スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム180608


最終更新日:2018年6月08日(金)


知事コラム180608


 

知事コラム



(平成30年6月8日配信分「ホットな北見を訪れて」)

 イランカラプテ、高橋はるみです。

 今週の前半は、帯広市や北見市で気温が30度を超える「真夏日」となるなど、まるで夏本番を思わせるような日が続きました。
 暑さはひとまず落ち着きましたが、これからの時期は特に、熱中症に気をつけないといけない日が多くなります。皆さん、気温の高い日にはこまめな水分補給を心がけるなど、どうか体調を崩されないようお気をつけください。

 さて、6日から7日にかけて、そんなホットな北見市を訪問してきました。

 6日は、「全国おかみさん交流サミットin北海道・北見」に出席し、全国各地の商店街で活気を呼び込もうとしている女性の皆さんを歓迎しました。北海道での開催は、平成20年に夕張市で開催されて以来、10年ぶりです。
 全国の「おかみさん」にとって、今回の大会が、まちづくりや地域活性化へ向けた熱い取組のスタートラインとなることを期待しています。

 その後、「常呂カーリングホール」を訪問しました。こちらは、平昌オリンピックの女子カーリングで活躍されたロコ・ソラーレ(LS)北見の活動拠点。オリンピックの時には、地域を挙げて熱烈な声援を送ったパブリックビューイングの会場にもなりました。
 LS北見の皆さんがこのリンクで、地域の皆さんに支えられながら、世界レベルの技術とチームワークを培われたんだなと、ひんやりとしたカーリングホールの中で感慨を抱きました。

 7日には、北見市内の高栄幼稚園を訪れ、園児の皆さんの詩吟や英語による園歌の合唱
を見せていただいた後、先生方や園児の保護者の皆様と意見交換を行いました。
 伺った様々なお声を、先生方が現場で安心して働くことができ、子どもたちが温かな愛情の下で育まれる環境づくりにつなげていきたいと考えています。

 今回の北見市訪問は、様々なお立場で活躍される女性の皆さん、世界を舞台に挑戦される女性を応援してきた地域の皆さんの、明日に向けた思いを肌で感じられる、大変貴重な機会となりました。
 皆さんからいただいた多くの刺激を私のエネルギーにさせていただき、今後とも活力ある地域づくりに取り組んでまいります。

               11  


戻る