スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム140328


最終更新日:2014年3月28日(金)


知事コラム140328


 

知事コラム

(平成26年3月28日配信分 「新年度に向けて」)

 
 イランカラテ、高橋はるみです。

 季節の分かれ目の春分を過ぎて、このところ、気温もぐんぐん上がり、柔らかい日差しの中に春の陽気を感じます。
 歩道に積もった雪の山も、目に見えて小さくなってきて、待ちに待った春が近づいてきましたね。

 春といえば、新たなスタートの季節でもあります。
 先日、札幌医科大学の卒業式に出席して、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、助産師としての第一歩を踏み出そうとする皆さんの門出をお祝いしてきました。

 会場には、晴れ着の女性もいらっしゃって、華やいだ雰囲気の中、人の生命に関わる仕事に就くという責任感から、引き締まった表情を見せる皆さんに、私からは、これから様々な地域で色々な経験を積んで、道民の皆さんから信頼される医療人として大きく成長し活躍していただきたいとの期待を申し上げました。

 さらに今回は、道内で一定期間医師として勤務していただく「特別推薦」枠の第1期生の皆さんが卒業されるということで、関係者の皆さんとともに地域医療の確保に取り組んでいる私としても、感慨深い卒業式となりました。

 来週からは新年度が始まります。北海道新幹線の開業がまた一歩近づき、本道への注目が高まる中、様々なチャンスをしっかりととらえ、「飛躍」への力にする道政を展開していきたいと思います。

 まずは4月1日の消費税率引上げに対処するため、中小企業の経営安定や公共事業の早期発注など、本道経済への影響を最小限にとどめるよう、取り組んでまいります。

 新年度から新たな生活のスタートを切る方も大勢いらっしゃると思いますが、引き続き道庁のメルマガもよろしくお願いします。
  

               11  


戻る