めてまいります。 

道産酒に「酒チェン」!
~北海道「食」のプレミアムブランドフェア「酒チェンイベント」~
(平成21年10月5日)

       酒チェンイベント

  北海道のお酒の質の高さや、お酒づくりのこだわりなどをPRする「酒チェン」イベントに出席しました。
  酒造好適米の開発などにより、品評会でも高く評価されている清酒をはじめとした道産酒の道内シェアは、まだまだ低い状況にあります。
  道としては、生産者や関係者の皆さんと協力して、道産酒の美味しさなどを道民の皆様にPRし、酒チェンを推進していきたいと思います。

救急医療の確保に向けて
~道東、道北ドクターヘリ就航式~
(平成21年10月3日(道東)、11日(道北))

      ドクターヘリ就航式

  道央圏に続き、道東圏、道北圏の救急医療に大きな役割を担うドクターヘリが、それぞれ市立釧路総合病院と旭川赤十字病院を基地病院として運用されることになり、その就航式に出席しました。
  道としては、道民の皆様が地域で安心して暮らせるように、地域医療の充実を目指しており、今回の両地域におけるドクターヘリの就航が広大な面積を有する本道において、大きな役割を果たすことを期待しています。

中華人民共和国成立60周年祝賀会
(平成21年10月1日)

       中華人民共和国成立60周年記念式典

  中華人民共和国成立60周年記念祝賀会が、同国駐札幌総領事館の主催で開催され、お祝いのご挨拶をしました。
  同国と北海道は、1980年に日本で2番目に早く総領事館が開設され、黒竜江省と姉妹提携を結ぶなど友好関係を築き上げてきました。
  この60周年を契機として、観光や経済をはじめとした様々な分野での交流をより一層深めていきたいと思います。

北海道新幹線の札幌延伸に向けた心強い味方
~北海道新幹線大使任命式~
(平成21年10月1日)

      北海道新幹線大使

  2代目となる「北海道新幹線大使」を北海道日本ハムファイターズの糸井嘉男選手にお引き受けいただくことになり、大使任命式を札幌ドームで行いました。
  北海道新幹線大使は、新幹線の札幌延伸に向けたPR活動などにご協力いただくもので、糸井選手を先頭に広く道民の皆様に新幹線の便利さなどを伝えていきたいと思います。

新たな交流拠点が完成
~道の駅「ウトナイ湖」開所式~
(平成21年10月1日)

      道の駅ウトナイ湖

  ラムサール条約登録湿地であるウトナイ湖のほとりに、苫小牧市で初めてとなる道の駅が完成し、開所式に出席しました。
  この道の駅は、地域の方々の交流の場となるとともに、新千歳空港から近いため、道内外の観光客の皆さんがゆったりと休息をとり、地元の産品を見たり購入したりすることができる施設として、多くの方々に利用され、地域発展の拠点となることを期待しています。

 
 
 
   戻る