スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2008年4月)


最終更新日:2008年11月12日(水)


はるみ知事が動く(2008年4月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く
 

「北海道どさんこプラザ」リニューアルオープン
(平成20年4月26日)

  どさんこプラザリニューアル
来場者へ花のプレゼント
 

 東京都心JR有楽町駅向かいにある「北海道どさんこプラザ」がリニューアルオープンしました。
 リニューアルを機に、百貨店での道産品、道産食材の販売や、東京のレストラン、居酒屋に道産食材を使ったメニューを提案するなど、道産品の販路拡大につながるものと思います。

福田総理に北方領土の早期返還・要望書を提出
(平成20年4月24日)

  要請
要望書を手交
 

 堀達也北方領土復帰期成同盟会長、長谷川俊輔根室市長らとともに、ロシア訪問を控えた福田康夫総理に、元島民の高齢化、周辺海域での日本漁船の拿捕(だほ)問題などを踏まえ、北方領土の早期返還を求める要望書を提出しました。

「花いっぱいでお迎え」プロジェクト
~オープニングセレモニーに出席~
(平成20年4月22日)

  花いっぱいでお迎えオープニングセレモニー
 

 国内外から北海道洞爺湖サミットにお見えになる方々を「花」でおもてなしする、「北海道花いっぱいでお迎えプロジェクト」オープニングセレモニーを行いました。
 本道の玄関口である新千歳空港や、サミットの舞台となる洞爺湖周辺、そして各地の駅などを花で彩ることで「おもてなし」の心をあらわすとともに、道内各地の花の名所をアピールし、北海道の花の魅力を世界に向けて発信していきたいと考えています。

環境シンポジウムに出席
~北海道環境宣言

(平成20年4月21
日)

  北海道環境宣言
 

 北海道洞爺湖サミットを契機として二酸化炭素(CO2)や家庭ゴミの排出量を削減するなど、環境に配慮した取り組みを促していくため、「北海道環境宣言」を策定しました。
 道民総意の取り組みが、世界における環境保全の地域モデルの一つになることを期待しています。

らんフェスタ赤平2008を視察
(平成20年4月18日)

  20080418festa
 

 4月18日から20日まで赤平市で開催された「らんフェスタ」を視察しました。
 らんの持つ優雅さに圧倒されるとともに、このイベントは市民の方々が準備を進め、市民の手で開催されており、地域の皆様の熱い思いを感じることができました。

地域づくり推進会議 in十勝に出席
~魅力ある十勝づくりをテーマに意見交換~
(平成20年4月11
日)

  
  20080411tokati

 これまで道内11の地域で、環境問題や地域医療対策など、それぞれの地域の課題について意見交換を行ってきましたが、今回は、十勝の幕別町で管内の首長さん達と地域の課題や話題などについて幅広く意見交換を行いました。

交通事故死ゼロを目指す日道民総決起大会に出席
(平成20年4月10日)

  交通事故死ゼロ
総決起大会
 

 昨年の交通事故死者数は、交通安全対策を推進した結果、3年連続でワーストワンを回避することができましたが、交通事故死ゼロは、道民のみならず国民全体の願いです。
 交通事故のない安全・安心な社会を築いていくため、私自身先頭に立ち、皆様方と一丸となって交通安全運動にしっかりと取り組んでまいります。

北海道洞爺湖サミットのPRに協力
~全日本空輸(株)による支援表明~
(平成20年4月7
日)

  
支援表明 

 全日本空輸(株)様から、機内誌等における北海道洞爺湖サミットのPRや北海道情報の発信等への支援表明をいただきました。
 このような支援に感謝を申し上げるとともに、是非多くの方に来道いただき、北海道の素晴らしさをアピールするとともに、本道の活性化に向けて取り組んでいきたいと思います。

ねんりんピック北海道・札幌2009大会のPR車両引渡式に出席
(平成20年4月7
日)

