スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2005年3月)


最終更新日:2006年2月21日(火)


はるみ知事が動く(2005年3月)


 

はるみ知事が動く

救急医療の切り札
~ドクターヘリ運航記念式典

(平成17年3月31日)
 手稲渓仁会病院が運営主体となり、医師搭乗のもと、ただちに救急現場での治療を開始するドクターヘリの運航が開始されました。

 広大な北海道では、医療資源の地域的偏在が大きく、交通事故も依然として多発しており、
救急医療の切り札として活躍することを期待しています。
乗り心地はバツグン
~燃料電池車で初登庁

(平成17年3月24日)
 寒冷地での冬期走行実証のモニターとして使用している燃料電池車で登庁しました。乗り心地は、とても良好でした。

経済部資源エネルギー課のページへ
本道農政への幅広いアドバイス、有り難うございました
~太田原顧問と北海道農業・農村の展望について懇談

(平成17年3月23日)
 本道の基幹産業であり、大きな転換期を迎えている農業の振興に向けて、大所高所から専門的なご助言をいただいてきた太田原高昭・北海道顧問から、約2年間の任期を振り返り、お話をいただきました。
 これまで指針や条例の策定などへご助言・ご指導をいただいたことに深くお礼を申し上げるとともに、本道農業の力強い発展のため、今後ともお力添えをいただきたいと思っています。
苦労を乗り越え、咲かせた色鮮やかなバラ
~台風18号で被災した当麻町に新規就農したバラ生産者から復旧の成果報告

(平成17年3月18日)
 昨年9月の台風により、ビニールハウスの倒壊などの被害にあわれた、大阪府から当麻町に花き農家として新規就農した三田夫妻から、今日、苦労を乗り越え、再出荷の運びとなったとの復旧の成果報告をいただきました。
渡島の農業
~新函館農業協同組合らによる道南農産物のPR

(平成17年3月18日)
 道南限定の水稲新品種「ふっくりんこ」や花き、野菜などの道南農産物のPRのため、新函館農業協同組合らの生産者の皆様が来庁されました。

 道としても、「世界をめざす北海道ブランドの創出」に向け、その柱となる「食」や「観光」を支える農業の振興に、積極的に努めて参りたいと考えています。
心温まる善意をお預かりしました
~(財)北海道消防協会からスマトラ島沖地震による津波被災国へ義援金贈呈~
(平成17年3月17日)
 北海道消防協会約3万4千人の会員の皆様から寄せられた、津波被災国への義援金の贈呈がありました。
 未曾有の大災害に対し、多くの国々や民間団体からの息の長い支援が求められており、(財)日本ユニセフ協会を通じて、被災地域の将来を担う児童のための人道支援に役立てていただくこととしました。
特許や商標、ブランドなどの知的財産を積極的に活用
~知的財産推進本部・本部員会議(第1回)~
(平成17年3月15日)
 道の知的財産戦略を推進するため、庁内に推進本部を設置しました。
 知的財産の創造・保護・活用という知的創造サイクルを確立し、新技術や新産業の創出による本道経済の活性化を図ってまいります。

企画振興部科学技術振興課のページへ
2005 Jリーグ開幕。JⅠ昇格を目指して、がんばれ!コンサドーレ
~コンサドーレ札幌・札幌ドーム開幕戦試合前キックイン~
(平成17年3月13日)
 本年のJリーグが開幕し、本拠地である札幌ドームでの開幕戦が行われました。

 対戦相手となったサガン鳥栖の地元からは古川康・佐賀県知事が来道され、共に健闘を誓って、試合前キックイン(始球式)を行いました。
あの感動をもう一度、めざせV2!
~第77回選抜高校野球大会出場報告~
(平成17年3月9日)
 昨年、夏の甲子園大会で「道産子旋風」を巻き起こし、みごと優勝を果たした駒澤大学附属苫小牧高等学校の皆さんが、3月23日に開幕する春の甲子園大会出場を前に道庁を訪ねてくれました。
 3年生が抜け、新しく生まれ変わったチームが、再び、私たちを熱く感動させてくれることを期待しています。

    


戻る