スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  はるみ知事が動く(2004年8月)


最終更新日:2018年11月08日(木)


はるみ知事が動く(2004年8月)


 

はるみ知事が動く 知事イラスト

フランス地方分権改革に学ぶ
日仏地方分権セミナーin札幌
(平成16年8月31日)
 昨年3月、地方分権を推進するための憲法改正を行い、現在もその改革が進められているフランスの取組みを参考にしながら、我が国の三位一体改革や道州制の導入などについて考える、日仏地方分権セミナーが開催され、パネリストとして出席しました。
 セミナーでは両国の経験や意見の交換が行われ、議論を深めました。
セミナー写真 知事写真
国内外有数のランナーが北海道に集結
2004北海道マラソン
(平成16年8月29日)
知事写真 知事写真  札幌市の真駒内屋外競技場と中島公園を結ぶ、2004北海道マラソン大会が開催され、スターターを務めました。
快適で、豊かな心を育む環境づくりを進めるために
まちかど対話212「新センター整備に関する懇談会」
(平成16年8月25日)
 出生後の生育環境における一貫した医療・療育を提供する小児総合医療・療育センター(仮称)の平成19年度オープンに向けて、疾病や傷害と向き合っている子供を持つ父母の方々との懇談会を行いました。

 重い病気やさまざまな障害などで治療や訓練を受けている子供たちにとって、利用しやすく、快適な環境となるよう、子供に優しい空間づくりを進めていきます。
懇談会写真 知事写真
保健福祉部障害者保健福祉課のページへ
夢と魔法の王国から、北海道へ
東京ディズニーリゾートアンバサダー、ミッキーマウス&ミニーマウスらの表敬及び施設訪問
(平成16年8月25日)
表敬写真 ミッキーミニーと記念写真  東京ディズニーリゾートアンバサダー(親善大使)の犬塚陽子さんと、ミッキーマウス、ミニーマウスらが表敬訪問に来られました。
 表敬後、札幌肢体不自由児総合療育センターを訪れて、同施設に通う児童の激励を行い、ミッキー&ミニーとお友達になった子供たちから、お礼の花束をいただきました。

(施設訪問は、「まちかど対話212」として実施)
犬塚陽子さん写真 施設訪問写真
夢と希望、そして最高の感動をありがとう!
第86回全国高校野球選手権大会 駒澤大学附属苫小牧高等学校優勝報告会
(平成16年8月24日)

 第86回全国高校野球選手権大会で、北海道勢初の全国制覇を成し遂げた駒澤大学附属苫小牧高等学校の優勝報告会が道庁正面玄関前で行われ、大勢の道民が見守る中、はるみ知事から選手に対しお祝いの言葉を述べました。

知事写真
 ~はるみ知事のお祝いの言葉~

 皆さんこんにちは!今日は暑い中、長い間お待ちいただいて、道民の皆様方どうもご苦労様です。私から一言ご挨拶申し上げます。
 駒大苫小牧高校の皆様、本当におめでとう。80年以上に渡って、どさんこ球児の誰もが達成できなかったこの偉業を皆さん方が達成されました。
 そして、今示された深紅の大優勝旗、よくぞこの北の大地に運んでいただきました。本当にありがとうございます。

 私のところに7月の末に皆様方が旭川北高の球児の皆さんといらっしゃいました。激励をさせて頂いたときに皆様方に「2回勝ったら、私甲子園に応援に行くよ。」と言いました。約束通り、ベスト8に皆さん進出された際に、私は激励に行きました。そしてその時、「次は決勝戦。決勝戦に出ることになった際には、私また応援に行くよ。」と言いました。そして皆さん方は、私に約束を果たす機会を与えてくれました。試合のたび、一回勝つごとに皆さん方は逞しく、力強くなりましたね。
 並みいる強豪、優勝候補のチームを一つひとつ下して、強く、逞しく、ねばり強く、点数をとられても必ず返すという、この北海道のねばり強さを示していただきました。

 そして、決勝戦、済美戦、私はもちろん済美の一人ひとりの球児に対しても心から声援を送りました。もちろん、駒大苫小牧の皆さん方の勝利を心から信じて応援をいたしました。点数を取られても必ず取り返すのが皆さん方です。
 前半戦で結構点数を取られましたが、絶対これを取り返して勝ち越すという、選手の皆さんでした。私もアルプススタンドで応援させていただきましたが、応援団の思いは一つだったと思います。

