スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2007年1月)


最終更新日:2006年2月21日(火)


はるみ知事が動く(2007年1月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

甚大な影響が予想される日豪EPAについて議論
~シンポジウム「私たちの暮らしと国際農業交渉」~
(平成19年1月31日)
 昨年12月に合意された日豪EPA交渉入りについて周知するとともに、道民への理解を深めるシンポジウム「私たちの暮らしと国際農業交渉」を開催しました。
 本道の主要産品の関税が撤廃された場合、その影響は本道経済全体にまで及ぶ甚大なものとなることから、本道の要望を実現するために、オール北海道の体制で積極的に取り組んでまいります。
2年間に亘って北海道の魅力を全国に発信しました
~北海道デスティネーションキャンペーン第4回実行委員会~
(平成19年1月31日)
 JR各社の全面的なご協力のもと、道民の皆様のご協力とご支援により成功裡に終了した「北海道デスティネーションキャンペーン」の第4回実行委員会に出席しました。
 このキャンペーンにより、気運の盛り上がった「花観光」を今後も引き続き推進してまいります。
男女平等参画社会のモデルを表彰
~平成18年度北海道男女平等参画チャレンジ賞贈呈式~
(平成19年1月30日)
 男女平等参画社会の実現に向け、それぞれの個性と能力を生かしてチャレンジし、活躍されている方々を顕彰する北海道男女平等参画チャレンジ賞贈呈式を開催しました。
 受賞された皆様の個性と能力を活かしたチャレンジに敬意を表するとともに、今後とも男女平等参画社会の実現に向けた取組を推進してまいります。
地域のリーダーが一層の飛躍を目指して
~北海道商工会青年部連合会 結成40周年記念式典~
(平成19年1月26日)
 昭和42年の結成から40周年を迎えた北海道商工会青年部連合会の記念式典に出席しました。
 北海道商工会青年部連合会の皆様におかれては、これからもリーダーシップを大いに発揮され、それぞれの地域の発展、そして北海道の発展にご尽力されることをご期待いたします。
道州制について韓国の皆様と意見交換
~韓国ハンナラ党国会議員の皆様の来道~
(平成19年1月26日)
 黄(ファン)ハンナラ党国際委員長をはじめ韓国ハンナラ党国会議員の皆様が道州制に関する調査のため来道されました。
 韓国でご活躍の皆様との忌憚のない意見交換を参考にしながら、道としては地域政府としての主体性をもって、地域の国際化をさらに進めてまいります。
福岡県から早春の便り
~太宰府天満宮「梅の親善使節」の来庁~
(平成19年1月26日)
 今年も太宰府天満宮「梅の親善使節」の皆様が来庁され、福岡県の「県の花」である梅と麻生福岡県知事からのメッセージをいただきました。
 梅の紅白の花のつぼみとさわやかな香りに、一足早く春の訪れを感じました。
北海道の新生に向けて
~平成19年度当初予算知事査定~
(平成19年1月25日)
 道議会へ提出する平成19年度当初予算案の査定作業が始まりました。
 平成19年度は知事及び道議会議員の改選期であることに鑑み、道政運営の基本となる経費を中心とした、いわゆる骨格予算として検討いたします。
北海道を訪れる観光客の皆様に笑顔でおもてなし
~「観光ホスピタリティ運動」新キャッチコピー・イメージキャラクター表彰式~
(平成19年1月23日)
 「観光ホスピタリティ運動」の推進のため全国から募集、選定した、おもてなしの心を表現するキャッチコピーとイメージキャラクターを表彰いたしました。
 選定されたキャッチコピー「おみやげに、笑顔を渡そう」とイメージキャラクター「ホスピィ」については、道や関係団体のホームページや印刷物などで活用し、運動の趣旨の周知に努めてまいります。
本格的な人口減少時代における過疎地域の課題を検討
~過疎地域を考える懇話会(第1回)~
(平成19年1月23日)
 過疎地域の活力維持のための方策等について総合的な見地から調査、検討を行う過疎地域を考える懇話会を開催しました。
 委員の皆様には、それぞれのご専門の立場より率直なご意見、ご助言をいただきながら、活力ある持続可能な地域社会の構築に努めてまいります。
夕張の速やかな財政再建に向けて支援を要請
~菅義偉総務大臣を訪問~
(平成19年1月22日)
 後藤夕張市長とともに菅総務大臣を訪問し、財政再建に関して要請等を行いました。
 道が夕張に対して行う取組に財政措置をお願いするとともに、道としても夕張の財政再建の期間が少しでも短くなるよう、できる限りの支援を検討いたします。
菅総務大臣に要請 後藤夕張市長と共同記者会見
ふるさと北海道の発展のために
~北海道ふるさと会連合会新年交礼会~
(平成19年1月20日)
 東京近郊でご活躍される北海道出身者が集い、遠く離れていても北海道のことを思い、応援してくださっている北海道ふるさと会連合会様の新年交礼会に出席しました。
 ご出席の皆様の北海道を思う気持ちに心を打たれ、北海道のより一層の発展のために頑張ろうと改めて感じました。
夕張の再建のために
~2007冬季PRキャンペーン「ホワイト・ファンタジー・北海道」での夕張応援メッセージ~
(平成19年1月17日)
 東京・銀座で開催された北海道観光のPRに合わせて行われた夕張応援イベントに駆けつけ、夕張市への応援をお願いしました。
 道内の皆様だけではなく、全国の皆様に夕張を訪れていただくなど、より一層のご支援をお願いいたします。
社会福祉事業へのご理解とご協力に感謝
~丸高水産(株)様への知事感謝状の贈呈~
(平成19年1月16日)
 昭和62年から道を通じて社会福祉施設に鮭を寄付していただいている丸高水産(株)様に知事感謝状を贈呈しました。
 長年に亘っての継続した取組に感謝申し上げるとともに、寄付いただいた鮭については、社会福祉法人北海道社会福祉協議会を通じ、道内の社会福祉施設に寄贈いたします。
独自のまちおこしをPR
~中富良野町立宇文小学校の児童バンド”うたがかり”の皆様の来庁~
(平成19年1月16日)
 中富良野町立宇文小学校の児童バンド”うたがかり”の皆様が来庁し、ご当地メニュー「富良野オムカレー」のPRのために作成したCD「オムカレー食べたい!」をいただきました。
 こうした取組が地産地消・食育の推進や産消協働への取組への発展、地域の活性化に結びついていくことを期待しています。
地方分権の一層の推進に向けて
~林内閣府副大臣との意見交換会~
(平成19年1月10日)
 昨年12月に成立した「道州制特区推進法」を所管する林内閣府副大臣と意見交換をいたしました。
 今後とも市町村・経済団体をはじめ道民の皆様から幅広くご提言やご意見をいただき、オープンな議論をした上で、北海道が元気になる提案を行ってまいります。

    


戻る