スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム151002


最終更新日:2015年10月02日(金)


知事コラム151002


 

知事コラム



(平成27年10月2日配信分「ニセコの皆さんとの懇談」)

 
 イランカラプテ、高橋はるみです。

 10月に入り、街の木々が淡く色づきはじめ、秋が少しずつ深まっていることを感じま
す。
 青空のもと、赤れんが庁舎前に広がるイチョウ並木が黄色に染まった姿を見るのが、今
から楽しみです。

 さて、先週の金曜日(9月25日)には、国際的な観光地として注目を集めているニセコ町
を訪問し、食や観光など様々な分野で活躍されている地域の皆さんと懇談をさせていただ
きました。

 当日は、町内の方々、そして道外・国外から移住された皆さんから、農畜産物の加工・
販売や地ビールづくり、観光の振興など、多岐にわたる取組を紹介していただきました。
 皆さんに共通しているのは、この地域を本当に大切に思っているということ。

 「もう私のふるさとは、ニセコかな」とおっしゃる移住された方もいて、この地域を愛
して、いろいろな活動に頑張っている皆さんの熱意が、地域の活気につながっていること
を実感しました。

 また、様々な職場でスタッフの確保が課題となる中、女性が働きやすい環境づくりに向
けた保育の充実など、時代の先を行く取組を進め、国内外との交流を活発にし、雇用や消
費を増やし、さらに地域全体を元気にしていこう、というニセコ町の姿は、人口減少が進
む北海道全体にとって、貴重なモデルとなるのではないか、と思いました。
 お話を伺わせていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 最後に。。。道庁では、来年3月26日に決まった北海道新幹線の開業や、その後の北海
道150年、そして東京オリンピック・パラリンピックに向けて、北海道の魅力を一層発信
していくため、新しいキャッチフレーズを大募集しています。

 ぜひ、多くの皆さんに、明るく前向きなフレーズを応募していただきたいので、よろし
くお願いします。

               11  


戻る