スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2008年5月)


最終更新日:2008年6月09日(月)


はるみ知事が動く(2008年5月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

    

全国骨髄バンクボランティアの集いに参加
(平成20年5月31日)

  骨髄バンク
あいさつ
 

 全国骨髄バンクボランティアの集いに参加しました。
 骨髄バンクのドナー登録者数については、道内でも今年1万7千人に達するなど、ボランティアの皆様の「一人でも多くの患者さんの命を救いたい」との思いと善意の輪により、着実に広がってきています。引き続き、皆様のご理解とご協力をお願いします。

日本医学検査学会開会式に出席
(平成20年5月30日)

  医学検査学会
あいさつ
 

 全国の臨床検査技師の方々などが集う、日本医学検査学会開会式に出席しました。
 地域における医療体制の整備は、喫緊かつ重要な課題であり、道としても、病院や診療所、または医療に関わる研究、検査機関などで、安全・安心な医療を提供できるよう、今後とも関係機関・団体と連携を図ってまいります。

北海道環境大使任命式
~ヨサコイキャラクターを環境大使に任命~
(平成20年5月30日)

  北海道環境大使
ヨサコイチャピと
 

 ヨサコイソーラン祭りのマスコットキャラクター「ヨサコイチャピ」を北海道環境大使に任命しました。「ヨサコイチャピ」は、温暖化の進む南極から流氷に乗って北海道に流れ着いたペンギンのキャラクターで、地球温暖化に警笛を鳴らしているという設定。
 今後「ヨサコイチャピ」には、北海道環境大使として、6月4日から8日まで開催されるヨサコイソーラン祭りなどにおいて、道の環境政策を広くPRしてもらうほか、7月に開催される北海道洞爺湖サミットを盛り上げてくれることを期待しています。

「北海道ゆとりナイター」でも観光プロモーション
~プロ野球セ・パ交流戦で北海道の名産品をPR~
(平成20年5月28日)

  始球式
両監督に花束贈呈
 

 神宮球場で行われたヤクルト-日ハム戦で北海道の名産品や「ゆとりツーリズム」をPRしました。
 試合前には、梨田日本ハム、高田ヤクルトの両監督に花束を贈り、健闘をお祈りしました。

北海道観光プロモーション
~首都圏の旅行会社に「ゆとりツーリズム」をPR~
(平成20年5月28日)

  観光プロモーション
プレゼンテーション
 

 北海道観光振興機構が主催する「北海道観光プロモーション」に私も参加し、首都圏の旅行会社等の皆様を対象に北海道観光のトップセールスを行いました。
 今回のセールスでは、「ゆとりツーリズム」を取り入れた道内への長期滞在型観光をPRしました。首都圏の旅行会社の皆様には、今後道内への長期滞在型のツアー商品を数多く設定いただくよう、期待しています。
 

道産食材でサミットをお迎えする集い
~ウィンザーホテル総料理長らに道産食材をPR~
(平成20年5月27日)

  お出迎えする集い
試食会でのあいさつ
 

 北海道洞爺湖サミットの関係者を迎えるホテルの総料理長等の皆様方に、道産食材のすばらしさを実感いただくため、試食会を開催しました。 
 世界中からお越しになる各国首脳やプレスの方々に、本道が誇る新鮮で安全安心な道産食材を活用した料理を存分にPRし、道産食材を「食の世界ブランド」につなげていきたいと考えています。

北海道町内会連合会創立30周年記念大会に出席
(平成20年5月27日)

  連合会
あいさつ
 

 防犯や環境活動など、地域のコミュニティ活動に多大な貢献をいただいている「北海道町内会連合会」の30周年記念大会に出席しました。
 地域の安全安心を確保していくため、町内会や自治会など地域の皆さんと連携を図りながら、コミュニティ活動の活性化に取り組んでまいりたいと思います。

北海道コカ・コーラボトリング㈱ による寄付金の贈呈
~缶コーヒーの売上げの一部を環境保全活動の推進に~
(平成20年5月27日)

  コカコーラ贈呈式
 

 北海道コカ・コーラボトリング㈱ 様から、缶コーヒー「ジョージアサントスプレミアム北海道限定デザイン缶」の売上げの一部について寄付金の贈呈を受けました。
 環境保全活動の推進に有効に活用させていただきます。 

世界初のハイブリッド鉄道車両に試乗
~新型車両で二酸化炭素の排出量を抑制~
(平成20年5月27日)