  ネンリンピック
大会PR用車両の前で
 

 来年9月に、全国から約1万人の高齢者の皆様をお迎えし、スポーツ・文化交流、健康、福祉の総合的な祭典である「ねんりんピック北海道・札幌2009」をPRするための車両を、札幌トヨペット(株)様から提供していただきました。
 同社の田中社長から、大会マスコットの「うっさん」立会のもと大きな鍵を受け取りました。

地球温暖化に関する懇談会等に出席
~環境問題について総理や地域住民と意見交換

(平成20年4月5
日)

  
200405onkanka
       地球温暖化懇談会

 サミットの主会場となるウィンザーホテルで開催された地球温暖化に関する懇談会に出席し、福田総理大臣をはじめ、甘利経済産業大臣、鴨下環境大臣など各委員の方々と低炭素社会の姿とその道筋について、議論しました。

  200405kokumintaiwa
国民対話
 

 洞爺湖文化センターにおいて、福田総理大臣も出席の下、国民対話「甘利大臣、鴨下大臣と語る希望と安心の国づくり」に出席し、地域温暖化をテーマに地域住民等と意見交換が行われました。

  
地域リーダーとの懇談会 

 また、千歳市で開催された甘利経済産業大臣と地域リーダーとの懇談会に出席し、地域資源を活用した企業の取組などについて、農商工連携に取り組む経営者の方々と意見交換しました。

~総理大臣とともに洞爺湖サミットの会場を視察
(平成20年4月5
日)

  洞爺湖視察
総理と会場を視察
 

 本年7月7日に開催される北海道洞爺湖サミットの会場となるウィンザーホテル、留寿都村に建設中の国際メディアセンター、そして真狩村のレストラン「マッカリーナ」を福田総理大臣とともに視察しました。
 サミットの成功に向けて、決意を新たにしました。

明日の地域医療を担う医療人めざして
~札幌医科大学・大学院入学式
(平成20年4月4
日)

  札幌医科大学入学式
 

 札幌プリンスホテルにおいて、平成20年度札幌医科大学・大学院入学式が執り行われました。
 札幌医科大学で学ばれる皆さんには、「病に苦しむ患者さんたちと真剣に向き合っていく」という心構えを持ち、明日の地域医療を担う医療人となられることを切に願っています。

 北海道洞爺湖サミットへの通訳業務等に協力
~(財)日本国際協力センター(JICE)による支援表明~
(平成20年4月4
日)

  サミット支援表明
 

 (財)日本国際協力センター(JICE)様から、北海道洞爺湖サミット開催期間中の通訳業務や準備期間におけるボランティア通訳等への協力の支援表明をいただきました。
 このような支援に感謝を申し上げるとともに、開催期間中は、各国の未来を担うであろう、次代のVIPも多く来道することから、高度な通訳技術はもちろんのこと、国際儀礼の知識や経験が豊富な方々のご支援も
いただきながら、あたたかいおもてなしの心で世界の皆さまを迎えしたいと思います。

道州制特区推進法に基づく第2次提案
~増田総務大臣に提案書を手交~

(平成20年4月2
日)

  特区2次提案
提案を説明
 

 第1回北海道定例道議会で、道州制特区推進法に基づく国への第2回提案が「全会一致」で議決されたことを受けて、道州制・地方分権改革等推進調査特別委員会の竹内英順委員長、高橋亨副委員長とともに、増田総務大臣に「環境」、「観光」、「地方自治」の3分野11項目についての提案を行いました。

社団法人 北海道観光振興機構の発足式に出席
~観光振興の新たな推進組織が発足

(平成20年4月1
日)

  北海道観光振興機構の発足式
 

 本道の観光振興の新たな推進組織となる社団法人北海道観光振興機構の発足式に出席しました。
 新しい機構には、観光振興の中核組織として本道の観光を一層盛り上げていただくことを期待しています。

 
 
   戻る