スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2005年8月)


最終更新日:2011年4月26日(火)


はるみ知事が動く(2005年8月)


 

はるみ知事が動く

福島県との深いつながり
~福島県知事の来庁
(平成17年8月31日)
 札幌市内で開催される「福島の物産と観光展」のPR等のため来道した、佐藤栄佐久・福島県知事らが来庁されました。
 福島県とは、江戸時代末期、会津藩士が北方警備のため利尻や礼文に入られて以来約200年にわたる歴史とつながりがあり、新しい結びつきを育みながら、両地域の発展に努めて参りたいと考えています。
広がる健康不安の払拭に向けて
第1回アスベスト対策本部員会議
(平成17年8月31日)
 アスベストが原因とみられる健康被害が全国で多発しており、将来にわたる健康被害が懸念されています。
 全庁をあげて問題に取り組み、道民の皆様が健やかで安心して暮らせる生活の確保と良好な環境の保全に努めて参ります。

返還要求運動“原点の地”で開催
2005北方領土返還要求北海道・東北国民大会
(平成17年8月28日)
 「2005北方領土返還要求北海道・東北国民大会」が、返還要求運動“原点の地”である根室市で開催されました。
 北方領土問題は、国民全体で取り組むべき大きな課題であり、一日も早い返還実現に向け、全力で取り組んで参ります。
2025年「地球はエネルギー危機、食糧危機、水危機に陥る」!?
裁判劇 ジオカタストロフィTOKYO
(平成17年8月26日)
 環境問題を考える裁判劇に出演しました。
 劇中では「2025年に環境が悪化し、人類滅亡の危機が起こりうる」とまとめた報告が「社会騒乱罪」にあたるとして審理が進み、参考人役として、我が国最大の食糧供給基地である北海道の「食」の安全・安心への取組み、風力発電の現状などを伝えました。

※ジオカタストロフィ(Geo-Catastrophe)=地球大破滅
増田・岩手県知事、片山・鳥取県知事と共に、道県における環境問題への取組を紹介
北海道の力強い応援団
(社)北海道倶楽部の皆様との懇談会
(平成17年8月25日)
 北海道東京事務所で開催された、(社)北海道倶楽部会員の皆様との懇談会に出席しました。

 北海道にゆかりのある皆様には、これまで北海道の良き理解者、力強い応援団としてご支援いただいており、今後ともお力添えをいただきたいと思っています。
支庁長から地域課題などの説明
地域重点戦略に係る知事プレゼンテーション
(平成17年8月24日)
 各支庁の地域重点戦略を来年度の予算編成に反映させるため、地域を取り巻く情勢や課題、今後の取組方向などについて支庁長から説明を受け、意見交換を行いました。
すべての行政分野を対象として、コスト構造改革
~行政改革顧問との意見交換~
(平成17年8月23日)
 行財政構造改革に関する専門的立場からのご意見などを伺うため就任いただいた3名の顧問の方々と意見交換を行いました。
 持続可能な行財政運営を確立するため、徹底した事務事業の見直しなどを行い、コスト構造改革を断行していきたいと考えています。


夏の連覇、57年ぶりの快挙
~第87回全国高校野球選手権大会決勝戦~
(平成17年8月20日)
 第87回全国高校野球選手権大会で、駒澤大学附属苫小牧高等学校が2年連続の全国制覇を成し遂げました。

 選手の皆さんが一生懸命努力を重ね、勝ち取った2連覇というすばらしい偉業と、我々道民に与えてくれた勇気、感動に心から拍手を贈りたいと思います。
アルプススタンドで応援 優勝を決めた苫小牧の選手
閉鎖したゴルフ場跡地での新たな活動
~富良野自然塾による森林の再生地を視察~
(平成17年8月11日)
 脚本家の倉本聰さんから「森を生かす」をテーマにお話を伺うとともに、今年5月に設立され、閉鎖したゴルフ場を再び森に戻し、併せて環境教育に取り組んでいる「富良野自然塾」の活動を視察しました。
倉本さんや塾生の皆さんと一緒に植樹
日本酒に使用している湧水を味わいました
~北海道酒造組合会長らの来庁~
(平成17年8月9日)
 伝統的な食文化であり、近年消費量が減少している日本酒の魅力を再認識するため展開している“日本酒で乾杯”推進運動を広げるため、野口禮二・北海道酒造組合会長らが来庁されました。
 
 北海道の良質な水と道産米の利用により造られた北海道ブランドの日本酒が、道内外で幅広く愛されることを願っています。
「日本酒で乾杯推進会議」会員への申込みを行いました。
中学生の目線で、活発な議論
~第1回北海道子どもの未来づくり審議会「子ども部会」~
(平成17年8月9日)
 知事の諮問機関として設置した子どもの未来づくり審議会の「子ども部会」が開催され、「わたしたちが暮らす北海道の未来に向けて」をテーマに審議いただきました。
 子ども委員の皆さんが、少子化のこと、北海道の将来のことを真剣に考えていることに、とても感動しました。
 さらに検討協議を重ね、提言としてまとめていただくことを期待しています。
15名の子ども委員の皆さんと名刺交換
グループ討議結果の報告の様子
生産者の皆様が丹精こめて育てた農・水産物をPR・販売
「ふらっとフラ市2005」の見学
(平成17年8月5日)
 石狩管内の農・水産物をPR・販売する「ふらっとフラ市」が、昨年に引き続き道庁赤れんが庁舎前庭で開催され「ふらっ」と見学に訪れました。

飛行機で1時間半、第一印象は似通う風景・動植物に身近な感じを受けました!
~ロシア連邦・サハリン州訪問~
(平成17年7月31日~8月3日)
 マラホフ・サハリン州知事との会談や、経済発展の原動力にもなっているサハリン大陸棚石油・天然ガス開発プロジェクトの状況視察などのため、サハリン州を訪問しました。

 サハリン州知事との会談では、両地域間の友好・経済協力の現状や将来に関して意見交換を行い、覚書を交わしました。
サハリン州知事と覚書を交わす 日本人墓地墓参
 サハリンプロジェクトに関わるサハリンエナジー社とエクソン・ネフテガス社への訪問では、開発プロジェクトに係る事業概要をお聞きするとともに、関連事業への道内企業の参入と道内製品の活用のお願い、油流出事故防止や事故発生時の対応について要請を行いました。

サハリンプロジェクト関係企業を訪問 原油・天然ガス出荷基地建設現場を視察

    


戻る