スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム140718


最終更新日:2015年3月24日(火)


知事コラム140718


 

知事コラム



(平成26年7月18日配信分「高校生の皆さんの心遣いに感謝」)



 イランカラプテ、高橋はるみです。

 道内は本格的な観光シーズンに入り、見ごろを迎えたお花畑は多くの方々で賑わっています。道庁赤れんが庁舎の前庭には、雪印メグミルクグループ様のご協力でマリーゴールドなど色鮮やかな花々が咲き誇り、来庁された方々や観光客の皆さんの目を楽しませています。

 赤れんが庁舎をはじめ、各地の観光地で、道内外はもとより海外からのお客様をお見かけすると、心の中で「存分に楽しんで下さい」と思いながら、つい笑顔になります。
 お一人おひとりのこうした気持ちが「おもてなし」につながっていくのかな、と思います。

 さて、明日からは、年間40万人もの方々が来られる赤れんが庁舎のお隣で、イチョウ並木に囲まれた北3条広場がオープンしますが、ますます賑わう赤れんが庁舎に本日、新たな魅力が加わりました。
 道内の5つの高等養護学校や高等支援学校の生徒の皆さんが、前庭での休息用に、道産カラマツ材を使ったベンチを製作して、寄贈して下さいました。

 組み立て作業などには苦心をされたようですが、力を合わせて製作されたベンチは木目が美しくとても素敵です。生徒の皆さんには、私から「心のこもった素晴らしいベンチをありがとう。」と感謝を申し上げました。

 また、先週の11日(金)には、映画「銀の匙」のロケ地にもなった更別農業高校にお邪魔し、生徒の皆さんが商品開発に取り組んできた焼きドーナツや「すもも」を使ったヨーグルトを美味しくいただきました。

 本道の高校生の頑張りや優しい心遣いに触れた貴重な1週間となりました。皆さん、本当にありがとうございました。


 

               11  


戻る