スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2006年11月)


最終更新日:2011年4月26日(火)


はるみ知事が動く(2006年11月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

~平成18年第3回北海道議会定例会~
(平成18年11月29日)
 第4回定例会が開会しました。
ハンセン病回復者にお詫び
~松丘保養園を訪問~
(平成18年11月26日)
 北海道知事として初めて、青森県青森市の松丘保養園を訪問し、これまで多くの苦難と苦痛を経験し、差別や偏見を受けてきた入園者の方々に対して、お詫びを申し上げました。
 すべてに人たちが、偏見や差別のない、平等で心豊かな生活のできる社会の実現を目指して、取組を進めてまいります。
しれとこを次の世代へ
~第10回しれとこ教室~
(平成18年11月20日)
 札幌市内の小学校において、子どもたちに知床を知ってもらい、守っていくことの大切さを教える「しれとこ教室」を開催しました。
 今後とも、知床を守り、未来へバトンタッチしていくために、知床の素晴らしさや大切さをしっかりと伝えてまいります。
消防使命の達成に努められてきた方々を表彰
~平成18年度北海道消防表彰式~
(平成18年11月16日)
 長年にわたり、北海道の消防防災に努められてきました消防職団員の皆様を表彰する北海道消防表彰式を開催しました。
 厳しい訓練を重ね、地域の安全確保のため、我が身の危険を顧みず、率先して防災活動に努められてきた皆様に深く感謝申し上げます。
「子どもの安全を見守る運動」を全道に広げていきます
~北海道民共済生活協同組合からの寄付贈呈と感謝状等の授与~
(平成18年11月13日)
 北海道民共済生活協同組合の創立20周年記念として子どもたちの安全、交通遺児育成のため、「北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議」及び「社団法人北海道交通遺児の会」にそれぞれ寄付をいただきました。
 道民共済様に感謝状を贈呈するとともに、寄付については、北海道の子どもたちが健やかに成長していくよう、有効に活用させていただきます。
自然の猛威の恐ろしさを再認識
~竜巻による被災状況の現地視察(網走支庁管内佐呂間町)~
(平成18年11月7~8日)
 竜巻の発生により大変大きな被害を受けた網走支庁管内佐呂間町を視察しました。
 死者9名、重軽傷者29名という人的被害をはじめとした甚大な被害が発生しており、お亡くなりになった方々に対して謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
ヘリから被災地を視察 町長から説明を受けました
「安全・安心でおいしい」北海道米を今年もお届けします
~北海道農業協同組合中央会、ホクレン農業協同組合連合会から新米の贈呈~
(平成18年11月6日)
 北海道農業協同組合中央会の飛田代表理事副会長とホクレン農業協同組合連合会の奥村代表理事組合長が来庁し、今年も豊作の北海道産米をいただきました。
 今後とも「安全・安心でおいしい」北海道米をPRし、道内での食率向上をはじめ、需要の拡大に努めてまいります。
地元の食材やエネルギーを使った取組をPR
~産消協働PRコーナーを訪問~
(平成18年11月3~4日)
 人権啓発フェスティバルのスピカ会場に設置された「白いプリン大作戦」と「ペレット石窯によるピザ実演」を行う産消協働のPRコーナーを訪問しました。
 こうした地域資源を活用した産消協働の取組が広がり、北海道がさらに元気になることを期待しています。
心豊かで安心して暮らせる、包容力のある地域づくりのために
~人権啓発フェスティバル「スマイル&ハートフルフェスタ2006北海道」~
(平成18年11月3日)
 法務省などの主催で「育てよう 一人一人の人権意識~思いやりの心・かけがえのない命を大雪に~」を統一テーマに開催された人権啓発フェスティバルのオープニングセレモニーに出席しました。
 このフェスティバルが人権をより身近なものとして考え、行動するきっかけとなり、たくさんの笑顔と優しさが広がっていくことを期待しています。

    


戻る