スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム170519


最終更新日:2017年5月21日(日)


知事コラム170519


 

知事コラム



(平成29年5月19日配信分「魅力発信と友好」)

 イランカラプテ、高橋はるみです。

  ゴールデンウィークが終わってから、はや2週間が経ちました。皆さん、いかがお過ご
しでしたか。

 今週の初めは、雨が降るなど肌寒い日があり、急な気候の変化に体調を崩された方もいらっしゃったのでは。幸い、ここ数日は春らしい陽気となり、赤れんが庁舎前庭では、サ
トザクラがその色鮮やかな花で、訪れる観光客の方々の目を楽しませています。
 これからも、心晴れやかになるような天気が続いてほしいですね。

 さて、ゴールデンウィークも終わる6日から10日にかけ、アメリカ・ハワイ州を訪問し
てきました。

 今回の訪問では、ハワイ州に進出した道内企業の視察や、北海道の食と観光の魅力を発信するとともに、ポリネシア・カルチャー・センターやハワイ語伝承プログラムを実施し
ている学校「アヌエヌエ」を訪問し、ハワイ州における先住民の方々の伝統や文化、言語
を継承する取組を拝見いたしました。
 ハワイ語で「アヌエヌエ」は虹という意味で、ハワイの人々が虹に特別な思いを持たれ
ていることに、感銘を受けました。

 北海道でも、2020年の一般公開に向けて、アイヌ文化の復興等の拠点となる「民族共生
象徴空間」の整備が進められており、ハワイ州における取組は学ぶべき点が多いものでした。

 8日には、両地域のさらなる交流の拡大を目指し、ハワイ州のイゲ知事と「友好提携宣
言書」を交わしました。常夏の観光地と冷涼な北海道、気候が異なる両地域ですが、人や
世代が変わっても、末永く引き継がれる友好関係にしたいと思います。

 また、15日には、『ミシュランガイド北海道2017特別版』の出版記念パーティーに出席
しました。これは世界的な知名度・信頼度で知られているガイドブックであり、北海道版
の刊行は5年ぶりです。

 日本ミシュランタイヤ会長のデルマスさんから、「このガイドの使命は、移動する楽し
さを伝え、安全で快適な旅をサポートすること。北海道は、ドライブや食を楽しむという
このガイドの本来のコンセプトを体感するのにふさわしい場所」とのお話を伺い、一道民
として、大変うれしく思いました。

 友好提携宣言や世界的ガイドブックの刊行など、こうしたことが北海道の魅力を知って
もらう機会となり、国内外問わず多く方々にお越しいただき、北海道を楽しんでいただく
ことを期待しています。

               11  


戻る