スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム130719


最終更新日:2013年7月22日(月)


知事コラム130719


 

知事コラム

(平成25年7月19日配信分 「東北地域との交流」)

 
 こんにちは、高橋はるみです。

 7月に入って夏らしい天気に恵まれ、知事公館の庭でも、涼をもとめて木陰でひと休みされる方々や、小さいお子さんを水路で遊ばせるご家族が増えてきました。

 子どもたちにとっては、まもなく待ちに待った夏休み。お友だちやご家族と一緒に、海や山で思い出に残る楽しい夏を過ごして欲しいと思います。でも事故にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 さて今日は、7月から就航したHACの丘珠-三沢便に乗って、青森県三沢市にお邪魔し、路線開設のお礼と今後の利用促進について種市市長さんと懇談いたしました。その後、岩手県盛岡市に移動して、東日本大震災の復興支援のために道から岩手県に派遣中の職員に被災者の方々の心に寄り添いながら、全力を尽くすよう激励してきました。
 そして地元の皆さんからは職員の頑張りに対して丁寧なお礼をいただきました。

 HACでは、今日乗った丘珠-三沢便に加え、8月からは丘珠-函館-三沢便をスタートさせる予定です。ちょうど、夏休みのシーズンですので、ぜひ多くの皆さんにご利用いただきたいと思います。

 また震災の復興支援として、これまで、道からは延べ約1,200名、道内の100市町村からは延べ約2,300名の職員が派遣され、そのほかにも、ボランティアなど様々な形で、道内から多くの皆さんが、東北各地で復興支援の活動を行ってきました。
 震災から2年と4ヶ月が経ち、被災地は未だ復興途上にありますが、こうした活動などを通じて、北海道と東北の結びつきはさらに強くなったと実感しています。

 逆境の中で強まった関係を、復興とともに互いの観光やビジネスなどの面でも活かせるよう、引き続き、両地域の交流促進を進めていきたいと考えています。

 明後日の7月21日は、第23回参議院議員通常選挙の投票日です。
 皆さんいろいろとお忙しいとは思いますが、選挙は、皆さんの意思を示す大切な機会。今回の北海道選挙管理委員会のキャッチフレーズである「投票に行くシ!」を合い言葉に、投票所に向かいましょう。
 

               11  


戻る