スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム170825


最終更新日:2017年8月25日(金)


知事コラム170825


 

知事コラム



(平成29年8月25日配信分「未来を創る女性懇話会」)

 イランカラプテ、高橋はるみです。

 8月も残すところ1週間。ここ数日雨が降ったこともあってか、夏の暑さが一段落した
気がします。これから、徐々に涼しくなっていくのでしょうか。
 急に雨が降ったりと、天気が変わりやすいですが、季節の変わり目でもありますので、
皆さん、体調管理にはお気を付けください。

 さて、今週21日、「未来を創る女性懇話会」を開催しました。
 これまでも道内各地を訪れる中で、それぞれの地域の特性を活かし、様々な分野で活躍されている女性にお会いし、その地域の魅力や、活動する上で苦労されたお話を伺ってきました。

 そうした各地で活躍をされている女性にお集まりいただき、自由な議論から得られた新たな視点を道の施策に反映することを目的に、この懇話会を開催しています。
 3回目となる今回は、「多様な人材が、共生し、連携し、個性を活かして活躍できる北海道づくり」をテーマにし、5人の方に参加していただきました。

 参加者の皆さんには、それぞれのご活動を踏まえ、活発な議論をしていただきました。
 例えば、「北海道には個性を活かし活躍する土壌はあると思うが、それを十分に活かしきれていない」といった人材育成に向けた意見や、「道内は、地域のいろいろな縛りは少ないが、保育所や家事ヘルパーといった、女性が働くに当たって役立つサービスなども、地方は都市に比べて少ない」といった課題を伺うことができました。

 また、「管内の小さな村同士で、お互いのイベントでの行き来をきっかけに地域の連携を図り、交流人口の拡大につなげる」という地域づくりの取組など、今後の施策展開に向けたヒントを得ることもできました。

 この懇話会に限らず、一人ではできないことも、こうして様々な分野で活躍される皆さんの知恵や経験を共有することで、課題を克服し、人々が輝く北海道の実現につなげることができると考えています。

 これからも、いろいろな場面で活躍する方々からお話を伺うとともに、こうした皆さんの活動の裾野を広げていきたいと思います。


               11  


戻る