スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2006年2月)


最終更新日:2006年3月16日(木)


はるみ知事が動く(2006年2月)


北海道知事・高橋はるみ

はるみ知事が動く

新生北海道の実現に向けて続く挑戦
~平成18年第1回定例会開会~
(平成18年2月23日)
 北海道議会第1回定例会が開会し、平成18年度の道政執行に向けた所信を表明しました。

 新時代の北海道づくりを着実に進めていくための真剣な議論を積み重ねて参ります。

道政執行方針のページへ
北海道の自然環境を守るため、今後の取組の広がりに期待
アサヒビール株式会社北海道支社への感謝状贈呈式
(平成18年2月22日)
 本道における環境保全活動をサポートしている財団法人北海道環境財団に対し、湿原の保全及びタンチョウの保護を目的に、商品の売上金の一部から寄附を行うなどの取組を進めているアサヒビール株式会社北海道支社へ感謝状を贈呈しました。
北海道の将来を描く上で必要不可欠なプロジェクト
北海道新幹線建設促進講演会
(平成18年2月18日)
 昨年5月に新青森・新函館間が着工し、長年にわたる道民の悲願実現に向け大きな一歩を踏み出した北海道新幹線の早期開業と一日も早い札幌までの延伸実現を願って、講演会を開催しました。
 自由民主党整備新幹線等鉄道調査会会長を務める津島雄二・衆議院議員をお招きし、「北海道・東北新幹線の整備と青函交流の拡大」と題して、ご講演をいただきました。
秋田県職員の皆様に「新生北海道の実現」に向けた取組について講演
リレートップセミナー
(平成18年2月16日)
講演前、寺田・秋田県知事と懇談
講演の様子
 北海道・北東北の4道県の連携を一層進めるため、4道県知事が他の道県へ出向き、職員に対して講演を実施するリレートップセミナーの一環として、秋田県庁を訪ねました。

企画振興部総務課参事のページへ
児童等の安全確保に関する専門部会を新たに設置
~第2回北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議~
(平成18年2月15日)
 誰もが安全で安心して暮らし、活動することができる社会の実現を図るための推進会議を開催しました。
 本道における犯罪発生件数は前年に比べ減少しているものの、全国的には児童等の痛ましい事件が多く発生していることから、関係機関が連携して、子どもの安全確保に取り組むことなどについて確認しました。
世界中の人々が安心して安全に暮らせることを願って
~チャリティトーク&ライブショー 人の幸せをささえるまちづくりは今~
(平成18年2月11日)
 生活に必要な水の確保が困難なカンボジアへ、安全な飲み水の提供などを行う「命の水プロジェクト」(国連ハビタットが実施)を支援するチャリティトーク&ライブショーに出席しました。
 国連ハビタット親善大使を務められているマリ・クリスティーヌさんと「未来を担う子どもたち」をテーマに対談を行いました。
明日の北海道づくりに向けた指針の検討がスタート
~平成17年度北海道総合開発委員会
(平成18年2月10日)
 北海道に関する総合的な計画を作成し推進する、知事の附属機関である北海道総合開発委員会を開催しました。
 平成20年度を始期とする新しい総合計画の策定に向けた考え方などについて、委員の皆様にご意見を伺いました。
企画振興部計画室のページへ
産業競争力のある「ものづくり」産業の育成、振興に向けて
いぶり地域のものづくり企業との懇談会
(平成18年2月8日)
 高い工業集積と開発ポテンシャルを有し、道内における工業の発展を先導している胆振地域の中核的な役割を担っている6社の企業の皆様と、本道工業の目指すべき方向などについて意見交換を行いました。

経済部産業振興課のページへ
表情豊かで個性溢れる白樺人形
北海道ニセコ高等学校生徒の皆さんの来庁
(平成18年2月8日)
 道政への夢のあるご提案等をお受けする「提案の広場」へメールをお寄せいただいた北海道ニセコ高等学校生徒の皆さんとお会いし、町の産業である農業と観光への貢献のため取り組んでいる白樺人形の作成についてお話を伺いました。
 地元の若者が新たな発想で資源を再生する取組は、まさに地域を元気にする見本です。今後ますますの活躍を期待しています。
レーザー光線で彩られた雪像たち
第57回さっぽろ雪まつり 音と光のページェント
(平成18年2月7日)
 さっぽろ雪まつり大通4丁目会場で、全国から訪れた多くの皆様と一緒に、音と光で演出された素敵な雪のファンタジーを楽しみました。
全国各地から大勢の皆様の参加のもと
2006北方領土フェスティバル
(平成18年2月7日)
 さっぽろ雪まつりが開催されている札幌市大通りの会場で、第32回目の「北方領土フェスティバル」が行われました
 北方領土の一日も早い返還を願い、来場の皆様に署名をお願いしました。

総務部北方領土対策本部のページへ
より簡素で効率的、機動的な「コンパクトな道庁」を目指します
~「北海道行財政構造改革推進本部」第4回本部員会議~
(平成18年2月7日)
 今後、北海道が進める10年間の方向を示す「新たな行財政改革の取組み」を決定しました。
 道民の皆様に一定の負担や痛みをお願いし、道庁自らも徹底したスリム化を図る厳しい改革ではありますが、将来に向けた「前向きの改革」として、着実な目標達成に向かって全力で取り組んでまいります。
総務部行政改革局行政改革課のページへ
抜群のチームワークで勝ち取った全国優勝
~石狩市立若葉小学校児童の皆さんからの第10回記念大会「30人31脚全国大会」優勝報告~
(平成18年2月3日)
 石狩市立若葉小学校の児童の皆さんが、「30人31脚全国大会2005」(テレビ朝日系列24局が主催)の優勝報告のため来庁されました。

 クラスが一つとなり一生懸命に頑張った熱い思いと友情の絆を忘れず、明るく元気に成長されることを願っています。
本道の優秀な人材、交通サクセスの良さ、インフラ整備状況などが評価される!
アイシン精機㈱の本道における新事業展開決定に伴う表敬訪問
(平成18年2月3日)
 トヨタグループの有力企業であるアイシン精機㈱の川田武司・取締役副社長が来庁され、苫小牧東部地域への生産拠点立地が決定したことについて、報告をいただきました。
 経済界の方々とも連携しながら、オール北海道として進めてきた誘致活動が実を結んだことを大変うれしく思うとともに、今後、ものづくり企業の集積立地が進む一つのきっかけとなることを期待しています。

    


戻る