スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2008年12月)


最終更新日:2009年1月13日(火)


はるみ知事が動く(2008年12月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

 

「ガンバロウ北海道餅つき大会」に参加
(平成20年12
月26日)

  
餅つき大会 

 JR札幌駅で開催された「ガンバロウ北海道餅つき大会」に参加しました。
 北海道を元気づけようと始められたこの大会も今年で12回目を数え、すっかり年末の恒例行事となりました。今年もこのようにたくさんの皆様と一緒に、一年を締めくくることができることを、大変嬉しく思います。

「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」に出席
(平成20年12
月25日)

  
アイヌ有識者懇談会 

 総理官邸で開催された政府の「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」に出席しました。
 3回目となる今回の会合では、アイヌの人たちの生活・教育支援を含むアイヌ政策の必要性について確認したほか、常本照樹北大アイヌ・先住民研究センター長から、諸外国の先住民政策とアイヌの政策課題等について報告がありました。
 今後とも生活向上や教育の充実、支援など様々な政策のあり方について、しっかりと議論してまいります。

「アイヌ政策を考える懇談会(第2回)」を開催
(平成20年12
月18日)

  
懇談会 

 道主催の「アイヌ政策を考える懇談会」を開催しました。
 この懇談には、加藤忠北海道ウタリ協会理事長、常本照樹北海道大学アイヌ先住民研究センター長、本田優子札幌大学教授、畑宏明(財)北海道埋蔵文化財センター常務理事に出席をいただき、常本先生から、諸外国の先住民族の事例などについて説明を受けました。なお、今回の内容については、25日に開催される政府の「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」において報告を行います。 

第5回太平洋・島サミット会議候補地を視察
(平成20年12
月17日)

  
島サミット 

 第5回太平洋・島サミット会議候補地である占冠村・トマムを視察しました。
 道としては、ポストサミットとして国際会議の誘致に積極的に取り組んでいるところであり、地元自治体をはじめ関係機関と連携して、万全の体制で受け入れの準備を進めてまいります。 

G8水と衛生に関する専門家会合歓迎レセプションに出席
(平成20年12
月16日)

  
専門家会合 

  G8水と衛生に関する専門家会合歓迎レセプションに出席しました。道では、今夏の北海道洞爺湖サミットの開催を契機に官民を挙げて、国際会議等の誘致に取り組んでいるところであり、この度の会議が本道で開催されたことを大変嬉しく思っています。

(株)NTTドコモ北海道支社への感謝状の贈呈
(平成20年12
月11日)

  
ドコモ感謝状 

 ㈱NTTドコモ北海道支社が、青少年の安全な携帯電話の利用を呼びかけることを目的に、平成16年7月にはじめた小中学生を対象とする「ケータイ安全教室」の受講者が、この度10万人を突破しました。道としてもこのような取組みに感謝を表明する趣旨から、㈱NTTドコモの西岡廣明執行役員北海道支社長に感謝状を贈呈しました。
 インターネット上や携帯電話の有害情報から青少年を守り、健全な成長を促すため、道としても関係の皆様と連携を図りながら取組みを進めてまいります。

サプリン在札幌ロシア連邦総領事が来庁
(平成20年12
月11日)

  
ロシア総領事 

  在札幌ロシア連邦総領事として着任されたサプリン総領事が来庁されました。サプリン総領事には、北海道サハリン事務所や北海道ビジネスセンター、函館ロシアセンターの開設等にもご尽力いただきました。
    去る10月には、私自身、サハリン州をはじめとするロシア極東地域を訪問し、経済交流の拡大について提案したところであり、今後ともサハリン州やロシア極東地域との交流が一層促進されるよう努めてまいります。

~北海道新幹線「札幌延伸」緊急総決起大会を開催~
(平成20年12
月4日)

  
総決起大会 

 北海道新幹線建設促進期成会が主催して、北海道新幹線の札幌延伸を求める緊急総決起大会を東京都内で開催しました。
 大会には、本道選出の国会議員の方々や経済団体の代表らが参加したほか、総決起大会後には、国土交通省を訪れ、金子一義国土交通大臣に決議文を手渡し、札幌延伸を要請しました。

~燃料電池車「トヨタFCHV-adv」納車セレモニー~
(平成20年12
月1日)

  
納車セレモニー 

  トヨタ自動車(株)の増田義彦常務役員より、冬季モニター試験の一環として貸与していただく燃料電池車のゴールデンキーの贈呈を受けました。
 燃料電池車は、今後、道の業務やイベントなどに利用し、道民の皆様に、環境にやさしい燃料電池車をアピールしてまいりたいと考えています。

 

   戻る