スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2008年7月)


最終更新日:2008年8月05日(火)


はるみ知事が動く(2008年7月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

北海道の農商工連携の取り組みを促進
~商農工連携フォーラムに出席~
(平成20年7月31日)

  
連携フォーラム 

 農商工連携フォーラムに出席しました。
 フォーラムでは、慶応大学大学院教授の林美香子さんやアジアネット代表の田中豊さんらによるパネルディスカッションが行われ、「農商工連携で拓く北海道の未来」をテーマに活発に意見交換が行われました。
 今後とも、一次産業や経済団体の皆様と連携を図りながら、北海道の活性化に向けて取り組んでまいります。

球児の皆さんの活躍を応援しています
~第90回全国高校野球選手権大会出場報告~
(平成20年7月25日)

  
甲子園出場激励 

 8月2日に開幕する夏の甲子園大会への出場が決まった、北海道代表の駒澤大学附属岩見沢高等学校、北海高等学校の皆さんを、道庁で激励しました。
 厳しい暑さが待っていますので体調管理をしっかりとし、北海道の高校球児の思いを背に精一杯プレーしてほしいと思います。

道産品の販路拡大や障がい者の就労支援等について協定
~(株)セブンイレブン・ジャパン、(株)イトーヨーカ堂と包括連携協定を締結~
(平成20年7月24日)

  
連携協定 

 (株)セブンイレブン・ジャパンの山口俊郎社長及び(株)イトーヨーカ堂亀井淳社長と道産品の販路拡大や障がい者の就労支援など七項目で協力して事業を行う包括連携協定を締結しました。
 三者の連携のもと、協働事業のパートナーとして具体的な事業を実施しながら、今後とも北海道の発展のために連携を図ってまいります。

エゾシカ有効活用等中国東北部調査団からの報告
~エゾシカの有効活用、中国への輸出等の可能性~
(平成20年7月23日)

  
エゾシカ調査結果報告 

 エゾシカ有効活用等中国東北部調査団の鎌田公浩団長、石子彭培副団長、増子孝義東京農業大学教授らから中国での調査結果の帰国報告を受けました。
 エゾシカが著しく増加し、社会問題化している一方、北海道の天然資源であることから、道としても、産学官で連携を図りながら、エゾシカの有効活用について、引き続き検討を進めてまいります。

全国知事会議に出席
(平成20年7月16日~17日)

  全国知事会議
 

 横浜市で開催された全国知事会議に出席しました。
 知事会議では、第二期地方分権改革や道路財源の一般財源化、地方消費税の充実に関する政府への提言などについて活発な議論が交わされました。
 北海道から提案した「座礁放置された外国船舶」問題についても政府への提言として取り入れられることになりました。

日産自動車(株)から「クリーンディーゼル車」の寄贈
(平成20年7月15日)

  贈呈
ゴールデンキーの贈呈
 

 日産自動車(株)の戸井田社長様から、国内初となるクリーンディーゼル車の第一号車の寄贈を受けました。 
 クリーンディーゼル車は、燃費の良さとクリーンな排気に加え、CO2の削減効果が大きいという環境にやさしい車です。
 寄贈いただいた車両は、環境に優しい取組の普及活動などに幅広く活用させていただきます。

北海道洞爺湖サミット特別派遣部隊離道式に出席
(平成20年7月10日)

  
離道式 

 北海道洞爺湖サミットの期間中、警視庁をはじめとする各府県警察から道内に特別派遣され、警備にあたった全国の警察官の離道式が執り行なわれました。
 安心して会議が開催できる環境をつくっていただいたことはもとより、地域住民の皆様の生活の安全確保を図っていただいたことに、心から感謝を申し上げます。

G8首脳の夫人らと有珠山で記念植樹
(平成20年7月9日)

  
夫人植樹 

 北海道洞爺湖サミットで来道されたG8首脳のご夫人らとともに有珠山噴火記念公園で記念植樹を行いました。
 植樹していただいたクリーンラーチが立派に育ち、環境保全の一助となることを願っています。

サミットの気候変動に関する拡大会合参加国・歓迎レセプションを開催
(平成20年7月8日)

