スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム130405


最終更新日:2013年4月05日(金)


知事コラム130405


知事コラム



(平成25年4月5日配信分「新年度を迎えて」)

 

 こんにちは。高橋はるみです。

 4月に入り、太陽の光が強さを増し、街の景色の色合いが鮮やかになってきて、春の気配を感じることができるようになりました。

 この時期は二歩春に近づけば一歩冬に逆戻りするもどかしさもありますが、桜前線も少しずつ、北へと近づいてきています。
 北海道が花いっぱいにつつまれる日が待ち遠しいですね。

 そして春は新しいことがスタートする季節。皆さんの中にも進学や就職など新しい環境で新年度を迎えられた方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 道庁でもこの4月から375人の皆さんが私たちの仲間となり、道内の様々な職場で道職員としての一歩を踏み出しました。

 北海道では少子高齢化や人口減少が急速に進んでおり、地域の元気を保ち続けていくためには、若い皆さんのフレッシュな感性と行動力を活かしていくことがますます重要になってきています。

 新たに社会に出られた皆さんには、さまざまな地域・分野で、多くの方々と出会い、語り合うことでさらに成長して、北海道が未来に前進するためのエンジン役となって欲しいと思います。

 私自身も、これまで道内各地にお邪魔して、笑顔あふれる子どもたちから高齢者の方々まで幅広い世代の皆さんとお会いしてきました。
 皆さんとの出会いは私の知恵とパワーの源です。これからも地域の皆さんのところへ伺えることを楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします。

 最後に、明日4月6日から15日までの10日間は春の全国交通安全運動に取り組んでいます。1件でも交通事故が減り、1人でも交通事故で亡くなる方が少なくなるよう、ひとりひとりが交通安全を心がけるとともに、周りの皆さんへの声かけをお願いします。

 

               11  


戻る