スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム141107


最終更新日:2014年11月07日(金)


知事コラム141107


 

知事コラム



(平成26年11月7日配信分 「新幹線のレール締結式」)

 
                                                                      
 イランカラプテ、高橋はるみです。

 例年より早めに始まった紅葉も、道内ではそろそろ見ごろが終わりを迎え、街路を行き来する皆さんも、コートをしっかり着込んでいます。
 今年もあと2ヶ月ばかりとなり、カレンダーの残りの枚数が少なくなると、月日の早さが身につまされ、改めて一日一日を大切にしていかなければと思います。

 さて11月1日には、道南の新幹線木古内駅で行われた北海道新幹線レール締結式に出席しました。

 大変な苦労があった青函トンネルの完成、ようやくこぎ着けた新幹線着工など、長い年月にわたる多くの皆さんのご尽力があってこそ、北海道の新函館北斗駅から九州の鹿児島中央駅まで、約2,150キロのレールが実際につながった歴史的瞬間を迎えることができました。

 式典当日には、レールの上を走る新幹線車両が報道機関に初めて公開され、パープルカラーが特徴の雄姿を見ることができました。レール締結式に出席した時には、北海道新幹線の実現に一緒に頑張ってきた方々、応援して下さった多くの皆さんの顔が次々と思い出され、感謝の気持ちとともに、共に汗をかいてきた日々に感慨深いものがありました。
 そして、あと500日余りで、このレールを北海道新幹線が走ると思うと胸が高鳴るのを抑えられませんでした。

 来月からは走行試験が開始される予定で、これまで施設建設が中心だった開業準備も、実際の安全運行や施設運営などソフト面に移り、情報発信や交通ネットワークなど様々な分野で取組を加速していかなければなりません。

 道としても、新幹線の木古内駅や新函館北斗駅を北海道の新たな玄関口として、道内外の利用者の皆さんに新幹線の便利さや快適さを体験していただき、ビジネスや観光などの交流が全道に広がるよう、運行を担うJR北海道や関係市町村としっかりと連携し、「どこでもユキちゃん」と一緒に準備に取り組んで行きます。

 今月17日には、道内各地で「北海道新幹線開業まで(遅くても)500日前記念イベント」を開催します。皆さん、お楽しみに!

※ イベント内容の詳しくはこちらへ
   http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/skt/ 

 

               11  


戻る