スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2005年12月)


最終更新日:2006年2月21日(火)


はるみ知事が動く(2005年12月)


 

はるみ知事が動く

改めて喜びを実感
「知床」世界遺産一覧表記載認定書伝達式
(平成17年12月19日)
 国内3番目の世界自然遺産になった「知床」の認定書伝達式が外務省(東京都・霞ヶ関)で行われました。
 地元を代表して、午来昌・斜里町長、脇紀美夫・羅臼町長とともに、松浦晃一郎・ユネスコ事務局長から認定書(複製)の伝達を受けました。

環境生活部環境局参事(知床遺産)のページへ
道行く方々に犯罪や交通事故の防止を呼びかけ
歳末特別警戒に対する視察激励
(平成17年12月15日)
 年の瀬が迫り、懸念されるさまざまな犯罪や交通事故などの多発を防ぐための道警察による歳末特別警戒が始まりました。
 ススキノ地区を巡回し、道民一人ひとりが安心して年末年始を迎えられるよう防犯を呼びかけるとともに、道内初の民間交番「薄野番所」を訪れ、活動されている皆様を激励しました
成長著しい韓国第二の都市を訪問
韓国釜山広域市友好交流訪問
(平成17年12月13日~15日)
 近年、千歳~ソウル直行便就航による観光客の増加や互いの文化への関心の高まりなど、韓国との関係が緊密化する中、地域レベルでの交流を一層加速させるため、釜山広域市を訪問しました。

 主たる目的となった「北海道と釜山広域市との交流趣意書」調印式では、許南植(ホ・ナムシク)市長と両地域の交流推進に努めることを確認しました。
交流趣意書に調印 法被を着て北海道をPR
 東アジアにおける物流の拠点でもある釜山の経済団体の皆様と意見交換を行うとともに、観光や物産などを紹介する「北海道紹介展」では、北海道に対する関心の高さを実感することができました。
 今後とも、釜山及びその周辺地域をターゲットに、世界に通用する北海道ブランドを発信していきたいと考えています。
知事政策部知事室国際課のページへ
韓国最大の魚市場を視察 釜山競馬場で道産馬を激励
優れた経営を行う企業を全力でサポート
北海道エクセレントカンパニー表彰式及び表彰企業との懇談
(平成17年12月12日)
 経営革新、地域貢献及び雇用開発などで優れた成果を収めている道内中小企業の皆様を表彰する「北海道エクセレントカンパニー表彰式」を行いました。
 本道経済の活性化のため、今後とも情熱と戦略を持って積極的にチャレンジしていただきたいと思っています。
経済部商工金融課のページへ
厳しい状況下での支援任務、ご苦労様でした
陸上自衛隊「パキスタン国際緊急航空援助隊」の帰国報告
(平成17年12月12日)
 パキスタン北部で起きた大地震の被災地支援のため、国際緊急援助隊として道内から派遣されていた陸上自衛隊の皆様から、現地での傷病者搬送やテント・毛布といった援助物資の輸送など活動状況の報告をいただきました。
道内高校生ランナーの夢をタスキにつないで
女子第17回全国高等学校駅伝競走大会出場報告
(平成17年12月9日)
 12月25日に京都府で開催される全国高校駅伝へ出場する札幌静修高等学校の皆さんが、道庁を訪ねてくれました。

 練習の成果を遺憾なく発揮し、道産子らしいハツラツとした走りで、京都の都大路を駆け抜けていただきたいと思っています。
あこがれの「花園ラグビー場」で精一杯のプレーを
第85回全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園大会)出場報告
(平成17年12月6日)
 12月27日から大阪府で開催されるラグビー花園大会へ出場する札幌山の手高等学校の皆さんが、知事公館を訪ねてくれました。

 南北海道代表として6年連続6回目の出場を勝ち取った皆さんには、道内高校ラガーマンたちの夢を引継ぎ、精一杯プレーしていただきたいと思っています。
札幌市長と意見交換
~北海道・札幌市行政懇談会~
(平成17年12月2日)
 上田文雄・札幌市長と、道及び市の双方に関連する事項について意見交換を行いました。

 道からは、JR札幌駅における食と観光の連携施設の整備や世界少年野球大会北海道大会の開催などについて提案し、共に連携を図りながら進めていくことを確認しました。
地域連携による教育の質の向上と地域活性化に期待
2005年東京農業大学「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」フォーラム
(平成17年12月2日)
 「知床世界自然遺産と生物産業の地域連携でつくる『オホーツク学』」をテーマとしたフォーラムが、東京農業大学オホーツクキャンパスで開催されました。

 産学官が連携して取り組んでいる利用適正化のための「知床ルール」づくりをはじめ、知床世界自然遺産の保全と有効活用について紹介しました。

    


戻る