スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム121207


最終更新日:2012年12月28日(金)


知事コラム121207


 

知事コラム



(平成24年12月7日配信分)

 
    こんにちは、高橋はるみです。

    先週、暴風雪とその影響で発生した大規模な停電が胆振・日高管内に大きな被害をもたらせたのに引き続き、6日から道内の広い範囲で、大荒れの天気が続いています。強風による怪我や住宅損壊などの被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
  道として、住民の皆様の安全を確保するため、直ちに「災害対策連絡本部」を設置し、現在、関係機関とともに復旧に向け全力で対応にあたっているところです。
 
    この暴風雪で発生した大規模な停電により、不自由な思いをされた方々もたくさんいらっしゃるかと思います。
  寒い北海道では、ご家庭や事業所などでの暖房、道路のロードヒーティングなど、冬の暮らしの安全には電気の使用が欠かせず、停電が発生した場合には、生命や身体の安全にも重大な影響を及ぼしかねません。

  こうした中、来週10日から来年3月8日まで、土日や年末年始などを除いて、一昨年と比べて7%以上の節電が国から要請されており、節電期間がスタートします。
  皆様に再度、ご不便をおかけしなければならないことは、私としても、とても心苦しく思いますが、どうか、本道の極めて厳しい状況をご理解いただき、体調を崩さないようご留意いただきながら、できる限りの節電にご協力をお願い申し上げます。
 
  道では、皆様が日々の暮らしの中で積極的に節電に取り組んでいただけるよう、12月から来年2月までの3ヵ月間、一定以上の節電を行っていただいたご家庭に景品をプレゼントする「省エネアクションチャレンジ」を実施します。

  昨年より5%以上の節電をされた応募者全員に図書カードを、さらに7%以上の節電をされた方々に企業や団体などから協賛いただいた「節電特別賞」を抽選でプレゼントいたします。

  冷蔵庫の開閉は3秒ルール、テレビの電源を小まめにOFF、不在の部屋の照明を消すなど、是非、ご家族で電気の使い方を見直していただきながら、どしどしご応募をいただきますよう、よろしくお願いします。

    応募方法のほか、環境忍者「えこ之助」が節電方法を具体的にご紹介するサイトを開設しておりますので、是非、ホームページをご覧ください。

ほっかいどう・省エネ3S(スリーエス)キャンペーンのサイト
 http://www.eco3s.jp/campaign.html

               11  


戻る