スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム180427


最終更新日:2018年4月27日(金)


知事コラム180427


 

知事コラム



(平成30年4月27日配信分「春の厚真町を訪問」)

 イランカラプテ、高橋はるみです。

 先日、根室地域を中心とする最大震度5弱の地震がありました。朝4時の発生ということで、お休み中の突然の揺れにびっくりした方もいらっしゃったかと思います。
 大きな被害がなかったことは何よりでしたが、「まさか」はいつ起こるかわかりません。皆さん、改めて災害への備えをよろしくお願いします。

 さて、先週の17日、胆振地域の厚真町を訪問してきました。厚真町では、起業したいという夢の実現を積極的にお手伝いされていて、この日は、町内で事業の立ち上げに取り組む二人の方からお話を伺いました。

 お一人目は、伐採した木を馬の力で運ぶ「馬搬(ばはん)」という林業に取り組む方。馬搬は、機械化により最近あまり見られませんが、林道が不要のため自然に負荷をかけず、「環境に優しい林業」として見直されているそうです。
 馬搬や様々な森の仕事、民泊などを組み合わせ、事業の自立を考えていらっしゃいました。

 お二人目は、ご家族で道外から移住され、最近流行のグランピングに取り組む方。移住フェアで厚真町を知り、子育て環境の良さと役場の方の親切な対応が移住の決め手だったとのことです。
 グランピングとは、寝具や家具が用意されていて、ホテルのようなサービスを受けられるキャンプのこと。地域の良さを活かしながら、厚真町らしいグランピングのスタイルを模索中だそうです。

 起業に向け努力される方々と、それを全力でサポートする町民や役場の方々。厚真町はここ数年、転入者が転出者を上回っているとのことで、その熱意が町の活力となり、新たに人を呼び込む力になっていると感じました。

 また、21日には日高自動車道が日高厚賀インターチェンジまで開通し、私も開通記念式に出席しました。この開通により、救急搬送、農水産物や競争馬の輸送、観光客の増加など、様々な面でこれまで以上の効果が期待されています。

 観光といえば、北海道もまもなく桜の見頃を迎えますね。日高地域ですと、新ひだか町の「二十間道路桜並木」が有名でしょうか。私も以前拝見し、とってもきれいだったのを覚えています。

 本格的な春を迎える道内には、桜のほかにも見所がたくさんあります。明日からはいよいよ大型連休です。お車でお出かけされる方も多いと思いますので、交通事故にはくれぐれもお気をつけください。

               11  


戻る