  JR北海道ハイブリット車両
 

 JR北海道が開発した、世界初のハイブリッド鉄道車両に試乗しました。
 この「モーター・ハイブリッド式アシスト車両」は、少ない燃料消費で二酸化炭素の排出量を減らすことができ、7月の北海道洞爺湖サミット開催期間中には、JR室蘭線で走行試験を行う予定です。

北海道苦情審査委員 平成19年度活動状況報告
~道政に対する苦情審査、開かれた道庁を推進~
(平成20年5月26日)

  苦情審査委員からの報告
 

 苦情審査委員の皆様から平成19年度の活動状況についてのご報告を受けました。
 ご報告いただいた案件については、道政全般への提言として受けとめ、改善に取り組んでまいります。

(社)千島歯舞諸島居住者連盟創立50周年記念式典に出席
(平成20年5月26日)

  千島連盟
あいさつ
 

 (社)千島歯舞諸島居住者連盟の創立50周年記念式典に出席しました。
 北方領土問題解決は私たち道民の長年の願いです。
 7月の北海道洞爺湖サミットを契機として、国内外の方々に領土問題についての認識を広げるなど、関係者の皆様方とも一層の連携を図りながら、改めて北方領土問題解決に向けて取り組んでいく決意を新たにしました。

第59回北海道植樹祭に出席
~森林づくりへのステップ~
(平成20年5月25日)

  北海道植樹祭
地元の小学生らと
 

 中標津町で開催された第59回北海道植樹祭に出席しました。あいにくの小雨まじりの天気でしたが、町内外から約2,000人が参加し、2,000本の苗木を植えました。
 私も地元の子供たちと道立林業試験場が開発した、二酸化炭素吸収能力に優れたマツの新しい木「クリーンラーチ」の苗木を植えました。
 皆さんと一緒に植えた木々が地球を守る大樹となるように、地域にしっかりと根ざした森林づくりへの大きなステップの一つにしたいと思っています。
 

ねむろ環境フォーラムに出席
~根室管内から環境メッセージを発信~
(平成20年5月24日)

  根室環境フォーラム
子供たちを環境大使に任命
 

 中標津町で開催されたねむろ環境フォーラムに出席し、管内の小学生28人から「電気をこまめに消す」などの「宣言書」をいただきました。私からは今後とも環境保全に自ら取り組んでもらうよう、子供たちに「環境大使」をお願いしました。
 まずは、家庭から、そして地域ぐるみへと、一人ひとりができることを、着実に積み重ね、全道に拡がっていくことを期待しています。

コンブ新幹線の贈呈
~札幌延伸への応援団~
(平成20年5月23日)

  コンブ新幹線
コンブ新幹線「雲竜号」
 

 コンブで新幹線の模型を作った福島町の鳴海健児さんと発案者の中塚徹朗さん、村田駿福島町長が道庁にお出でになり、コンブ新幹線「雲竜号」の贈呈を受けました。
 このような心強い援軍を得て、私も北海道新幹線の札幌延伸に向けて全力で取り組みます。
 なお、贈呈されたコンブ新幹線は道庁1階ロビーに掲示しておりますので、道庁を訪れたみなさんもぜひ、ご覧になってください。

地域づくり推進会議 in上川北部に出席
~安全・安心で活力ある地域づくりをテーマに意見交換~
(平成20年5月21日)

  地域づくり推進会議
あいさつ
 

 地域づくり推進会議については、これまで道内12の地域で開催しており、今回は上川北部の名寄市での開催となりました。
 今回のテーマは、「安全・安心で活力ある地域づくり」。
 食、医療、子育てをはじめ、様々な分野で安全・安心を確保することの大切さなどについて、首長の皆様と幅広く意見交換を行いました。

道内唯一の介助犬「ジルバ」と三上さんを訪問
(平成20年5月21日)

  介助犬ジルバと
 

 道内唯一の介助犬「ジルバ」と暮らす士別市の三上晶代さん宅にお伺いしました。
 三上さんがジルバと頑張る姿に胸が熱くなりました。
 介助犬を含めた身体障害者補助犬の大切さを改めて深く心に刻みました。 

「”宝くじスポーツフェア”ドリームベースボール
~往年の名選手が新十津川町で野球教室~
(平成20年5月18日)

  ドリームベースボール
金田正一さんや若松勉さんらと
 

 プロ野球の中心選手として長年活躍した金田正一さんら名球会や選手OBによる子供達への野球教室が開催されました。
 テレビで見る名選手から直接指導してもらい、子供達にとっても、貴重な経験になったものと思います。

