スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム130705


最終更新日:2013年7月05日(金)


知事コラム130705


 

知事コラム

(平成25年7月5日配信分 「日中韓賢人会議に向けて」)

 
 こんにちは、高橋はるみです。

 7月7日から2日間にわたり、北海道洞爺湖サミットと同じ舞台で「日中韓賢人会議」が開催されます。

 この会議は、日本・中国・韓国の、政治や経済、文化などいろいろな分野の方々が集まって、東アジア地域の協力や交流について意見を交わすもので、北海道での開催は初めてとなります。

 日本側のメンバーは、北海道洞爺湖サミットでホスト役をなさった福田元総理が団長となり、私も(団員の端くれとして)、昨年から会合に参加させていただいています。

 また、中国や韓国の皆さんはもとより、国内から参加された皆さんに、道産食材を使ったおいしい料理を堪能していただくなど、食や観光もどんどんPRしたいと考えています。

 5年前のサミットは環境を主要テーマに開かれ、各国首脳が記念に植えたマツ・「クリーンラーチ」の成長ぶりを会場で見るのも楽しみです。
 北海道立総合研究機構が開発したクリーンラーチは、成長が早く二酸化炭素の吸収能力の高いマツとして道内で人気が高まっています。また、農産物に関しても、今後の品種改良などに活かすため、過去1世紀のデータから、地球温暖化が本道農業に与える影響を予測するなど、北海道洞爺湖サミット開催地らしい取組を進めています。

 7月7日は七夕。天の川は、織姫と彦星が年に一度、出会う場ですが、両国と北海道の間では、多くの方々が行き来しています。
 北海道へ、もっともっとたくさんの方々に来ていただけるよう、これからも取り組んでいきたいと思います。
 

               11  


戻る