スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2007年8月)


最終更新日:2006年2月21日(火)


はるみ知事が動く(2007年8月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

世界各国から報道関係者をお招きして
~フォーリン・プレスセンターの北海道プレスツアー~
(平成19年8月31
日)

インタビュー
 

 来年の北海道洞爺湖サミットの会場となる洞爺湖町などを視察するため、来道された在京外国プレスの方々と懇談いたしました。
 サミット開催地となった北海道に対し、海外の方々が非常に大きな関心を
寄せていることを実感するとともに、本道の豊かな自然やおいしい食材などを楽しんでいただき、北海道のすばらしさを発信する大変貴重な機会になったと思います。

北東北3県とさらなる連携体制構築へ
~第11回北海道・北東北知事サミット~
(平成19年8月27,28
日)

  
 

 青森、岩手、秋田3県の知事を旭川市にお招きし、第11回北海道・北東北知事サミットを開催いたしました。
 地域の特性や資源を活かした地域づくりなどについて意見交換を行い、特に、共通の最重要課題となっている医師確保については、4道県が連携して取り組むことに合意いたしました。

核兵器や大量破壊兵器のない世界に向けて
~第19回国連軍縮会議in札幌~
(平成19年8月27
日)

  
あいさつ
 

 国際連合が主催する第19回国連軍縮会議が開催され、その開会式に出席いたしました。
 この会議を契機として、関係諸国間の理解が一層深まり、世界の平和と繁栄に向けての共通認識がさらに深まることを期待しています。

小児医療・療育の充実に向けて
~道立子ども総合医療・療育センター落成記念式典~
(平成19年8月25
日)

  
テープカット
 

 9月1日にオープンする道立子ども総合医療・療育センター(愛称「コドモックル」)の落成記念式典を行いました。
 子どもに関する高度で専門的な小児医療と療育を一体的に提供する施設の誕生は、安心して子どもを生み育てるための大きな支えとなるものであり、今後とも、小児医療・療育の充実に向けて取り組んで参りたいと思います。

より一層のパートナーシップ構築へ
~在札幌中国総領事館 胡勝才総領事の表敬訪問~
(平成19年8月24
日)

  
あいさつ
 

 長年にわたって地域レベルでの国際交流に携われ、日本語も堪能な胡総領事が、この8月に着任したことを受けて来庁されました。
 経済発展に伴う観光需要の高まりや、農水産物の安全志向の高まりなど、中国との関係強化の重要性はますます高まっており、今後とも友好関係の構築に努めて参ります。

~地域づくり推進会議in根室~
(平成19年8月23
日)

  
あいさつ
 

 市町村長の皆さまと双方向の意見交換をさせていただく「地域づくり推進会議」を根室支庁管内で開催し、地域資源を活かした産業振興や、滞在型観光の充実、地域医療の確保などの様々な課題について意見交換いたしました。

地域の特色を生かして農業活性化
~北海道チャレンジパートナー特区認定書授与式及び農業現地調査~
(平成19年8月22
日)

  
認定書授与
 

 食品衛生法施行条例における調理場等の施設基準を緩和する「北海道チャレンジパートナー特区」に対し、申請のあった長沼町に認定書をお渡ししました。長沼町の農業体験民宿において、調理場の大規模な改修などを行わずに、一般の方々に食事を提供することができるようになりました。また、同じく長沼町で、減農薬や有機肥料使用などのクリーン農業、インターネット販売などに取り組んでいる井形聡さんの農場で、作物の生育状況を視察させていただきました。
 農業に携わっている方々の、様々なことに取り組もうとする「チャレンジ」精神に感服するとともに、今年は農作物が順調に生育しており、おいしい道産農産物を心待ちにしている道民の皆さんと一緒に、実り多い秋を迎えたいと思います。

          視察

北海道新幹線が導く明るい未来へ
~北海道新幹線フォーラム~
(平成19年8月21
日)

  
あいさつ
 

 北海道新幹線が開通することによって、私たちの生活がどのように変わるのか、道内各界のオピニオンリーダーの皆さんのお話を聞くフォーラムに出席しました。
 北海道新幹線開通によって、私たちの未来が明るく楽しいものとなることを再認識するとともに、建設促進に向けて皆さんとともにがんばっていこうと、気持ちを新たにいたしました。

痛ましい交通事故の抑止に向けて
~「交通死亡事故多発非常事態」道民総決起大会~
(平成19年8月21
日)

  
街頭パレード
 

 8月14日現在で、交通事故死者数が3年ぶりに都道府県別でワーストワンとなったことを受けて、「交通死亡事故多発非常事態」道民総決起大会を開催し、街頭パレードなどで交通安全を訴えました。
 ドライバーや道民の皆さま一人ひとりの安全意識を高め、一人でも犠牲者が少なくなるよう、交通安全対策により一層取り組んで参ります。

道内外のランナーが夕張の街を駆け抜ける
~がんばろう!夕張マラソンフェスティバル~
(平成19年8月19
日)

スタート
 

 (財)北海道陸上競技協会などが主催する夕張マラソンフェスティバルにおいて、5kmマラソンのスターターを務めました。
 夕張を応援しようと全国から集まったランナー達の熱意、元気は、夕張の皆さまの大きな励みになったものと思います。

~りんどうの贈呈~
(平成19年8月10
日)

 

 お盆、お彼岸を迎えるにあたり、需要の最盛期を迎えるりんどうの、消費拡大に向けたPR活動の一環として、道内の生産者の方々からりんどうをいただきました。

12年間のボクサー人生を讃えて
~WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助さんの表敬訪問~
(平成19年8月10
日)

  
 

 32才でWBC世界フライ級チャンピオンの座を勝ち取られた、豊浦町出身の内藤大助さんが来庁されました。
 王座獲得までの困難な道のりを乗り越えて、見事に栄冠を手にされたことに敬意を表するとともに、これからも多くのファンに愛されるチャンピオンとして、王座防衛を重ねられることを期待しています。

1日も早い北海道新幹線の札幌延伸に向けて
~北海道新幹線スペシャルデー~
(平成19年8月7
日)

  
森本選手に花束贈呈
 

 札幌ドームで開催された「北海道新幹線スペシャルデー」に出席し、北海道新幹線大使である森本稀哲選手などに花束をお贈りしました。
 1日も早い北海道新幹線の札幌延伸に向けて、皆さんとともにがんばっていく決意を新たにしました。

札幌市とさらなる連携体制構築へ
~北海道・札幌市行政懇談会~
(平成19年8月3
日)

懇談会
 

 上田市長をはじめとする札幌市の皆様方と、北海道洞爺湖サミットの開催や、地域経済の活性化、北海道新幹線の札幌延伸などの様々な課題に対し、道と札幌市とが連携して取り組むことについて意見交換いたしました。

みんなが支える明るく活力に満ちた高齢社会を目指して
~第22回全国健康福祉祭北海道・札幌大会実行委員会設立総会~
(平成19年8月3
日)

あいさつ

 平成21年9月に第22回全国健康福祉祭「ねんりんピック北海道・札幌2009」を開催するにあたり、実行委員会の設立総会を開催しました。
 全国から1万人にも上る高齢者の皆さまが一堂に会するこの大会が、高齢者の皆さまの健康づくりや、社会参加を一層促進する契機となることを期待しています。


    



戻る