「ラブアース・クリーンアップin北海道2008ごみ拾いウォーク」に参加
(平成20年5月17日)

  ラブアース
大通公園で清掃活動
 

 ラブアース・クリーンアップin北海道実行委員会が主催する札幌市の大通公園での清掃活動に参加しました。
 北海道洞爺湖サミット開催まで2ヶ月を切り、サミット開催の気運が高まってきていますが、身近なところから環境問題を考え、また、世界から来道される皆様を「きれいな北海道」でお迎えしようと、700人もの方々が集まりました。
 道でもこの4月に「北海道環境宣言」を発信し、「私たちが環境問題に関心を持ち、自ら行動する」、そういった取組みを進めていくこととしています。

「しあわせの桜ともみじ」夕張市民植樹キャンペーン記念式典に参加
(平成20年5月17日)

  植樹
ニトリ社長、夕張市長らと植樹
 

 夕張市を桜と紅葉の名所にする「『しあわせの桜ともみじ』夕張プロジェクト」記念植樹に参加しました。このイベントは、今年で2年目、(株)ニトリの「ニトリ北海道応援基金」の活用と道内外の企業や個人の賛同を得て行われており、毎年4千本ずつ、5年間で計2万本を植樹していきます。
 桜の木々の成長とともに、夕張市も困難を乗り越え、確かな将来を築き、いつの日か溢れんばかりの桜が咲く”春”が来るよう願っています。

母子家庭の模範となる方々を表彰
~北海道優良母子家庭表彰式~
(平成20年5月9日)

  母子表彰
表彰式
 

 様々な困難を乗り越え、多くの方々の目標となる素晴らしい家庭を築かれた方々を母の日に合わせてお祝いする北海道優良母子家庭表彰式を開催いたしました。
 ひとり親であるが故の困難にもくじけず、お子様を立派に育て上げ、今日を迎えられた皆様に、心から敬意を表します。

「春の地域安全運動」道民の集いに出席
(平成20年5月9日)

  20080509anzen
あいさつ
 

 交通事故や犯罪の無い「安全で安心な北海道」を目指し、交通安全や地域安全を呼びかける「春の地域安全運動」道民の集いに参加しました。
 交通事故や犯罪をなくし、安全で安心して暮らせる社会の実現は、道民のすべての願いであり、私も先頭になって道民の皆様とともに取り組んでまいります。

道産のバラとカーネーションのプレゼント
~一足早い母の日のプレゼント~
(平成20年5月9日

  花のプレゼント
色鮮やかな花とともに

 北海道花き生産連合会バラ部会の皆様から、丹精込めて生産した鮮やかな色彩のバラとカーネーションをプレゼントされました。素敵な「母の日」のプレゼントとなりました。

北海道洞爺湖サミットへの寄付金の贈呈
~札幌信用金庫による支援表明~
(平成20年5月8
日)

  支援表明
目録の贈呈

 札幌信用金庫様から、北海道洞爺湖サミット道民会議への寄付金の贈呈を受けました。
 サミットの成功に向けた支援に心から感謝を申し上げるとともに、贈呈いただいた寄付金は、周辺の美化活動や北海道情報館の整備など、道民会議の事業に要する経費として有効に活用させていただきます。
 
今後とも民間企業の皆様にもお力添えをいただきながら、加速度的にサミット開催への諸準備を進めてまいります。

春の叙勲伝達式
(平成20年5月7日)

  叙勲伝達式
あいさつ
 

 本道の地方自治の発展のため、あるいは、福祉や医療・衛生といった分野で多くの業績をあげ、ご尽力をされた受章者の方々に、叙勲の伝達式を執り行いました。
 受章者の皆様のこれまでのご努力とご功績に対して改めて敬意を表するとともに、受章者の方々を支えてこられたご家族の皆様にも、深く感謝を申し上げたいと思います。

道庁地下1階にセイコマートがオープン
(平成20年5月7
日)

オープンセレモニー
テープカット
 

 道庁地下の売店は、これまでも職員はもとより、道民の皆様にもご利用をいただいているところですが、道有財産の有効活用の観点から、この度出店者を公募し、セイコマートに出店いただくこととなりました。
 民間のノウハウを活かされ、道産品をはじめ、良い商品をご提供いただき、来店者に喜んでいただけるお店になることを期待しています。

 
 
   戻る