スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2008年11月)


最終更新日:2008年12月08日(月)


はるみ知事が動く(2008年11月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

~平成20年第4回定例会開会~
(平成20年11月27日)

  
定例会開会 

   第4回定例会が開会しました。

道民との協働による森林づくりに向けてコープさっぽろと森林づくりに関する協定を締結
(平成20年11月25
日)

  
協定 

   コープさっぽろの大見英明理事長と森林づくりに関する協定を締結しました。この協定は、コープさっぽろの各店舗で、レジ袋を辞退するごとに0.5円を積み立ててていくもので、この資金を活用し、植樹や森林体験活動等の事業を行っていくものです。
  道としても、植樹のコーディネートや森林とふれあう事業などを行いながら、全道各地での森林づくりに取り組んでいきたいと考えています。

「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」に出席
(平成20年11月23
日)

  
アイヌ懇談会 

  東京都のアイヌ文化交流センターで開催された「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」に出席し、関東在住のアイヌの方々と意見交換しました。
 こうした意見交換や視察を通じて、アイヌの方々に対する理解が深まり、今後のアイヌ政策へ反映されるよう努めてまいります。

北海道新幹線建設促進等にかかる中央要請
(平成20年11月20
日)

  
中央要請 

 釣部勲道議会議長をはじめ、道内経済界の方々とともに、北海道新幹線建設促進期成会の中央要請を実施し、河村建夫官房長官らに札幌延伸実現を要請しました。
 北海道新幹線の札幌延伸は道民の悲願であり、認可・着工に向けて、今後とも、全力で取り組んでまいります。

北海道指導農業士協会との懇談会に出席
(平成20年11月11
日)

  
懇談会 

  北海道指導農業士協会の皆様との懇談会に出席し、地域での取組などについて意見交換しました。
 農家戸数の減少や農業者の高齢化の進行などの課題に対応し、持続的に農業を発展させていくためには、意欲にあふれた担い手の育成が重要です。
 今後とも、指導農業士の皆様と連携して、担い手の確保に向け、道としても引き続き取り組んでまいります。

函館ロシアセンター開設式典に出席
(平成20年11月4
日)

  
ロシアセンター 

  ロシア極東国立総合大学函館校の附属機関として開設された函館ロシアセンターの開所式に出席しました。
 ロシアセンターが旧ソ連邦構成国以外で設置されるのは日本がはじめてであり、このセンターが北海道とロシアとの交流の新たな架け橋となり、日露の相互理解の促進に大きく寄与することを期待しています。

 

   戻る