スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム141024


最終更新日:2014年10月24日(金)


知事コラム141024


 

知事コラム


 

(平成26年10月24日配信分「女性の活躍を応援」)

 
 イランカラプテ、高橋はるみです。

 街中では道路や公園の木々の紅葉が見ごろを迎えていますが、道内各地からは初雪のニュースも届きはじめています。

 この時期は、暦の上で霜降(そうこう)。いかにも寒そうな言葉のイメージどおり、これからの北海道は日一日と冷え込みが厳しくなりますので、風邪など体調を崩されないようくれぐれもご注意下さい。

 さて、今週の火曜日には、道内の各分野を代表する皆様をはじめ、子育て支援に取り組む団体や企業の代表者など、第一線で活躍中の女性の方々にもお集まりいただき「北の輝く女性応援会議」を開催しました。

 「女性の活躍」という言葉は、どちらかと言えば「働き手」としての視点から取り上げられることが多いようにも感じています。

 私は、これまでも道内各地の様々な分野でご活躍されている女性の方々とお会いする中で常々考えていることがあり、女性には、企業などでバリバリと働く道もあれば、家庭で家族を支えることに充実を感じる道、また、バランス良く両立を目指す道もあって、本当に多くの選択肢があると思っています。

 今回の会議では、女性の活躍に向けた取組などについて、皆様からご意見を伺いながら、様々な議論をさせていただきましたが、本道の経済・社会を将来にわたって元気にしていくためには、女性の皆さんが、それぞれの舞台でもっと活躍していただき、そうした姿を発信することで、皆さんの意識が変わり、さらなる活躍を引き出していくことが重要と、改めて思いを強くしたところです。

 私からは、会議の中で「女性一人ひとりが、多様な生き方を選択し、それぞれが生きがいを感じながら活躍できる環境づくりが大切であり、今後、行政や民間をはじめ社会全体として、どうしたら理想の姿へと近づいていけるかを、皆さんと考えていきたい。」といったお話を申し上げました。

 男女平等参画社会に向けて、一歩ずつ前進できるよう、様々な場で、多くの方々と議論を深めていきたいと思っています。

               11  


戻る