スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2005年10月)


最終更新日:2011年4月26日(火)


はるみ知事が動く(2005年10月)


 

はるみ知事が動く

世界に誇る知床の自然を未来へと引き継いでいくために
知床世界自然遺産登録記念式典
(平成17年10月30日)
 本年7月に「知床」が世界自然遺産に登録されたことを記念し、小池百合子・環境大臣を迎え、斜里町において式典を開催しました。
 人類共有の財産である「知床」を次の世代に引き継いでいくため、午来昌・斜里町長、脇紀美夫・羅臼町長とともに「世界の宝 しれとこ宣言」を行いました。
より効果的な科学技術振興施策の実施に向けて
独立行政法人科学技術振興機構との連携協定締結式
(平成17年10月28日)
 (独)科学技術振興機構と北海道が、相互に連携・協力して各種の科学技術振興施策を展開するため、連携協定を締結しました。

オール北海道としての結束と確固たる決意
三位一体改革推進北海道総決起大会
(平成17年10月28日)
 三位一体改革・第1期の仕上げの年となる平成18年度の国の予算編成に向け、国と地方の協議が本格化しています。
 これから大きな山場を迎える三位一体改革が地方分権の理念に沿って実現するよう、道内の自治体、議会のトップが一堂に会し総決起大会を開催しました。
企業誘致のためのプレゼンテーションを実施
北海道バイオビジネスセミナー
(平成17年10月26日)
 大阪府大阪市において「北海道バイオビジネスセミナー」を開催しました。
 バイオ関連産業を中心に参加いただいた関西圏の企業・団体の皆様へ、成長著しい道内バイオ産業の現状や北海道の立地環境の優位性について紹介しました。
約300名の大学生を前に、北海道の取組について講義
全国知事リレー講義
(平成17年10月25日)
 全国の知事が地方行政の現状と未来を語る「全国知事リレー講義」の講師として、立命館大学(京都府京都市)の教壇に立ちました。
 道が考える道州制や北海道ブランドの発信など、新生北海道の実現に向けた取組について講義を行いました。
北海道における自治のあり方を議論
平成17年度第1回「北海道・自治のかたち円卓会議」
(平成17年10月24日)
 市町村と道が協働して、分権型社会における北海道の自治のあり方を議論する「北海道・自治のかたち円卓会議」を開催しました。
 市町村合併に関する取組や道から市町村への事務・権限の移譲について、議論を深めました。
北海道米に米チェンしましょう!!
北海道のお米 新米応援キャンペーン
(平成17年10月22日)
 経済団体と農業団体が連携し、「きらら397」「ほしのゆめ」「ななつぼし」といった優れた食味を持つ道産米の消費拡大を目指してキャンペーンが行われました。
 道民の皆様にもっと道産米を食べていただき、地域の活性化、さらには北海道の元気につなげていきたいと思っています。
多くの道民の皆さんが、勇気と感動をいただきました
駒澤大学附属苫小牧高等学校野球部に対する表彰式
(平成17年10月20日)
 今年の全国高校野球選手権大会(夏の甲子園大会)で、見事、連覇という偉業を達成された駒澤大学附属苫小牧高等学校野球部の皆さんに、その功績をたたえ、記念カップと楯を贈呈しました。 
林裕也・前主将に記念カップを贈呈
野球部の皆さんから色紙をいただきました
環境と調和したまちづくりの推進
全国エコタウン大会inとやま
(平成17年10月14日)
 循環型社会を推進するため、全国各地から関係事業者等が一堂に会し開催された「全国エコタウン大会」(富山県富山市)に出席しました。
 北海道におけるリサイクル関連産業の振興や、エコタウン事業の取組などについて紹介しました。

住み慣れた地域で、安心した生活を
第25回全道肢体不自由児者福祉大会〔旭川大会〕開会式
(平成17年10月8日)
 全道肢体不自由児者福祉大会が、「生きがいの持てる社会参加と自立生活」をテーマとして、旭川市で開催されました。
 道としても、だれもが持てる力を十分に発揮し、いきいきと暮らすことができる社会の実現に向けて、積極的に取り組みを進めていきたいと考えています。
豊穣の秋を迎え、美味しい農産物が育ちました
北海道農協青年部協議会の皆様との懇談
(平成17年10月7日)
 北海道農業のリーダーとして活躍されている、北海道農協青年部協議会の皆様と意見交換を行いました。
 農家の皆様のご努力に加え、今年は天候に恵まれ、農作物も順調に生育し、消費者の皆様に品質の良い、美味しい農産物を届けていただけそうです。
全国の知事との協力のもと、地方分権の推進を
~政府、自由民主党への要請活動~
(平成17年10月6日)
 道州制導入の促進や三位一体の改革を推進するため、木村良樹・和歌山県知事、増田寛也・岩手県知事とともに自由民主党の武部勤・幹事長、二階俊博・総務局長、そして竹中平蔵・内閣府特命担当大臣(経済財政政策)への要請活動を行いました。
 今後も、全国の知事と連携し、地方分権に積極的に取り組んでいきたいと思います。
要請活動後の共同記者会見の様子
今年も、共同募金運動が始まりました
~赤い羽根空の第一便伝達式及び街頭募金~
(平成17年10月1日)
 「地域の福祉、みんなで参加」をスローガンに、12月31日までの共同募金運動がスタートしました。

 厚生労働大臣及び中央共同募金会会長からメッセージが届き、札幌市内のデパート前で伝達式が行われ、街頭で募金への協力をお願いしました。

    


戻る