  
歓迎レセプション 

 北海道洞爺湖サミットの拡大会合に参加する国や国際機関の首脳らをお招きして歓迎レセプションを開催しました。
 レセプションでは、中国の胡錦濤国家主席や韓国の李明博大統領をはじめとした6カ国と、国連の潘基文事務総長らにご出席いただき、道内の各界の皆様との交流を深めていただきました。 

北海道情報館をG8首脳のご夫人が視察
(平成20年7月8日)

  
情報館 

 北海道洞爺湖サミットの配偶者プログラムの一環として、福田首相の貴代子夫人、G8首脳のご夫人の方々などに、留寿都村の「北海道情報館」を視察していただきました。
 北海道情報館では、アイヌ民族の文化や収穫した農産物の貯蔵庫に雪を活用する取り組みなどを紹介しました。 

G8首脳とともにクリーンラーチを植樹
(平成20年7月8日)

  
植樹 

 主要八カ国(G8)の首脳の方々と、北海道洞爺湖サミットの開催を記念する植樹を行いました。
 植樹した木は、道立林業試験場が開発した二酸化炭素の吸収率が高い新品種のマツ「クリーンラーチ」です。未来への行動のシンボルとして、大きく育ってほしいとの願いを込めました。 

サミットのアフリカ開発に関する拡大会合参加国・国際機関歓迎レセプションを開催
(平成20年7月6日)

  
歓迎レセプション 

 サミットのアフリカ開発に関する拡大会合(M8)に出席される各国の代表団をお迎えし、歓迎レセプションを開催しました。
 今回のサミットを通して、北海道への理解を深めていただくため、道内各界の皆様との交流を深めていただきました。 

サミット前日、新千歳空港で福田総理を出迎え
(平成20年7月6日)

  
出迎え 

 北海道洞爺湖サミット参加のため、福田総理は貴代子夫人とともに政府専用機で新千歳空港に到着しました。
 この後、各国の首脳が続々と新千歳空港に降り立ちました。

北海道洞爺湖サミット消防特別警戒部隊結団式に参加
(平成20年7月5日)

  
結団式 

 北海道洞爺湖サミット開催時の消防・救急体制に対応するため、道内・外からお集まりいただいた消防特別警戒部隊員の結団式に出席しました。
 全国から多くの消防機関にご協力をいただき、深く感謝を申し上げます。

「国際メディアセンター・北海道情報館」開所式に参加
(平成20年7月5日)

  国際メディアセンター開所式
 

 北海道洞爺湖サミットで報道陣の取材拠点となる国際メディアセンター(留寿都村)の開所式に参加しました。
 このメディアセンターから、サミットや北海道の魅力が世界各国に配信されました。また、北海道情報館では、北方領土問題やアイヌ民族をはじめ、北海道への理解を深めていただく様々な展示を行いました。

「北のまるしぇ」オープニングセレモニーに参加
(平成20年7月5日)

  オープニングセレモニー
特設市場の様子
 

 後志管内の産品を集めた農産物直売市場「北のまるしぇ」のオープニングイベントに参加しました。
 羊蹄山が見える素晴らしい自然の中で、各国首脳夫人や国内外のプレスの方々に、新鮮で高品質な食材と手料理を堪能いただきました。

「花フェスタin赤れんが」オープニングセレモニーに参加
(平成20年7月4日)

  花フェスタ
 

 「北海道『花いっぱいでお迎え』プロジェクト」の一環として、「花フェスタin赤れんが」を開催しました。
  多くの方々が訪れる赤れんが庁舎と前庭を花で飾り、観光客や道民の方々に広く花観光をPRしてまいります。

J8サミット2008千歳支笏湖開会式に出席
(平成20年7月2日)

  ジェイエイトサミット
会場で中田英寿氏と
 

 支笏湖で行われたJ8サミットの開会式に出席しました。
 北海道洞爺湖サミットでテーマとなる「気候」や「貧困」などについて、G8各国やアフリカなど15カ国から参加した38人の中高生が議論し、J8宣言としてまとめ、7月7日にG8首脳に提出しました。

 

    


戻る