 監督の指導のもとグランドで実際にプレーをされた選手の皆さん、ベンチで精一杯の応援をされた選手の皆さん、そして苫小牧高の選手たちと同じユニフォームでアルプススタンドで応援された選手の皆さん、校長先生をはじめ学校関係者の皆さん、ご家族の皆さん、先輩の皆さん、駒大苫小牧の、本当に皆さん方全員の勝利である、私はこのように思います。
応援スタンド写真 駒大苫小牧の選手写真
8月22日の決勝戦をスタンドで
応援する、はるみ知事      
優勝を決めた駒大苫小牧の選手

 そして、精一杯応援して頂いた道民の方々とともに、駒大苫小牧の関係者の皆様に心から御礼を申し上げたいと思います。これまで誰も、北海道の球児が誰も達成できなかったこの偉業に対し、私は、道民の皆様方の思いを込めて、『栄誉賞』を贈りたいと思います。

駒大苫小牧選手写真 優勝報告写真  そして、校長先生をはじめ、学校関係者の皆様方にとっては、学校創立40周年という節目にこの素晴らしい優勝という偉業を成し遂げられたこと、その喜びもひとしおと思います。本当におめでとうございました。

 最後になります。駒大苫小牧の野球部の皆さん、我々道民に夢と希望とそして最高の感動を本当にありがとう。心から御礼申し上げます。ありがとうございました。
会場に集まった約7,000人と一緒に、人さし指を高く掲げる佐々木主将
真の地方自治の確立に向けて
~全国知事会議~
(平成16年8月18日~19日)
知事写真  新潟市で開催された全国知事会議に出席しました。
 
 国と地方との財源のあり方を見直す「三位一体の改革」などについて2日間、13時間にわたる議論を行い、他の地方団体との調整の上、政府に提出する国庫補助負担金等の改革案などを決定しました。
全国制覇を目指して
~第86回全国高校野球選手権大会ベスト8 駒大苫小牧の選手激励~
(平成16年8月17日)
 第86回全国高校野球選手権大会で、北海道勢としては9年ぶりにベスト8進出を果たした駒澤大学附属苫小牧高等学校の選手を激励するため、大阪府池田市内の宿舎を訪問しました。 駒大苫小牧の選手写真 知事写真
知事写真  「甲子園」という大舞台での初戦(対佐世保実/長崎)、北海道勢として50勝目という記念すべき勝利を手にし、2戦目(対日大三/西東京)も、素晴らしい攻撃と粘りの投手リレーで激戦を制した、選手の皆さんのプレーとチームワークは、熱い感動と興奮、そして勇気を与えてくれています。
 体調管理に十分留意され、高校生らしい伸び伸びとしたプレーで勝ち進まれることを期待しています。

 道民の皆さんとともに心から応援しています。
 ファイト、駒大苫小牧!!
 
北海道の気候に適した花
~北海道りんどう研究会から道産りんどうの贈呈
(平成16年8月9日)
 北海道りんどう研究会の皆様から、需要の最盛期を向かえる、りんどうをいただきました。

 品種改良が進み、従来の紫色に加え、ブルー・ピンク・白等の各色が作出され、供花からアレンジメントなどの日常用へと利用が広がっています。

北海道の花のページへ
新鮮な農・水産物を購入
「ふらっとフラ市2004」の視察
(平成16年8月5日)

 石狩管内の生産者が丹精こめて育てた農・水産物をPR・販売する「ふらっとフラ市」が、道庁赤れんが庁舎前庭で開催されており、はるみ知事も「ふらっ」と視察に訪れました。

 生産者の方々との交流を楽しみながら、たくさんの農・水産物を購入しました

道内先進事例を全国にアピール
電子政府・電子自治体戦略会議
(平成16年8月2日)
 日本経済新聞社が主催する「電子政府・電子自治体戦略会議」(東京都で開催)のパネル討論に、パネリストとして出席しました

 討議では、道内の電子自治体化による地域活性化の状況や、IT産業の振興について事例発表を行うとともに、競争力ある地域活性化を実現する戦略と電子自治体の役割について議論を行いました。
友好関係の一層の発展を願って
樺太関係資料館開館式
(平成16年8月2日)

 古くより北海道との縁が深かった南樺太に関する資料の展示と、現在の北海道とサハリン州との交流の様子を紹介する「樺太関係資料館」が道庁赤れんが庁舎2階にオープンし、開館式が行われました。

 宗谷海峡を挟み、その距離わずか40キロである両地域の交流が、今後一層深まることを願っています。
開館式の様子 資料館を見学

    



戻る