スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム160205


最終更新日:2016年2月05日(金)


知事コラム160205


 

知事コラム



(平成28年2月5日配信分「北海道新幹線開業まであと50日」)

 
 イランカラプテ、高橋はるみです。

 本日で、北海道新幹線の開業までちょうど50日となります。
 テレビや新聞などで報道されましたのでご存じの方もおられると思いますが、先週の土曜日に行われた北海道新幹線の試乗会に、私も参加してきました。

 乗車した新函館北斗駅から木古内駅までの間、最高時速の260kmがいつ出ていたのかわからないほど、なめらかな加速と減速で、新幹線が身体に優しい乗り物であることを実感しました。

 車中からは函館山も見ることができ、青函トンネルを抜けて北海道に上陸された皆さんは、きっとワクワクしながら、新幹線の旅を楽しんでいただけることでしょう。
 私たちも、おもてなしの準備をしっかり進めてまいりますので、開業を楽しみにしていただきたいと思います。

 さて今日(5日)から、さっぽろ雪まつりが始まっています。
 先日、雪像づくり真っ最中の自衛隊員の皆さんを激励させていただきましたが、今年も迫力満点の大雪像や美しい氷像の数々が、国内外の観光客の方々をお出迎えしています。新幹線をモチーフにした雪像を背景にプロジェクションマッピングも行われる予定で、多くの方々の目を楽しませてくれるものと思います。

 明日6日には、青函トンネルから姿を現した精巧な雪の新幹線のステージで開業PRイベントがあり、新幹線クイズ大会などが行われます。
 テレビで活躍されている本道出身のタカアンドトシのお二人が登場し、きっと楽しいステージになると思います。多くの皆さんにお越しいただき、開業への期待感を盛り上げていきたいと考えています。

 そして、翌7日は北方領土の日。会場では、返還に向けた署名活動と北方領土フェスティバルが行われます。
 今年は、1956年の日ソ共同宣言から60年目になります。この宣言により両国間の国交が再開したものの、北方四島全ての問題の解決にはなりませんでした。その後も交渉が続けられていますが、未だに北方領土問題は解決に至っていません。
 新幹線という明るい話題がある一方、北海道そして日本にとって重要な課題である北方領土問題。
 一日も早い解決への気運を高めて行くためにも、署名へのご協力をよろしくお願いします。
 

               11  


戻る