スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム150619


最終更新日:2015年6月19日(金)


知事コラム150619


 

知事コラム



(平成27年6月19日配信分「飲酒運転を根絶するために」)

 
 イランカラプテ、高橋はるみです。

 夏至が近いこの時期、屋外に出ると日差しの強さを感じますが、木陰に入れば、梅雨のない北国らしく風がさわやかで、北海道は過ごしやすく気持ちのよい季節を迎えています。

 こうした中、今週火曜日の16日、お昼休みの時間に赤れんが庁舎前庭で北海道警察音楽隊の皆さんによる「赤れんがコンサート」が行われ、私も出席してきました。

 このコンサートは、道民の皆さんに北海道警察の活動をもっと身近に感じていただこうということで、1985年から始まり、今回が記念すべき100回目。
 当日はお天気に恵まれ、平日にもかかわらず多くの皆さんがお越しになり、青空と木々の緑、そしてレンガの赤のコントラストの中で、ドラマ・マッサンの主題歌「麦の唄」など、音楽隊の奏でるハーモニーを楽しみました。

 また、記念コンサートということで、50回目まで音楽隊長を務められた小嶋重男さんが特別指揮者として出演され、久しぶりに音楽隊のタクトを振り、私も「夕焼けこやけ」を聞かせていただいて、心安らぐお昼のひとときとなりました。

 そして音楽隊とカラーガード隊の皆さんによる華やかなステージの後、飲酒運転の根絶をアピールする劇が行われました。ご覧になられていた多くの皆さんは、今月砂川市で起きた交通事故のことを考えられたものと思います。

 私はこれまでずっと交通事故撲滅、とりわけ飲酒運転は、絶対やってはいけないと、強くメッセージを発し続けてきただけに、この度の事故は本当に残念です。
 お酒を飲む本人はもちろんですが、周りの人たちもお互いに注意し合い、みんなで、このようなあってはならない事故が二度と起きないようにしなければなりません。
 皆さんのご理解とご協力を、心からお願い申し上げます。
 

               11  


戻る